※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト:ジム・クロコダイル・クック 声:岩橋直哉

ハローマイフレンド!
フッ、彼女が気になるかい?
カレンは俺の家族だ
仲よくしてやってほしい
  • 特徴
デッキの構成は融合で岩石族化石モンスターを狙う岩石族デッキではあるが、肝心の下級岩石族の質はあまり良いとはいえない。
特徴を生かすデッキにするならば、ガーディアン・スタチュー干ばつの結界像ダミー・ゴーレム辺りを抜き、
番兵ゴーレム伝説の柔術家守護者スフィンクス地帝グランマーグといった優秀な岩石族を投入することにより、
化石融合-フォッシル・フュージョンを引けなくても十分戦えるようになる。
また、タイム・ストリームはCPUが考え無しにガンガン使ってしまうため、複数投入はお勧めしない。
効果自体は強力なため、ピン投入辺りが適切だろうか。
アイドルカードのカレン(クロコダイラス)は抜くか抜かないかはお好みで。
また、何故か劣勢時でも壁モンスターを攻撃表示にして相手の弱小モンスターを攻撃する。結果、返しのターンで攻撃されて大ダメージを受ける。防御用のカードを増やしてあげよう。

サイクルリバースモンスターが多いため、タッグ戦では意外と苦戦する。詳しくは坂倉真のページ参照。

パートナーにする際は2枚積みされている暗黒の扉と3枚積みのお気に入りカード風化戦士が危険なカードである。
暗黒の扉を発動している場合、1体しか攻撃できないにも関わらず低攻撃力のモンスターを攻撃表示で召喚、
上記にも書いてある通り、壁モンスターを攻撃表示にし、一番攻撃力が高いモンスターで攻撃せず、攻撃力が低いモンスターで攻撃する。。
風化戦士は先攻1ターン目で攻撃できないにも関わらす攻撃表示で召喚し攻撃力1400の雑魚モンスターで相手のターンとなり容易に戦闘破壊される。
など、かなり雑なプレイングが目立つ。

上記に「タッグ戦では意外と苦戦する。」とあるが、デッキ編集ができないうちは足を引っ張る要素の方が目立つため、こちらが苦戦を強いられるだろう。
デッキ編集ができるようになったら、暗黒の扉を抜いて、平和の使者光の護封壁に変えてやると良い。
自身の壁モンスターを攻撃表示に変えられても被害が最小限ですむ。

禁止デッキでは、高等儀式術はにわなどの低レベル通常モンスターを、苦渋の選択でその他岩石族を大量に墓地に送り、
メガロック・ドラゴン化石融合-フォッシル・フュージョンのコストにする戦術をとる。
儀式モンスターは終焉の王-デミス。非常に強いのだが、CPU故うまく扱えない。突然変異サイバー・ツイン・ドラゴン
になることもあるが、こちらの方が厄介である。

好感度アップの場所は浜辺、火山。

  • お気に入りカード
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
古生代の化石竜 パートナーデッキ編集可能前
中生代の化石竜 パートナーデッキ編集可能後
新生代の化石竜(禁) 禁止カード使用時
化石ハンター ティラノ剣山、ハート×8イベント
ジム・クロコダイル・クックオースチン・オブライエン、ランダムバトル
電磁ハンター ヨハン・アンデルセン、ハート×6イベント
  • フィールド上会話
デュエル申し込み オーケー、おもしろそうだ 早速はじめよう
勝利 ビューティフォー!俺の勝ちだ! ユーも、素晴らしいガッツだったよ
敗北 ノー!俺の負けだ! でも、次は負ける訳にはいかない!
引き分け ワッツ!? 決着は、次回つけよう