一石にかける青春:ミニゲーム

■基本知識
※オセロなんだがオセロのルールではなく、置いてある石の周囲ならば「1石も倒せない場所」でも置く事が可能なのでオセロの常識を捨てよう。
このゲームはプレイヤーが置いた場所を見てからパートナーが置いているわけではなく、
プレイヤーが指定した場所を知らず同時にラインを指定する、というゲームと思われる。
あとはオセロと一緒。序盤~中盤は端中心に固めて、終盤は斜めを意識して多く取れるようにすればよい。

■パートナー(CPU)の性格パターン
パートナーにはそれぞれ置きたがる傾向というのがある。
 タイプA:その時点でたくさんひっくり返せるところに置きたがる
 タイプB:端のラインに置きたがる
 タイプC:四隅に置きたがる
が代表的(大抵は併せ持っており、また優先順位の差異も見られる)。
ミスして破壊されてしまうと、損してしまうので、
パートナーが打ちたいところを読んだライン指定が必要となる。
全体的に取れる数は関係なしに序盤は斜めに置きたがり、防御に関してはほぼ考えていない。
相手の石がすべて取れる状況でもそれを取ることはない(相手はするが)

■プレイングの注意
自分のオセロの定石をパートナーに押し付けようとするとまずまともに打てない。
パートナーの打ちたいところに合わせて、時にはそれを利用することが大切である。
パートナーは大抵は一番置きたい所を想定して、その列を指定する(それがどこかは上記の性格で推測すること)。
その場所でいいのならば、パートナーに合わせてやればいい。
その場所が納得いかないなら、破壊されない場所を指定する。
破壊されてでも粘る価値があるのは、パートナーに従うと四隅が取られるなど勝負が左右されそうな場合のみ。
それ以外はパートナーに合わせたほうが、結果的に手数が多くなるので勝ちやすい。

打ち損じた場合には、どこで打ち損じたかをよく観察すること。
打ち損じた場合には、パートナーの指定した軸がうっすらと残る。
パートナーが指定した軸に、パートナーの打ちたい場所がある。
大抵は隅か、できるだけ多く取れる場所となっている。
状況が変わらなければ、パートナーは続けてそこを打ちたがる。
続けて打ち損じると不利になりがちなので、すぐに推測して挽回しよう。


 どうもこのゲームはプレイヤーが置いた場所を見てから
 パートナーが置いているわけではなく、プレイヤーが指定した場所を知らない、というルールみたい
 コツとしては、パートナーの性格を知ること
 パートナーにはそれぞれ置きたがる傾向というのがある
  タイプA・その時点でたくさんひっくり返せるところに置きたがる
  タイプB・端のラインに置きたがる
  タイプC・四隅に置きたがる
 が代表的
 石が破壊されるとアド損となるので、オセロの定石に置こうとせず、
 パートナーがおきたがっている場所を指定するように心がける
 失敗して石が破壊されることだけは避けたいので、どこに置かれても破壊されない場所
 (パートナーの軸に他の石がない、または隣接する石がたくさんある)ラインを指定するといい
 パートナーの傾向を知る方法として、
 石が破壊されたあと、パートナーの指定した軸にうっすらと黄色い枠が残る
 この枠のあいているマスに、それぞれ想像で石を置いて、結果を見てみる
 たくさんひっくり返る場所がある場合は、そのパートナーはタイプAということになる

■パートナーキャラ
遊城 十代:タイプC。目標がコロコロ変わるため、うち損じた場合の補助があまり意味を成さない。なるべく石の少ない列を選んだほうがいい。
 タイプCになるが開始後はタイプBの端ライン中心4つを優先して置きたがり(たとえ一石も倒せなくても)、敵の悪手等で四隅に置くのが可能になったらすぐ取りにいく。四隅にまだ置けなくて、なおかつ端ライン中心4つを2ラインくらいとっている場合は返せる数を優先する傾向にある。この変化する傾向の見極めが重要だが、四隅と端ラインを抑えれば5万稼ぐには大体勝てるので結構楽かもしれない。
万丈目 準:タイプA。十代ほどではないが目標が変わりやすい。隅の優先度は低く、端を優先する。列(主人公側から見て)が2マス以上空いていると取らずに端に置く
丸藤 翔:石を固めて置く傾向がある。端を優先しすぎて相手に隅を取られる行動も多い
ティラノ剣山:基本はタイプBだが突如端を無視してわずかな数でも石を取りに行くことがある。他のキャラよりも妙な癖は少ない
エド・フェニックス:タイプB?特に意味の無い場所にも置きたがる厄介な傾向がある。相手に置かれるとかなりの数の石が取られる場合でも平気で放置するのでお勧めはしない
早乙女 レイ:タイプA。だがその列(主人公側から見て)が2マス以上空いていると取らずに端に置く傾向がある。隅には積極的に置くことはない