※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト松田悠平(まつだ ゆうへい)

この島に……立ち入り禁止の寮があるのは知っているか?
まぁ……俺は興味ないが
  • 特徴
除去カードメインのデッキ。
禁止カードのデッキ以外の2つのデッキは除去カードしか入っていない。

初期デッキは各種除去カードを1枚づつ積んだ変則的なデッキ。
魔法・罠カードは、悪魔払い儀式降臨封印の書といった局所的なところでしか使えないカードや、粘着テープの家天狗のうちわと言った弱小狙いのカードがほとんどでありお世辞にも強いとはいえない。
しかし、モンスターカードはそれなりによいカードを積んでいるので攻撃する際には、注意が必要。
何も考えずに攻撃していると、それなりの確率で1:1交換をされて破壊される。特にニュードリアが厄介。
破壊効果をもつモンスターカードこそ厄介であるが個々の攻撃力は低く、主力となるモンスターは皆無であると言っていい。
効果の誘発も戦闘破壊によるものが多く、防戦一方になりやすい。
効果モンスターさえ封じてしまえば、相手の対抗手段はなくなるため、その気になればすぐに対策できるキャラである。
強力モンスターでゴリ押ししてもよいが、最も有効な手段は、スキルドレインであろう。
他にも古代の機械獣冥界の魔王ハ・デスなどの戦闘破壊した効果モンスターの無効化やミスティック・ソードマンのような裏守備表示モンスターを効果で破壊するモンスターが考えられる。

後半のデッキ、禁止デッキになるにつれて破壊効果をもつカードの性能は良くなっていくが、基本は初期デッキと同じで決め手にかける戦術である。

パートナーデッキは初期デッキであり、発動できず腐ってしまう魔法・罠カードを多く抱えることになる。
デッキを編成することもできないので、非常食や、オオアリクイクイアリスナイプ・ストーカーなどのコストにしてしまうのがいいだろう。
戦力的にはトメさんに毛が生えた程度であるが、モンスター除去効果が役に立つ場面は少なくない。

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
ならず者は一日にしてならず1 パートナーデッキ編集可能前
ならず者は一日にしてならず2 パートナーデッキ編集可能後
ならず者は一日にしてならず3(禁) 禁止カード使用時

  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル…? …いいぜ
勝利 勝ちか… …また頼む
敗北 負けたな… …仕方ない
…また頼む
引き分け 互角… …また頼む