CPUに使わせると危険なカード



モンスターカード

E・HERO キャプテン・ゴールドジェネラルデーモン天空の使者 ゼラディアス

フィールド魔法をサーチする能力は有り難い。さらに、レベル4にして攻撃力2100を誇る。
が、その高い能力が仇となる。フィールド魔法がないときは自壊するにもかかわらず、蘇生や特殊召喚しようとする。
便利ではあるが、それなりの対策が必要だろう。

E・HERO ジ・アース

こちらの攻撃が封じられているとき、E・HEROを召喚した後
そのモンスターをすぐにジ・アースの効果で吸収してしまうことがある。(上級、融合モンスター含む)
5体E・HEROがいる時、他の4体を全て吸収することほぼ間違いなし。
しかも、それで何もせずにターンエンドとなるので全くの無駄となるので注意が必要。

お注射天使リリー

ライフ損となってしまう場合でもコストを払ってしまう。
それだけならまだしも、ライフを失ってでも倒したい敵のモンスターがいる時に限って攻撃してくれないことがある。
素のステータスでは守備力のほうが高いので、伏せてしまうことも少なくない。

怨念の魂 業火

場に炎属性モンスターがいるときには、生贄召喚ではなく特殊召喚で場に出す。
さらに、E・HERO ジ・アースD-HERO ダッシュガイと同様、モンスターを吸収して攻撃力を上昇させる。
やはりこちらでも優秀な炎属性モンスターを吸収する。
ホルスの黒炎竜 LV8を吸収して【お触れホルス】の布陣を崩したり、プロミネンス・ドラゴンを吸収して【ロックバーン】のダメージソースを
なくすことは日常茶飯事。

ガジェット系

攻撃力より守備力が高いモンスターはセットするようにプログラムされているのかレッド・ガジェットをセットして使う事が多い。
また、イエロー・ガジェットグリーン・ガジェットと除去カードが手札にあるにも関わらず、相手の場に攻撃力が高いカードを出ているとセットしかしてこない。

賢者ケイローン

他のカードと比べたら遥かに使いやすいが、逆転の可能性のあるカードや、大嵐ならまだしもサイクロンですらコストに使う。
パートナーのデッキに入れず、こちらが使う際もパートナーの手札の様子を伺うべし。

サイバー・ダーク系

出せば攻撃力2500がのぞめて逆転という状況でも、相手が攻撃力800以上ならば伏せる。
そのためダークゾーンでも併用しない限りロクな使われ方はしない。

サイバー・フェニックス

表側攻撃表示の時、機械族を対象とした魔法・罠を無効にでき、さらに、表側表示で戦闘破壊されたときにカードをドローすることができる、優秀な機械族モンスター…なのだが、
防御力の方が高いため伏せる。そのためドロー効果が使えない。
対策としてはUFOタートルが有効。表側攻撃表示でリクルートしてくれるので、デメリットを解消してくれる。さらに自身も機械族であるため、機械族デッキとは相性抜群である。

終焉の王デミス

相手にカードが1枚でもあれば効果発動。ライフをガンガン消費する。
儀式モンスター全般に言えることだが、専用の儀式魔法ではなかなか召喚してくれない。高等儀式術なら問題ないのだが。

上級・最上級スピリットモンスター

ロックされていようがお構いなしに生贄召喚しようとする。エンドフェイズ時に手札に戻るため、自分の場ががら空きになることも。
死皇帝の陵墓を使った場合でも、毎ターンライフを1000や2000消費して召喚しようとする。

死霊騎士デスカリバー・ナイト

効果を無視、自壊も日常茶飯事。

スナイプストーカー

相手フィールド上にカードがあれば、手札コストは全く考えずに効果を使用し続ける。
手札に大嵐サイクロンがあってもそれをコストに伏せ罠を破壊することさえある。
しかし、明日香やレイのように手札事故が起きやすいデッキを使用するものがパートナーなら使ってみるのも良いだろう。大抵のカードを片付けてくれる。

