※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト峠太郎(とうげ たろう)

おぬし、アンティルールというものをご存知か?
デュエルの勝敗が敗者からカードをもらうルールの事でござる
お互い命がけとなるアンティールールは武士道そのもの!せっしゃ、そんなギリギリ勝負をしたいのでござるが…
せっしゃの考えは、なかなか世に認められないのでござる無念…!
  • 特徴
六武衆デッキの使い手
六武衆には色々なサポートカードがある為、デッキには無駄なカードが少なく、レッド男子だが高レベルに設定されている。
折れ竹光紫炎の影武者はどうしようもなく役に立たないが…。

六武衆の効果の特性上、大量に並ぶとこちらの場を荒らされる可能性が高くなり、対象をとった破壊をしようとしても別の六武衆に対象を移し替えられたりと厄介極まりないので早めに対応していきたい。
3体以上並ぶと非常に苦戦する。その時は、ここでも全体除去魔法のライトニング・ボルテックスが大活躍。効果で発動前に破壊される恐れもあるが激流葬もかなり頼もしい。
大将軍 紫炎も厄介だが、それ以上に墓地でも効果が発動する六武衆の師範が脅威的。
これらの点からとにかく攻めて、相手の場にモンスターを残さないことが重要になる。
そのため、このような戦い方をしない【エクゾディア】・【終焉のカウントダウン】・【ウィジャ盤】・【ロックバーン】・【ドローゴー】などは苦戦を強いられる。
逆に【デミスドーザー】などで挑むと不利な状況から一転して相手を追い込むという爽快感も得られたりする。
その他【スキルドレイン】なども非常に有効。
挑むデッキによって難易度が大きく変わるそんなキャラの一人である。

その効果の都合上、こちらも同じく六武衆デッキで行くと良い。
初期デッキには六武衆の師範が入っていないので編集できるようになったら入れておくと更に強くなる。
また1枚しか入っていない大将軍 紫炎も増やしておこう。
デュエリスト3であるため、パートナーデッキの細かい調整が出来ないことが悔やまれるキャラの1人。
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
六武衆と俺1 パートナーデッキ編集可能前
六武衆と俺2 パートナーデッキ編集可能後
六武衆と俺3(禁) 禁止カード使用時

  • フィールド上会話
デュエル申し込み せっしゃとデュエルとな!? おもしろい!
おぬし、なかなかの使い手と見た! いざ、真剣勝負!
勝利 勝った!やったでござる! やったでござるよぉ~!
それでは、さらばっ!
敗北 まいったぁ~!まいったでござる~! 見事なデュエルでござった…!
それでは、さらばっ!
引き分け 引き分けになるとは すばらしい勝負であった…!
それでは、さらばっ!