※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一撃必殺!居合いドロー

通常魔法
手札を1枚捨てる。フィールド上のカードの枚数だけ自分のデッキの上からカードを墓地に送り、
カードを1枚ドローしてお互い確認する。そのカードが「一撃必殺!居合いドロー」だった場合、
そのカードを墓地に送り、フィールド上のカードを全て破壊する。破壊して墓地に送ったカード1枚につき、
相手に1000ポイントダメージを与える。このカードの発動と効果は無効化されない。
混沌帝龍 -終焉の使者-紛いの破壊効果は出たらラッキー位の認識でよい。
凶悪極まりない効果ではあるが、この効果で1ターンキルを狙おうとすれば、フィールド上に8枚以上のカードが必要であり
更にデッキの上から9番目以降の狙った位置にこのカードがあることが絶対条件であり、かなり狙いにくい。
そのような深い位置までデッキ操作を行うには「デッキの一番下に戻す」効果を持つゴブリンのやりくり上手リサイクルを利用する必要がある。
戻した後にシャッフルしてしまっては元も子もないのでサーチ等のデッキシャッフルを行うカードを投入する場合は使用タイミングに気をつけよう。

このカードの真の効果は不確定な枚数ながら墓地を肥やす効果だと思って差し支えない。
デッキにモンスターを多く採用しておけば、カオス・ネクロマンサーの攻撃力増強につながり、魔法カードを多く採用しておけば、マジカル・エクスプロージョンのダメージ増強に貢献する。
カードガンナーパワー・ウォール等のような付随効果は無いが、ホルスの黒炎竜 LV8マジック・ジャマー等で阻害されることが無いという他にはないメリットを備える。
いずれにしても、普通のデッキに考え無しに入れて活躍できるカードではないが、墓地肥やしを意識したコンボデッキの脇役にはうってつけである。

  • カードジャンル
魔法・罠を破壊
モンスターを破壊
ドロー補助
LPにダメージ
ゲームオリジナル