第3章 『心無き者たち』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  第3章 『心無き者たち』 「存在しない者・・ノーバディ・・!」




リク  「ソラ・・・ソラ・・ソラ・・!」
ソラ  「リク・・!!」
カイリ 「ソラ・・・ソラ・・・・!!!」
ソラ  「カイリ・・・!!」
リク&カイリ 「ソラ・・ソラ・・!!」

ソラ  「リク~!!!カイリ~!!!」
ビズ  「わぁああああ!!なんだぁぁ!!??」
ソラ  「はぁ・・はぁ・・夢か・・。」
ビズ  「どうかしたのか・・?ソラ・・。」
ソラ  「いや・・なんでもないよ・・。」
シーンズ「なんでもないで済まされるか・・・!!」
ソラ  「わぁ・・・ご、ごめん・・!」
シーンズ「俺の眠りを妨げる奴は・・許さない!!」
エイス 「ストーップ!!」
シーンズ「なんだ・・!エイス!」
エイス 「新入り君いじめちゃダメ~!っていうか、まだ寝るつもり~?朝だよ朝!」
ソラ  「わ、分かった・・!」

 ~秘密基地 広間~
エイス 「さぁ~、今日も会議♪」
ソラ  「・・会議?」
ビズ  「ああ、リジェクトシティーには色々な仕事があるんだ。」
エイス 「それをいっぱい引き受けて、生活してるってわけ♪」
ソラ  「へぇ~・・。」
エイス 「で、会議は、今日はどの仕事につくか。って事♪」
ソラ  「あ、何か・・いっぱい情報がある所って・・ないかな?」
エイス 「情報・・?」
ソラ  「俺の友達・・リクとカイリの事で・・。」
ビズ  「ああ、今日も朝から叫んでたな・・。」
シーンズ「いい迷惑だけどな・・」
エイス 「情報だったら・・・あいつしか・・。」
ソラ  「あいつ・・!?誰・・!?」
ビズ  「でも・・なぁ・・。」
エイス 「聖龍組の奴だよ。名前はケーリス。」
ソラ  「ケーリス・・。聖龍組・・。」
ビズ  「ま、話を聞きに行くだけだったら別に聖龍組に行っても構わないぜ.。ただ・・」
ソラ  「ただ・・?」
シーンズ「団員証だけは絶対見せるな。敵の本拠地でそんなの見せたら、あの世逝きだな・・。」
ソラ  「・・・・・・!!」
ビズ  「ま、頑張ってその友達の事聞いて来い。」
ソラ  「ああ!じゃあ行って来る!(走り出す)」
エイス 「あっ・・ソラ!!・・・行っちゃったか・・」

 ~聖龍組の秘密基地~
ソラ  「ここ・・かぁ・・・」
 向こうから話声が聞こえる・・。
ソラ  「ヤバッ・・!早く進もう・・!」
アイクル「でさぁ~・・ジェム兄がさぁ~・・(笑)」
エイチル「ひゃはは♪それマジ~!?」

 ~秘密基地 広間~
ソラ  「こっそ~り・・・こっそ~り・・」
ジェム 「フ・・今日も・・裏業者からの仕事だな・・」
ケーリス「この仕事は儲かるなぁ~・・へっ・・」
エルリル「じゃ、俺は新入りの仕込み行って来る・・」
ジェム 「おう・・。頼んだぞ・・。」
ソラ  「(影から)新入り・・?あっ・・ケーリスが・・。」
ケーリス「じゃ、私も先に部屋に失礼するよ・・情報集めにな・・へっ・・。」
ジェム 「ああ。よろしく頼むな・・。」
ソラ  「ついていかないと・・!」
 ソラはケーリスの後を追った。

 ~ケーリスの部屋~
ソラ  「ここがケーリスの部屋か・・。本がいっぱいだなぁ~・・。」
ケーリス「そうだろう・・?ここまで集めるのに苦労したんだ・・へっ・・」
ソラ  「はっ・・!こ、こんちわ・・!」
ケーリス「ずっと最初から気付いていたよ・・へっ・・」
ソラ  「き、聞きたい事があるんですけど・・」
ケーリス「情報かい?いいさ、なんでも聞きな・・。」
ソラ  「リクと・・カイリって子・・知りませんか?俺の友達なんです。」
ケーリス「・・・なるほど・・。お前の名前は・・ソラ・・だな?」
ソラ  「えっ・・どうして・・?」
ケーリス「なにしろ、情報ばかり集めてるもんでね・・へっ・・」
ソラ  「リクとカイリ・・知っているんですか・・?」
ケーリス「私に知らない事なんてないよ・・へっ・・」
ソラ  「なら・・知ってるんですね!!」
ケーリス「ああ・・。だが、お前には報酬を払う金があるかい・・?朱雀組のソラ・・」
ソラ  「なっ・・!(あの世逝き・・!)ヤ、ヤバッ・・!」
ケーリス「大丈夫大丈夫~・・今は襲わない・・。鳥かごに入ったちっぽけな虫をつぶしてしまうのは可哀想だろう・・?」
ソラ  「・・・ほっ・・」
ケーリス「で、報酬は・・あるのか・・?へっ・・」
ソラ  「ない・・です・・。」
ケーリス「なら話は別だ・・。帰れ・・!一度目は見逃してやろう・・だが、二度と来るな・・!」
ソラ  「・・・くそっ・・(リク・・カイリ・・!)」
ケーリス「ここに抜け道がある・・。すぐ外に出られるだろう・・。」
ソラ  「ああ・・。(歯を噛み締める)」

