迷宮兄弟・兄:登場デュエリスト 声:竹本英史

タッグデュエルとあらば、我らが呼ばれることは多いが…
タッグではなくとも、我らは強いのだ!フハハハハハ!

  • 特徴
兄弟タッグで遊戯王界有数のロマンモンスター、ゲート・ガーディアンの召喚に血道を上げるプロデュエリスト。
兄の彼はゲート・ガーディアン本体と風魔神-ヒューガを担当し、更に迷宮の魔戦車を積んだネタデッキ。
かと思いきや、サイクロン大嵐キラー・トマトなど、スタンダードに使えるカードも多く入っている。
ダークゾーンで強化してくるので殴り負けないように。

後半では風魔神-ヒューガが魔法使い族であることを活かし、魔法使いデッキのようなものを使う。
融合のギミックを採用していないので、強制転移突進収縮などのスタンダートに使えるカードも入るようになり、
そこそこのレベルになっている。
他にも、霊滅術師 カイクウ静寂の聖者ディメンション・マジックなどの地味に厄介なカードが入っているので注意。

パートナーにした際の悩みは、やはりゲート・ガーディアンに尽きる。
デフォルトの状態では、プレイヤーが水魔神-スーガ雷魔神-サンガを召喚しない限り、
使い道はアンティ勝負の勝負札でしかなく、その戦果もさほど大きなものではない。
召喚のロマンに付き合ってやるならば、のように死皇帝の陵墓生け贄人形、トークン生成のダンディライオン
デビルズ・サンクチュアリ、また特殊召喚で場に複数並べるのが容易な墓守の偵察者マジック・ストライカー
或いは墓地蘇生などを駆使して、三魔神を並べ保てる環境を整えてやろう。
魔神は守備力もやや高めなので、迷える仔羊を発動→すぐに魔神をセット可能なことも、活用できる場合があるだろう。
ただし首尾良く召喚できても、ゲート・ガーディアンの能力自体は数字の高い通常モンスターに過ぎないことを忘れずに。

ゲート・ガーディアンの使い道が他にないわけではないが、基本的にはハズレカードと割り切ってしまうのが吉である。
風魔神-ヒューガが最上級としては今ひとつ物足りない攻撃力なので、特殊召喚の容易な魔法使い族デッキか、
場のアドバンテージ操作で優れる風属性デッキを考えるのも良いだろう。

迷宮の魔戦車は一応水準レベルの攻撃力を持ち、融合素材のキャノン・ソルジャーが有用なバーン系モンスターのため、
デッキに残すのが無意味というほどではないのだが、選択肢が他にいくらでもあるのも事実で、融合沼地の魔神王まで
備えてやるほどの価値はない。
残してやるにも、融合呪印生物-闇による特殊召喚に限らせるのが妥当だろう。

前作ではD1の共通イベントに弟とセットで出てきたので、比較的容易にパートナー条件を満たすことができたが、
今作ではD2である枕田ジュンコのクリアが出現条件かつ、どのイベントにも登場しないのでややレアなキャラになっている。
ちなみに、パートナー会話などのほとんどの言動が、一字一句、兄同じである。

禁止デッキは、何故かカミューラと同じの【漆黒ワンキル】デッキ。
カミューラ同じくレベル1であるが、カミューラと違うのは馬頭鬼ではなく、サイバー・ヴァリーが入ってることである。
  • 出現条件
マップ・パートナー:枕田ジュンコをクリアする

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
ガードレベル★☆☆☆☆ 4 パートナーデッキ
ガードレベル★★☆☆☆ 3 1周目、2周目以降の前半
ガードレベル★★★☆☆ 5 2周目以降後半
ガードレベル★★★★★ 1 禁止・制限解除

  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル?
いいだろう… その挑戦受けよう!
勝利 フン、プロデュエリストを、あまく見ないことだ!
敗北 クッ…まあいい! まだ本気ではないからな!
では…またな!
引き分け 引き分けとは… なんたることか…



おおっ…!
三沢大地!
ど…どうか…我ら兄弟の
兄者となってくれぬか!?

  • TF2のデュエリスト名鑑
 伝説のデュエルキング「武藤遊戯」と対戦したことのあるデュエリスト。
額にある「迷」の文字がチャームポイント。
 共感した人物を兄弟に迎え入れようとする。
それはともかくとして、同じように額に文字を入れようとするのは迷惑。