※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト加藤亮(かとう りょう)

遊城十代って奴知ってるか?
色々目立つから、いやでも噂は耳に入るはずさ
試験の時の逆転勝ちは鮮やかだったな…
オレもあんなデュエルしてみたいもんだ
  • 特徴
ロックしてサイクルリバースモンスターであるステルスバード番兵ゴーレムメデューサ・ワームなどの効果で相手をじわじわと追い詰めていくデッキ。
ちまちま削ってくる感じで非常に腹正しいデッキである。
戦闘を抑制するロックパーツを展開されてしまうと途端に攻め難くなり、魔法罠の除去カードが少ないと苦戦は必至。
特に光の護封壁レベル制限B地区グラヴィティ・バインド-超重力の網-をすり抜けられるモンスターの攻撃をもシャットアウトするため、
ローレベルのビートダウンやホルスの黒炎竜 LV6のような魔法カードの効果を受けないモンスターがいるからといって過信は出来ない。
さらにロックパーツ破壊対策として大量のカウンター罠が入ってる。そのため、大嵐サイクロンが意外と効かない。特にアヌビスの裁きが厄介。
手っ取り早い対策としては王宮のお触れ人造人間-サイコ・ショッカーを投入すること。
これでカウンター罠を封殺できる。その後、レベル制限B地区などはサイクロンとかで破壊してしまえばいい。
ただ、王宮のお触れ盗賊の七つ道具で無効にされるのでやはり人造人間-サイコ・ショッカーが確実であろう。
対戦時のおススメデッキは【デミス】などのフィールドリセットタイプ、【お触れホルス】や【サイレント・ソードマン】などの魔法・罠封殺タイプ、さらに【帝コントロール】なども有効。

サイクルリバースモンスターが多いため、タッグ戦では意外と苦しめられる。詳しくは坂倉真のページ参照。
なお、デッキ名のクリオは番兵ゴーレムなどのバウンスに連動して効果を発動するクリオスフィンクスの事だと思われる。

余談だが、タッグフォースの一般生徒の名前の多くは製作スタッフの名前からつけられており、
「加藤亮」はスペシャルサンクスとしてクレジットに名を連ねている人物からとられたものだと思われる
  • デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
クリオの野望1 パートナーデッキ編集可能前
クリオの野望2 パートナーデッキ編集可能後
クリオの野望3(禁) 禁止カード使用時
  • ドローパン
大好き:にんじん、キムチ、高級サラダ、みかん、コロッケ、フォアグラ
 好き:トリュフ、パイン、キャビア、シャケ、購買のまかない
 嫌い:めざし、ソーセージ、とうがらし、ドリアン
大嫌い:やきそば、チキン、ギョーザ、明太子、納豆

  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル? もちろんいいぜ! ちょうど相手を探してた所だ
うおっし! デュエル!
勝利 うおっし! オレの勝ちだな! またデュエルしようぜ!
敗北 くそ~ 負けたぜ おまえ強いな
またデュエルしようぜ!
引き分け おっと、引き分けか またデュエルしようぜ!