※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パンドラ(Pandora's Battery *1 )の作成


作成手順の詳細解説動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm903927

パンドラバッテリとマジックメモステを作るために用意するもの

  • FW1.50かCFW導入済みのPSP-1000(旧型)
  • パンドラ化するPSP-1000(旧型)用バッテリー
  • 4G以下(256M以上推奨)のメモリースティック Pro Duo
 ※メモリースティック「Duo」ではなく「Pro Duo」じゃないとダメらしい
  microSD to Duoアダプタでも成功しているらしい(相性とかあるかも)
  • コマンドプロンプトの知識と少しの勇気
  • コマンドプロンプトの処理+αをGUI化したツール(VB6ランタイム必須(OCX不要))
  • パンドラを作成するためのツール(mspformat.exe、msinst.exeなどが入っているファイル)

マジックメモステ(Magic MemoryStick *1 )の作成


1. 必要なファイルを用意する

2. メモステをPSPでフォーマット(USB接続後、Windows上でもフォーマットする)

3. PSPをPCと接続してUSB接続(カードリーダだと相性が悪くてできない場合があるらしい)

4. コマンドプロンプトから解凍したPandoraフォルダ内のmspformat.exeを起動

mspformat [PSPのMSがあるドライブ名](コロンは要らない)
例:MSドライブがGドライブなら
mspformat G

5. フォーマットしてもいいか確認されるので Yキー → Enterキー の順でキーを押す

6. USB接続を切り、メモステも一旦抜いて再度差し込む(これをやらないとPSPがメモステを認識出来ないらしい。以降出てくる処理も同様の理由)

7. 再度USB接続し、PSP/GAME(とGAME150)フォルダを手で作る

8. batteryフォルダとinstallerフォルダの中にあるフォルダ(計4フォルダ)をGAME(GAME150)フォルダにコピー

9. 正規1.50FWをUPDATE.PBPとリネームしてメモステのルートにコピー

10.USB接続を切り、メモステも一旦抜いて再度差し込む

11.PSPでinstallerを実行、メモステのルートにmsipl.binが作られる

12.PCと接続してUSB接続、コマンドプロンプトからmsinst.exeを起動

msinst.exe [MSのドライブ名] [MSのドライブ名:\msipl.bin]
例:MSドライブがGドライブ、msipl.binがMSのルートにある場合
msinst G G:\msipl.bin

これでマジックメモステが完成

パンドラバッテリ(JigKick Battery *1 )の作成


1. PSPにさっき作成したマジックメモステをセットして電源を入れる

2. XMBからゲーム→メモリースティック→Pandora's Battery Creatorを起動する

3. 英語で下記のように表示されるので、念のため△ボタンを押してバッテリEEPROMを保存しておく

×ボタン バッテリEEPROMをサービスモードへ書き換える(0xFFFFFFFFに書き換え)
□ボタン バッテリEEPROMをノーマルモードへ書き換える(0x12345678に書き換え)
○ボタン バッテリEEPROMをノーマルモードへ書き換える(自動で電源がオンになる?訳し方が分からない)
△ボタン バッテリEEPROMをms0:/eeprom.binへ保存
L+Rボタン バッテリEEPROMをms0:/eeprom.binから復元(復元時、0x14でエラーが出るが正常に復元される)
HOMEボタン 何もしないで終了

4. パンドラバッテリを作成するため、×ボタンを押す

これでパンドラバッテリが完成

※このページで作成したパンドラセットを利用してダウングレードする場合は下記ページ参照
パンドラでダウングレード


*1 Pandora's Battery とは Magic MemoryStick と JigKick Battery のセットの事を指す。