※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト:丸藤翔

  • 特徴
乗り物系のデッキがメインだが、時として(翔としては)変わった編成のデッキを使用することもある。

パートナーとして使用するのはロイドデッキ。
お気に入りカードが足を引っ張らない点は非常に良いのだが、キューキューロイドレスキューロイドデコイロイドが足を引っ張る。
またロイドモンスターが発動条件になる魔法・罠が多く、こちらも足を引っ張る。
デッキ編集が可能になれば、まずはこれらの事故要素を安定度の高いカードと交換すべきだろう。
パワーボンドを有効活用できるサイバー・ドラゴン関連のカードはもちろんのこと、
UFOタートルサイバー・フェニックスなども優秀である。

前述の通り、翔はお気に入りカードが総じて足を引っ張らないので機械族以外のさまざまな構築も容易に行える。
特にドリルロイドは、【スタンダード】などでも採用される、グッドスタッフの一つに数えられることもある。
初期パートナーの中ではもっとも自由な構築が出来るため、いろいろなデッキを試したい方にお勧めのキャラクターである。
しかし足を引っ張らないと行っても過信は禁物。スチームロイドは基本攻撃力が高いため、相手ターンで攻撃力が下がる事も気にせず攻撃表示で召喚、サブマリンロイドは攻撃力が低く守備力が高いため、効果を無視して守備表示でセット、なんて事もよくある。

プレイヤーデッキとしては、サブマリンロイドスチームロイドドリルロイドの3種を投入すればスーパービークロイド-ジャンボドリルがフィニッシャーになりうる。
サポートのため、ビークロイド・コネクション・ゾーンを入れるのも良い。
ジャイロイドも動画付きのスチームジャイロイド召喚を補助する優秀なモンスターである。 
しかし翔に合わせて完全にロイドに偏らせすぎると、融合からの爆発力は上がるものの安定度は落ちる。

安定度を取るなら、ロイドではなく機械族に偏らせるとよい。翔のパートナーパックで入手できるサイバー・ドラゴンとその融合体を中心に、未来融合-フューチャー・フュージョンオーバーロード・フュージョンのギミックを加えたいわゆる【未来オーバー】などと呼ばれる構築が無難か。
また、自分は【除去ガジェット】にしておいて、隠し味にオーバーロード・フュージョンを入れるという形式でも可能。
ただし未来融合-フューチャー・フュージョンオーバーロード・フュージョンはパートナーに使わせると如何せん安定しない。
戦術の幅は狭まるが、キメラテック・オーバー・ドラゴンをパートナーデッキに投入しないのも手である。

お気に入りカードが単体でもそれなりの汎用性を誇るカードが非常に多いため、D.D.アサイラントを入れた、【アサイバー】を筆頭とする【スタンダード】の構築にできる、数少ないデュエリストの一人である。
ただし、死霊騎士デスカリバー・ナイトのパートナーの使い方はひどいこと甚だしく、異次元の女戦士の使い方にも癖があるので、それらの投入はあまりお勧めしない。

アニキとタンデム(希望)では彼のアイドルカードである雷電娘々の姿を見ることができる。
女の子カードを「乗り物」というのは相変わらず。

禁止デッキは【フェンリルハンデス】。フェンリルおジャマトリオを破壊しドローロック、ハンデスで相手の手札をボロボロにするのがコンセプト。
ハンデスは魂を削る死霊水面のアレサが基本だが、追い剥ぎゴブリンがあれば、ダイレクトアタッカーのサブマリンロイド
水陸両用バグロス Mk-3でも可能になる。
伝説の都アトランティスが発動していると、レベル4の水属性はレベル3となりレベル制限B地区グラビティバインド-超重力の網-をすり抜けて
攻撃してくる。

好感度アップの場所はレッド食堂、ブルー女子寮、教室、購買、デュエル場、校長室、港。

  • お気に入りカード
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
ぼくののりもの パートナーデッキ編集可能前
すごいのりもの パートナーデッキ編集可能後
ひみつののりもの(禁) 禁止カード使用時
アニキとタンデム(希望) 天上院明日香(B)、ハート×7イベント
アニキとツーシーター(夢) 早乙女レイ、ハート×6イベント
アニキとあいのり(願望) デュエリスト2・3、ハート×1イベント