デコイドラゴン

攻撃対象になるだけで最上級ドラゴン族を蘇生させることができる、相手にとっては厄介なモンスター…のはずなのだが、上記のサイバー・ダーク系や
下記のN・グラン・モールと同じく、表側表示であることに意味があるにもかかわらず、ステータスが貧弱なため伏せる。
未来融合-フューチャー・フュージョンF・G・Dを指定すると真っ先に墓地に行くのだが、それなら他のドラゴン族に変えた方がいいだろう。

D.D.クロウ

手札から捨てることで相手の墓地のカードを除外するモンスターなのだが、なぜか無意味にフィールドにセットしてしまうことが多い。
死のデッキ破壊ウイルスゴッドバードアタックで処理してあげよう。

D-HERO ダッシュガイ

どんなモンスターも平気で生贄にして攻撃力上昇効果をとにかく使う。
特にロックされた時などは危険。
フィールドに出さないようにデステニー・ドローおろかな埋葬で早めに墓地に捨てさせておきたい。
墓地にいる場合でも、どうでもいいモンスターに特殊召喚効果を使うので油断はできないが。

D-HERO ディスクガイ宝玉獣 ルビー・カーバンクル

優先カードに設定されている為か、妙な場面で特殊召喚することが多々ある。
そのくせ、劣勢であっても攻撃表示で特殊召喚するので性質が悪い。

デュアルモンスター全般

とりあえず再度召喚。手札に強力な下級がいても上級がいても意味無く再度召喚。
だが後先考えずガンガン召喚されるよりはマシな場合も。相手に強奪された時、相手も再度召喚してくれるのは助かる。

天魔神 エンライズ

無駄に効果発動。下手すると自分を除外し、逆にピンチを招くことも。

天魔神 ノーレラス

無駄に効果発動。タッグ戦では相手のパートナーの手札には何の影響もないので、次のターンにほぼ確実にダイレクトアタックを決められる。
非常に危険。

ならず者傭兵部隊

こちらが優勢な状況なら、特に問題はない。しかし、それ以外の状況では、裏守備で出すことが多い。
相手のやっかいな上級モンスターを除去して劣勢を挽回…
というような使い方はしてくれない。そのくせ、羊トークンを破壊するのにも効果を使用する。
敵のCPUも同じなので、おかげでお触れホルスが維持し易くなっている。

N・グラン・モール

相手のやっかいな上級モンスターを除去して劣勢を挽回…
という使い方はしない。CPUの思考ルーチンのせいで、セットされこのカードの持ついやらしい能力が十分に発揮されることはない。
このカードで攻撃力の高いモンスターに攻撃しようとしても、相手は迎撃の罠を使用しないことがある(ステータス上は返り打ちに出来るので妨害は不要、と判定するのかもしれない)。
よって、自分が使う分には問題がない。

VWXYZシリーズ

個別で戦ったり、ユニオンのままの方がいい場面でも、2体が揃えば即除外して合体。
おかげでXYZ-ドラゴン・キャノンVWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノンはほとんどお目にかかれない。
ユニオン全般に言えることだが、前線基地で特殊召喚してくれない。

ボマー・ドラゴン

自爆特攻(相手の攻撃表示モンスターに攻撃力が劣るモンスターで攻撃し、わざと破壊されること)が気兼ねなく出来るのだが、そんなことはしない。
守備表示にして相手の雑魚モンスターを道連れにする。

マジック・ストライカー

戦闘ダメージを受けないので、気兼ねなくダイレクトアタックしてライフをチビチビ削ることができるのだが、そんなことはしない。
相手にモンスターがいる状況で手札に来たら、壁のために守備表示で特殊召喚して終わり。
生贄要員としては優秀なのだが…。
ちなみに、CPUはダメージ優先で攻撃するため、戦闘ダメージを受けないこのモンスターは相手に放置されることが多い。

