※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト野畑義賢(のばた よしかた)

キミは将来何になるのが夢だい?カード界の花形デザイナーもいいだろう! しか~し!
ボクは華やかなデュエリスト王子になる運命~ そう、運命はボクを放っておいてはくれない!
僕の溢れ出る才能を止めることはできない そう、たとえキミにも止められないのだよ、なんて罪作りな
  • 特徴
前作では大山平と並ぶ弱小デッキの割に獲得DPが多かったため、DP稼ぎの為に数多くのプレイヤーから狙われたオベリスクブルー男子生徒。
では今作ではというと前作の現世と冥界の逆転が禁止カードとなったため、大きくコンセプトを変え、ネクロフェイスを中心としたデッキデスデッキを使う。
封印の黄金櫃ネクロフェイスを除外し発動→除外したカードの中にまたネクロフェイス→除外したカードの中に…の連鎖で1ターンで15枚以上のカードが除外されることも珍しくない。
さらにニードルワームも投入されている他、閃光の追放者マクロコスモス墓守の使い魔のコンボ、さらには魂吸収で何千単位でLPを回復とかなりの完成度を誇る。
相手にした時は除外を行うためのパーツを除去してしまうのが有効。特に魂吸収は早めに始末しないと手遅れになる。

このデッキには1つ致命的な弱点がある。
ネクロフェイスは相手は勿論、自分のデッキも削ってしまうカードなのに標準のデッキの枚数とあまり変わりない42枚で構成されているということ。
こちらが50枚程度のデッキでデッキ破壊を狙えば間違いなく先にデッキが尽きるのは野畑である。
こちらもネクロフェイスデッキで挑むと中々面白い光景が見られる。
ネクロフェイスの連鎖で1ターンしない内にデッキが10枚を切ることも有り得るのだ。
タッグでは、除外と相性のいいカードを何枚か増量しておくといいだろう。

タッグ戦ではその能力を十分に生かしきれない。デッキ破壊しなければならないデッキが2つもある以上、1つに照準を絞ることが困難なのだ。
タッグを組む場合は、こちらもネクロフェイスがいいだろう。標的が分散しやすくとも計6枚のネクロフェイスならタッグ戦でのデッキ破壊も難しくない。

余談だが、チェーン数を積むチャレンジの相手としては中々うってつけである。
互いに魂吸収を出していれば簡単にチェーンが積まれていくからだ。前述の通り50枚程のデッキで挑めば安全に勝てる。

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
デッド・アングル1 パートナーデッキ編集可能前
デッド・アングル2 パートナーデッキ編集可能後
デッド・アングル3(禁) 禁止カード使用時

  • フィールド上会話
デュエル申し込み ボクという大きな壁を前にしても揺るがないキミの決意、気に入ったよ
デュエル界の貴公子として、キミの実力をボクが教えてあげようっ! デュエルッ!
勝利 ボクの息吹が、うっかりキミを飛ばしてしまったね 次はキミの情熱の炎でかき消してごらん
キミとのデュエルならいつでも受けよう きっとそれがボクの運命なのさ
敗北 これはボクに与えられた試練 この上昇気流に乗り、ボクはまだ高く飛んでゆくよ!
キミとのデュエルならいつでも受けよう きっとそれがボクの運命なのさ
引き分け キミの熱と、ボクの冷気がぶつかり 雨となって両者を保つ… 互角も良いものだね
キミとのデュエルならいつでも受けよう きっとそれがボクの運命なのさ