プロフェッサー・コブラ:登場デュエリスト声:高塚正也

卒業まで
あとわずか…
今のうちに私のデュエルを
生徒たちに骨の髄までたたき込んでおかねば!
  • 特徴
オースチン・オブライエンと共にウエスト校からやってきた教師。
前作で「パートナー・デスクロージャー・デュエル」を考案した張本人である。
その目的は「デス・ベルト」を通してデュエリストの闘争心である「デュエルエナジー」を集め、ユベル(DU)を復活させることであった。
アニメでは遊城十代(R)との戦い後、高所から転落して行方不明となったが、大事には至らなかったらしい。
さすがは元兵士といったところか。
例のデスクロージャーデュエルはすでに終わったため、会話のセリフは前作とは違う。
見た目から肉体的に問題は内容に見えるが、今回はリハビリを兼ねて参加との事。

ヴェノム系の爬虫類デッキを使う。
相手モンスターにヴェノムカウンターを置いて弱体化させることで戦局を優位に進め、ダメージ=レプトルで、
切り札の毒蛇王ヴェノミノンを特殊召喚して押し切るのが狙い。
更に毒蛇神ヴェノミナーガという完全耐性を持つ切り札をも擁し、ヴェノムカウンターを取り除くことで強火力のバーンも行うことが出来る、
強力なデッキに見える。
しかし彼も残念なCPUの犠牲者で、困ったことにヴェノムカウンターを乗せるモンスター効果を全く発動しない。
これでは持ち味を全く生かせず、何体かヴェノム・スワンプで除去しようと、モンスターの数と質でパワー負けしてそのまま負けることが殆どである。

キーカードであるヴェノム・スワンプの性質上、なるべくプレイヤーデッキもヴェノム中心の爬虫類デッキにあわせておきたい所である。
コブラは有効活用してくれないものの、ヴェノムモンスターは非常に有用であるし、
二人がかりでスネーク・レインで大量に爬虫類族モンスターを落とした後の毒蛇王ヴェノミノンは相手からすれば相当に厄介な存在だ。
そのほかの方法でいくと、ヴェノム・スワンプは元々の攻撃力が0のモンスターは破壊できないことを利用し、
魂虎メタル・リフレクト・スライムなどにカウンターを貯めてヴェノム・スプラッシュで一気にライフを削り取るバーンデッキも有効か。
守護者スフィンクスを筆頭とする、いわゆるサイクルリバースモンスターでも、エンドフェイズ時に裏側表示となっているので、共存可能。
また、ヴェノムモンスターは殆ど入れず、ガガギゴシリーズやエーリアン・ソルジャー等の爬虫類族通常モンスターで固めると安定して戦える。

有用な爬虫類族モンスターは今作でも曜日パック(エーリアン)、レイ(ガガギゴ)、コブラ(ヴェノム)のパックに分かれている。
エーリアンは他のカードを出す際に自然と集まるだろうし、ガガギゴもパートナーパックが優秀なので問題ないだろう。

  • 出現条件
オースチン・オブライエンをクリアする
また、三沢大地(H)のシナリオ等で戦った後、フリーデュエルで10勝する事でもパートナー可。(マップには登場しない。)

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
ヴェノム・プール 4 パートナーデッキ
ヴェノム・スワンプ 3 1周目、2周目以降前半
ヴェノム・レイク 5 2周目以降後半
ヴェノム・オーシャン 7 禁止・制限解除

  • フィールド上会話
デュエル申し込み 私にデュエルを挑む生徒など、久しくいなかったが…
フン、いいだろう、その心意気に免じて、受けてやろう!
勝利 フン、この程度か… キミがここを去る日も…そう遠くない
敗北 フン、なかなかやるな… だが、闘争心が感じられないぞ?
引き分け フン、引き分けか ギリギリ落第は免れる程度だな…

三沢大地くんか…
もう少し早くキミと出会っていたら…
私も変われたかもしれんな

  • TF2のデュエリスト名鑑
 デュエルアカデミア・ウエスト校より招かれた特別教諭。
アカデミア本校のさらなる学力(デュエルの腕前)向上のために招かれ、
赴任早々「パートナー・デスクロージャー・デュエル」を提唱し、
生徒と教師たちを混乱させる。
彼の本来の目的は何なのだろうか…。
 性格は見た目通りのスパルタ教師。
あまり担任になって欲しくないタイプではあるが
実際は生徒達を思うあまりの愛情表現であるのかもしれない。
 使うデッキは…謎。