魔装機関車 デコイチ

危険と言うほどでもないが、ドローソースとして投入する際には考えた方が良い。
と言うのも、攻撃力の方が防御力よりも高いため、攻撃表示で出すことが多いからだ。

冥府の使者ゴーズ

手札にこのカードがあり特殊召喚できるチャンスがあっても、ブラフでカードを伏せてしまう。
もしも召喚条件が揃ったとしても、相手の場の最高攻撃力モンスターが攻撃してこない限り特殊召喚しない。
最高攻撃力モンスターがモンスターに攻撃した場合、そのまま後続モンスターに直接攻撃されてしまうのだ。
あげくの果てに生け贄が揃ったらディスアドバンテージを考えずに平気で生贄召喚をしようとする。

黄泉ガエル

魔法・罠を伏せてしまうこともそうだが、パートナーに使わせた場合墓地に送るのが非常に面倒なカードである。
おろかな埋葬で墓地に送るカードは攻守の高いカード、手札に来た場合またも攻守共に低いためセットすらなかなかしてくれない。
さらに手札コストの優先順位も高いわけではなく…折角序盤に引いたのに、最後まで手札で眠っていることも珍しくない。
2体有れば非常に強力なカードではあるが、さすがにそう上手くはいかないようだ。
ダイレクトアタックが可能な状況なら、攻撃表示で特殊召喚しアタッカーとして利用しようとする。返しのターンで大ダメージを受けることもよくある。
パートナーの手札によっては、あえて、ブラフを伏せて効果を使用させなくしてしまうのもあり。

光神機-轟龍

ATK2900にして貫通効果を持ち、生け贄一体での妥協召喚が可能という優秀な最上級モンスターだが、パートナーに持たせる場合は一考を要する。
CPUはこのモンスターを召喚する場合、何故か妥協召喚にこだわる(そして自壊効果により自滅する)節がある。
場にモンスターが1体しかいないのならまだしも、2体3体いようがお構いなしに妥協召喚。さらには場のジェルエンデュオの効果を無視して妥協召喚することもある。
ロックされていようが後先考えずに妥協召喚しようとするその様は上記のD-HERO ダッシュガイに通じるものがある。

魔法カード

ジェノサイド・ウォー

手札にあればとりあえず発動しながら、自爆特攻してくれない。

タイム・ストリーム

下記の神の宣告と違って、こちらはライフをガンガン消費する。コストがライフ半分なので、序盤に使われるとライフを大きく削られる。
ただ、専用デッキでしか使いどころがないので、あまり気にしなくてもよい。

デビルズ・サンクチュアリ

このカードが来ると、何枚でもとりあえず使ってしまう。
1枚であれば、生贄で処理したり攻撃されるなどして直ぐに消えるのだが…。
2度目のパートナーターンになると取りあえず維持コストも払ってしまうため、パートナーには持たせない、自分で使うなら即生け贄に。

宝玉の氾濫

使えば逆転間違い無しでも自分モンスターゾーンにモンスターがいれば使わない。
自分のデッキに投入したほうが無難。

リミッター解除

伏せるだけで使わない。突進収縮のように使って敵モンスターを迎撃…なんてことはしない。
唯一使うのは、とどめのダイレクトアタックの時くらいか。

罠カード

神の宣告

ライフが2000前後にならないと使わない。
いざ使う時は発動条件に合えば何にでも発動。ピンチを招くカード。
自分で使うなり非常食のコストにするなりで処理したい。
他のカウンター罠カードも発動機会を見極めないのは基本的に同じ。あまり期待はすべきではない。

死のデッキ破壊ウイルスなどのウイルスカード

発動出来れば絶対スタンバイフェイズに発動。その為こちらのフィールドはがら空き、相手に召喚・ダイレクトアタックの機会を許す事も。
そもそもタッグデュエルでは相手パートナーの手札には影響しない為それほど役に立たない。

破壊輪

たまに何を考えているのか分からない使い方をする。
止めを刺す際には便利だが、相手モンスターを破壊すればいいのに自軍モンスターを破壊する事も。
場合によっては炸裂装甲万能地雷グレイモヤ魔法の筒等の不安要素の無い互換カードへの変更を検討してもいいかも。
優先順位は攻撃力の高い順。

魔宮の賄賂マジック・ジャマー

相手が魔法・罠を発動してきたら何でもカウンター。
アドバンテージの事を全く考えてないのが怖い。