登場デュエリスト万丈目準(まんじょうめ じゅん) 声:松野太紀

一体何の用だ?まさか、この俺様にデュエルを挑むつもりじゃないだろうな?
フン、やめておけ
キサマの腕じゃ、後悔することになるからな
  • 特徴
初期はXYZシリーズを中心としたデッキ、かと思いきや後半は終焉のカウントダウンとおジャマを使うロックデッキに。
さらにイベントではアームドドラゴン主軸の高攻撃力デッキ、幻獣デッキも使用したりとかなり多彩なデッキを操る。
お陰でデッキ数が遊城十代と並び最も多い。

パートナーにしたときにはXYZシリーズを主軸にしたおじゃま入りのデッキVWXYZ・ゲットを使用する。
タッグを組む際は、金曜日のパック輝きがくれたものに入っているシャインエンジェルを主軸にXYZシリーズを入れると良いだろう。
万丈目の相棒サンダーとしてXYZの融合モンスターを回せれば、ロックだろうがビートダウンだろうが自由に除去ができるのが魅力。
シャイン・スパークとXYZが絡めば好展開だが、おジャマが絡むと500ぽっちの攻撃力のために攻撃表示にするので、場が荒れやすい。
基本的には場に出させず、XYZシリーズなどの手札コストに使うよう誘導できれば、被害は抑えられるだろう。
流石のCPUもおジャマは気兼ねなく捨てられるようで、墓地に落ちれば神聖なる魂の召喚コストにもなり、さらにいざという時には壁にもなる。
もちろん、入れすぎては事故の元。元々のデッキにおジャマジックを1枚加える程度にしておこう。
万丈目サンダーだからというわけでもなくサンダー・ドラゴンも手札コストとして優秀。
しかし、万丈目は低ステータスのサンダー・ドラゴンを生贄召喚しようとするので注意。もちろん、こちらが使う分には問題ない。
また、XYZシリーズは融合素材を除外して特殊召喚される。
マスタークラス 魔法次元融合彼のパートナーパック異次元からの帰還を投入することで素材を再度使いまわすことが出来る。
XYZ-ドラゴン・キャノンはほとんどお目にかかれない。フィールド上に2体、手札に残りの1体がある状況だと、先に2体を融合させ、残りの1体を召喚するからだ。
召喚したい場合は、上記の方法のようにして3体同時に呼び出すのがいいだろう。

CPUは前線基地の効果を使用しないため、他のカードとチェンジした方がいい。
デッキ編集が可能になれば、VWおジャマ・デルタハリケーン!!融合前線基地などの事故要素を切り捨てるべきだろう。
CPUの思考上、数字の高いX-ヘッド・キャノンから場に出やすく、融合を計算してカードを場に出すほどの知恵は無い。融合はプレイヤーが行うつもりで。
神聖なる魂魔鏡導士リフレクト・バウンダーなどを入れて光属性に偏ったままビートダウンに変更するのもよい。
事故率が下がるほか、シャインスパークの使い勝手が非常に良くなる。
機械族・光属性ならばとサイバー・ドラゴンシリーズも望みたくなるが、未来融合-フューチャー・フュージョンはアルゴリズムに合わないらしく、有効活用してくれない。
入れるとしても、融合は考えない方が安全である。

また、お気に入りがおジャマ系のみなので、VWXYZの要素を全て抜いて全く別のデッキにしてしまうのも一つの手。

手頃なところではアームド・ドラゴンをメインにするとCPUでも扱いやすく、プレイヤーも格段にサポートし易くなる。
LV7までのアームド・ドラゴンの破壊効果はコストの攻撃力に左右されるため、おジャマは使えないのが残念。
LV10なら攻撃力関係無しに発動出来るが、そもそもレベルアップ!に対応していないLV10の召喚が面倒で現実的ではない。
サンダー・ブレイクマジック・ジャマーなど、手札コストを要求する強力なカードを多めに入れてやると良い。
その他にはおジャマジックの効果を最大限に利用して、スナイプストーカーでデッキを組んでもいい。
07年9月制限では制限カードになってしまっているが、ゲームデフォルトの07年3月制限なら無制限なので構築は可能。
ただし、封入されているパックがデステニーナンバー21のクリアを条件の1つとするワン・ショット・ワンなので、
カードが揃っていない場合、このデッキを組めるかどうかは具なしパンやカード変換機にかかっている。
調子の乗って大嵐ハリケーンなどもコストにする場合もあるがそれはご愛嬌。笑って許してやろう
おジャマ三兄弟のステータスが低く戦闘破壊されやすい点を逆手に取り、暗黒のマンティコアを採用するという変わり手も。
暗黒のマンティコアが採用されるビーストとは違う構築を要求されるが、おジャマジックの存在からそのしぶとさは折り紙つきである。

このように、おジャマのスロットさえ空けておけば様々なデッキを組むことが可能なため、
プレイヤー次第で様々な構築が可能なデッキの自由度は高いキャラクターである。
おジャマに振り回されずに済むようなデッキを組むのが醍醐味といえるだろう。

余談だが、彼の恋の黒い稲妻怒る黒い稲妻はカード1枚はおろかディスティニーカードの指定まで全く変わりが無い。
同じデッキ構成になるがイベントに合わせたデッキ名を…といった配慮である可能性が高いが、隠喩である可能性も否定できない。

好感度アップの場所はレッド寮、食堂、イエロー寮、ブルー男子寮、ブルー女子寮、火山、浜辺。

  • お気に入りカード
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
VWXYZ・ゲット パートナーデッキ編集可能前
おジャマ・ゲット パートナーデッキ編集可能後
ブラック・サンダー(禁) 禁止カード使用時
恋の黒い稲妻 天上院明日香(B)、ハート×6イベント
ホワイト・サンダー(W) エド・フェニックス、ハート×5イベント
ホワイト・サンダー改(W) エド・フェニックス、ハート×7イベント
愛の黒い稲妻 早乙女レイ(R)、ハート×7イベント
怒る黒い稲妻 ヨハン・アンデルセン、ハート×7イベント
夢の黒い稲妻 デュエリスト2・3、ハート×2イベント
涙の黒い稲妻 デュエリスト2・3、ハート×3イベント

  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエルだと…? いいだろう…後悔するなよ!
勝利 これで自分の立場がわかっただろう! このやられ役が!
敗北 くっ…ばかな!
雑魚の風情に負けるとは…っ!
引き分け 引き分けか…
フン! 雑魚なりの悪あがきか!
パートナー時:勝利 フン、当然だ!プレイヤー! 勝ったくらいで調子に乗るな
パートナー時:敗北 くっ…負けだとぉ!?プレイヤー! もう、次は油断するんじゃない!!いいな!?
パートナー時:引き分け くっ…なんて中途半端な結果だ…!? もう、次は油断するんじゃない!いいな!?