※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト黒川唯一(くろかわ ゆいいつ)

そういえばさ…
遊城十代、知ってるだろ?
アイツ、「デュエルの匂い」とかが分かるらしいんだ
「デュエルの匂い」ってなんなんだろうな…
デュエリストの存在を感じ取れるということなのか…
でも、俺の存在はアイツにも分からないだろうなぁ…
  • 特徴
影が薄いことを真剣に気にしているらしいブルー生徒。
前作では人数の関係上、特殊キャラを除き唯一タッグパートナーがいなかった。
今作でタッグパートナーがランダム・週替わりになっているから大丈夫と思いきや、やはり今作でも人数が足りなくなると省かれるのは彼の様だ。(一度省かれると週が変わっても現れない)
全キャラ出現させてしまうと普通のパートナーと組んでも出現しなくなってしまう。
出現させるには
以上3点が挙げられる。

デュエルでは闇属性デッキを使用。
主力となるのはジャイアント・オークや半上級モンスターであるミストデーモンといった、攻撃力の数値に特化したモンスター。
さらにこれらをダークゾーンで強化すると同時に、ウイルスカードの発動条件を満たし、相手の場を荒らしてゆく。
そして、ウイルスのコストや主力モンスターの場持ちの悪さによって墓地にたまったこれらのモンスターを悪夢再びで再利用、といった戦法をとる。
とにかく主力モンスターの一撃あたりの打点はかなりのものなのだが、ターン終了時に自壊したり、攻撃後守備力0をさらけ出すようなモンスターが中心となるのでモンスターの生存率が非常に低い。
悪夢再びで回収できると言っても、モンスターの召喚は1ターンに1体なので結局は戦線を維持するには至らずジリ貧となる。
パートナーとする場合は相手ターンの反撃をいかにしてしのぐかが課題となってくるだろう。

対策としては、
といった案が挙げられる。

いずれにしてもお気に入りカードがデッキ全てというデュエリスト3の宿命上、改良の自由度が著しく制限されるのが悩みの種である。


ちなみにドローパンはこれと言った好物はないらしく、どれを与えても微妙な反応しか返ってこない。

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
誰もいない闇1 パートナーデッキ編集可能前
誰もいない闇2 パートナーデッキ編集可能後
誰もいない闇3(禁) 禁止カード使用時
  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル?いいのかい?
影が薄いからって、甘く見ないことだね そろそろいこうか…
勝利 俺…勝ったのか… ぜんぜん気づかなかった…
またデュエルしよう 今度はもっと存在感のあるデュエルになるさ…
敗北 キミ…なかなか強いね…
またデュエルしよう 今度はもっと存在感のあるデュエルになるさ…
引き分け 引き分け…たのか… ぜんぜん気づかなかった…
またデュエルしよう 今度はもっと存在感のあるデュエルになるさ…