※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト天上院吹雪(てんじょういん ふぶき) 声:遊佐浩二

はっはっはっはっ!
エンジョイ?
テン~~ジョインッ!(一枚絵と共に)
元気してるかい?プレーヤーくん
現在、キミの胸キュンポイントの残高は…
…そうだね、けっこう溜まってるね
ん~なかなか高くてイイ感じだ
この調子でがんばるんだよ
  • 特徴
使用するデッキは、ビーストを主体とした通常モンスターデッキ。
獣族や獣戦士族の通常下級モンスターには、攻撃力2000を誇るジェネティック・ワーウルフをはじめとした能力の高いものが多い。
これらを激昂のミノタウルスによって貫通能力を付与させ、さらに装備魔法で力押しするという単純明快なデッキコンセプト。
相手が攻めて来ようものなら、ジャスティスブレイク聖なるバリア-ミラーフォース-破壊輪で迎撃する。
凡骨の意地正統なる血統等の通常モンスターサポートも充実しており、デッキの完成度も上々。優秀なパートナーと言える。

時々上級モンスター絡みのカードが手札事故になるのと、野生解放の使い方に難があるのが欠点。
野生解放骨犬マロン等に使ってくれればその爆発力はすさまじいが、守備力100のジェネティック・ワーウルフに使われてしまう事が多々あり、また、それでよくフィールドを空にしてしまう。デッキ構築可能になったら真っ先に抜いておきたいカードである。

お気に入りカードの内容には通常モンスターのサポートカードは見当たらない。その為、その気になれば純粋なビーストデッキに改造することも可能である。
その場合、千年原人古のルール等を抜き、森の番人グリーン・バブーン暗黒のマンティコアを入れるだけでも大分違うだろう。
通常モンスターデッキのまま改造する場合は、下級モンスターは骨犬マロングレート・アンガス辺りに変更し、魔法・罠カードの見直しをする程度で問題ない。
手札事故回避の為にも賢者ケイローンは3枚積みでも問題無い。

やはりこちらも、吹雪に合わせて通常モンスターデッキかビーストデッキを組めば、高いシナジーを発揮できるだろう。

後半使用するのは効果モンスター主体の獣戦士族デッキ。

恋の指南も獣戦士族デッキではあるのだが、なぜかフリントが3枚積みされ、おまけにそのサポートカードまで入っている。

ダークネス状態では真紅眼の黒竜デッキを使用。

好感度アップの場所はブルー女子寮。

  • お気に入りカード
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
ブリザード・ボーイ パートナーデッキ編集可能前
ブリザード・アイドル パートナーデッキ編集可能後
ブリザード・プリンス(禁) 禁止カード使用時
恋の指南 遊城十代、ハート×5イベント
天上院明日香(B)、ハート×6イベント
早乙女レイ、ハート×6イベント
ダークネス(D) 丸藤翔、ハート×8イベント
  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル?
唐突にデュエルを申し込むなんて…
キミにとってデュエルは挨拶のキスのようなものなのかい?
でも…そんな挨拶もキライじゃないかな!
勝利 う~ん! ダメダメ!
敗北 うう~ん! 胸キュンポイント、1ポイントだ!
引き分け う~ん! なかなかだね!