 ~リジェクトシティー 外~
ソラ  「はぁ・・・。結局・・何も分からなかった・・。」
謎の生物「(現れる)シャアアアアア・・!」
ソラ  「なっ・・お前は・・!夢に出てきた・・!(そこらのハンマーを持つ)」
謎の生物「シュアアアアア!!(襲い掛かる)」
ソラ  「くっ・・!(ハンマーで殴る)」
 しかし、ソラの攻撃は当たらない。
ソラ  「くそっ・・どうしたら・・。 あっ・・鍵・・!」
謎の生物「シャアアアアア!!」
ソラ  「キーブレードよ・・・!出てきてくれ・・!!」
効果音 「シャキーン!!」
 キーブレードが現れた。
キーブレード「(声だけ)選ばれし者よ・・その力を発揮させろ・・!」
ソラ  「・・え?」
謎の生物「シュアアアアア!!(襲い掛かる)」
ソラ  「おらっ・・!」
謎の生物「ジャアア・・!!(HP5/20)」
ソラ  「くらえっ!」
謎の生物「ジャアアァァァァ・・(消滅する)」
ソラ  「やっ・・た・・・倒した・・!倒したんだ・・!!」
 キーブレードは消えてしまう。
ソラ  「あ・・。そうだ、基地に戻らなきゃ。」

 ~朱雀組の秘密基地~

ビズ  「―――そうか。ダメだったか。」
ソラ  「うん・・。あ、そうだ・・!」
エイス 「何・・?」
ソラ  「町歩いてたら、真っ黒くて、小さかったり、大きかったり・・!」
ビズ  「・・・は?」
ソラ  「だから、でっかくて、ちっちゃくて、真っ黒の!」
エイス 「もしかして・・ハートレスの事・・?」
シーズン「真っ黒くて、小さかったり、大きかったり・・確かにハートレスだな・・。」
ソラ  「ハートレスって・・いうんだ・・あれ。」
ビズ  「おいおい、ハートレスも知らないのか~?」
エイス 「仕方が無いよ。新入り君なんだから・・。」
ソラ  「・・・・。」
エイス 「ハートレスの事、簡単に説明してあげる♪」



   心弱き者       心強き者
     ↓          ↓
 心が闇に支配される  心が闇に支配される
     ↓          ↓         エイス 「左の図みたいに、心が弱い人、その人の心がもし、闇に染まってしまったら・・」
   ハートレス      ノーバディ       ビズ  「ソラが会った、ハートレスになってしまうんだ。」
                          エイス 「その名のとおり、心が無い者。それがハートレス。」
                          シーズン「それに比べて、心の強い奴が闇に染まってしまうと・・そう。ノーバディになる。」
                          エイス 「ノーバディ。体が無い。つまり、存在しない者なの。」
                          ソラ  「存在しない者って・・・!!(夢に出てきた・・あいつも言ってた・・!)」
                          ビズ  「何か・・知っているのか?」
                          ソラ  「あ、いや・・なんでもないよ。」
                          エイス 「でも、そのハートレス、ノーバディにはそれぞれリーダーがいてね・・?」
                          ビズ  「たしか・・ハートレスは・・魔女だったよな・・?」
                          シーズン「・・マレフィセント・・。」
                          ビズ  「そうそう!マレフィセントっていう魔女なんだ。」
                          エイス 「ノーバディは・・こっちの方が手強いかもね・・。」
                          ビズ  「バディレス四天王・・。こっちは、ノーバディを支配している。」

ソラ  「へぇ~・・世界は・・広いんだね・・。」
ビズ  「ああ、世界は広い。数えれば、目が回ってしまうほどな・・。」
ソラ  「存在しない者・・ノーバディ・・!」
エイス 「ま、ここはハートレスが頻繁に出てくるから、気をつけて。って事。」
ソラ  「分かった・・!」
エイチル「パパパパッパッパ~♪」
シーズン「なんだ・・?」
アイクル「聖龍組にまた、新しい人材が入った~♪それを祝しての式さ~♪」
エイス 「そんないちいち大々的にやらなくても・・」
エイチル「ひまな奴は見に来いよ~♪(去る)」
ビズ  「行こうぜ!どんな奴か・・!」
ソラ  「おう!そうだな~♪」
 二人は走っていく
エイス 「待ってよ~・・二人とも~!(追いかける)」
シーズン「仕方が無いな・・。(ついていく)」

 ~リジェクトシティー 広場~
ディルス「お、来たか~?」
ビズ  「おう、ディルス。お前も見に来たのか?」
ディルス「あったりまえじゃん!お、新入り君かい~?」
ソラ  「あ、俺はソラ。・・ディルスさん?」
ディルス「ディルスでいいよ。よろしくな、ソラ!」
ソラ  「ああ!」
エイチル「パンパカパ~ン♪聖龍組、新入り君の~おなぁ~りぃ~♪」
エイス 「始まるわ。」
ジェム 「(新入りのとなりで立っている)緊張はしなくていいんだぞ?さっき言ったとおりにな・・。」
リク  「(イスに座っている)ああ。そんな事は分かってる・・。」
ジェム 「気が強い新入りだ・・。」
リク  「それが取り得なんでな・・。」

シーズン「あれが・・新入りか・・。」
ソラ  「・・・・・・・・」
ビズ  「ん?どうした?ソラ。」
ソラ  「リ・・・・ク・・・」
エイス 「え?」
ソラ  「リク・・見つけた・・!」
ビズ  「リクだって・・?まさか、あの新入りが・・!?」
ソラ  「ああ!リク・・見つけたぞ!!」

ジェム 「契約は・・分かっているな・・。」
リク  「ああ・・。裏業者との色々な仕事を引き受けるかわりに・・だな。」
ジェム 「よ~く分かっているじゃないか・・・フハハハハ・・。」
 リクは何を・・・?


   第3章 『心無き者たち』 完