迷宮兄弟・弟:登場デュエリスト 声:西村仁

タッグデュエルとあらば、我らが呼ばれることは多いが…
タッグではなくとも、我らは強いのだ!フハハハハハ!

  • 特徴
兄弟揃って、原作使用カードを出せればそれでいいかのようなデッキ構成をしている。
特にこちらは酷く、事故率をかえりみずネタに走ってしまっている。
ウォール・シャドウ及びその関連カードと雷魔神-サンガ水魔神-スーガを召喚するための
サポートカードでほとんど埋め尽くされている。

が、組んでみるとそれほど回りにくくもないのが、タッグの面白さ。
同様、面白味は乏しいがそれなりの数字の下級モンスターに、収縮突進万能地雷グレイモヤと、
CPUでも扱い間違えの少ない優良カードが積まれているため、場持ちはそれほど悪くない。
これも同様に魔法使い族がやや多く、こちらもマジシャンズ・サークルをセットしてやると、
下級主力の創世の預言者を呼び、次ターンの魔神召喚の機会を増やしてくれるだろう。
雷魔神-サンガに合わせ光属性が多めなので、オネスト投入も効果的。
ただし軽々に場に出すと、弟のターンで手に戻されたまま飼い殺されやすいことには注意。

編集可能になったら、何はなくとも、労多くして功少ないウォール・シャドウ迷宮壁-ラビリンス・ウォール
シャドウ・グール迷宮変化は抜いてしまおう。
お気に入りの魔神2種のためのデッキと割り切れば、さほどサポートは難しくないはずだ。
他のD1・D2には水属性デッキ向きのキャラがいないので、雷魔神-サンガより水魔神-スーガを重視して、
伝説の都 アトランティスデッキを組むのも一案。
プレイヤーはフィールドリセットのできる海竜-ダイダロスを切り札にすると良い。
魔神と同じ星7なので生け贄人形も共用しやすくなる。

霊滅術師 カイクウ(兄)-昇霊術師 ジョウゲン(弟)
静寂の聖者(兄)-平穏の賢者(弟)
このように、と対をなすカードもある。万丈目に対抗したのだろうか。

前作ではD1の共通イベントにとセットで出てきたので、比較的容易にパートナー条件を満たすことができたが、
今作ではD2である浜口ももえのクリアが出現条件かつ、どのイベントにも登場しないのでややレアなキャラになっている。
ちなみに、パートナー会話などのほとんどの言動が、一字一句、弟同じである。

禁止デッキは、【連弾バーン】デッキ。
おそらく、が【漆黒ワンキル】なので連弾の魔術師でどんどんダメージを与えるようにしたのだろう。
  • 出現条件
マップ・パートナー:浜口ももえをクリアする

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
ガードレベル★☆☆☆☆ 3 パートナーデッキ
ガードレベル★★☆☆☆ 2 1周目、2周目以降の前半
ガードレベル★★★☆☆ 4 2周目以降後半
ガードレベル★★★★★ 8 禁止・制限解除

  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル?
いいだろう… その挑戦受けよう!
勝利 フン、プロデュエリストを、あまく見ないことだ!
敗北 クッ…まあいい! まだ本気ではないからな!
では…またな!
引き分け 引き分けとは… なんたることか…



おおっ…!
三沢大地!
ど…どうか…我ら兄弟の
兄者となってくれぬか!?

  • TF2のデュエリスト名鑑
 伝説のデュエルキング「武藤遊戯」と対戦したことのあるデュエリスト。
額にある「宮」の文字がチャームポイント。
 共感した人物を兄弟に迎え入れようとする。
それはともかくとして、同じように額に文字を入れようとするのは迷惑。