kaiの使い方

このゲームでは対戦前にホスト側のSSID(ネットワーク名)が接続の度にランダムに変わるので、そのまま始めようとしてもクライアント側とSSIDが異なるため切断されてしまう。

PSP_AULJM05260_L_YuGiTF2→PSP_AULJM05260_L_×××××(ランダム)

そこで、クライアント側が、ホスト側に変更されたSSIDを教えてもらい、SSIDMGRというツールかLANアダプタ付属のユーティリティ(ユーティリティでは時間的にcwcheatを使わなければまず無理。やり方は下記参照)を使用して手動で書き換えて合わせる必要がある。

  • <SSIDMGRを使用してSSIDを書き換える方法>
ホスト側
SSIDMGRを起動後
1.ベースIDを元にSSIDの自動追尾を行うにチェックを入れる。
2.ホスト開始を押しpsp画面のほうで対戦する相手を選び、メンバーの選択終了を押す。
3.その後にSSIDが変わるのでステータスにある現在のSSIDが変化したら停止ボタンを押し、
ステータスの現在のSSIDの所のコピーを押してクライアント側に送る。

クライアント側
SSIDを起動後
1.固定SSIDのところに「SSIDブロードキャスト停止 (ANY)」を入れる
2.psp側でホストの部屋を選びホスト側がメンバー選択終了を押すと接続画面が出るので、すばやくホスト側が教えたSSIDを固定IDのところに入れて開始ボタンを押す。

※接続が終わった後ホスト側は自動追尾のチェックをはずしていたほうが無難だと思う。

  • <LANアダプタ付属のユーティリティを使用してSSIDを書き換える方法> 
(コレガ等のユーティリティでSSIDを変えられないものはSSIDMGRでも可)
上記のSSIDMGRのみを使う方法では大変素早い作業が必要になるが、cwcheatというツールを使えば接続中にゲームを止められるので、その間に余裕を持ってSSIDを変えることが出来る。PSPにCFW導入済ということが前提。

準備
ホスト側、クライアント側ともにcwcheatの起動時間を設定であらかじめ0秒にしておき、セレクトと同時に起動出来るようにしておく。(Settingsを選択。[3]controller check delayの項目の[3]を[0]にする)
また、PC側ではユーティリティ等を起動しておく。

ホスト側
1.部屋を建て他のメンバーが部屋に入った事を確認後、メンバー選択終了を押す。この時にクライアント側に押す合図を送っておくとクライアントはセレクトを押して止めるタイミングがとりやすい。
2.ネットワーク接続中が出た後、Versusの文字が出るのでそこでセレクトを押してゲームを止める。ユーティリティでは更新等を押すとSSIDが自動的に変更されるのでそれをクライアント側に伝える。

クライアント側
1.部屋に入るとエントリーリストの画面になる。ホストがメンバー選択終了を押すと、クライアント側では画面が薄暗くなりかけるので、その瞬間にセレクトを押して止める。(例えるならPSPのバックライトが消えた時の暗さに似ている。エントリーリスト画面はまだ見えている。真っ暗になってしまったり、ネットワーク接続中が表示された後ではタイミングが遅すぎなのでアウト。フリーズしてしまう)
2.その間にホストから変更されたSSIDを教えてもらいユーティリティ等で手動で書き換える。

ホスト側、クライアント側のどちらかがカウントなどで合図をし、同時にゲームを再開させるとデュエルスタート!
一度繋がってしまえば対戦をキャンセルしない限り上記の手順を踏むことなく連続で対戦可能。デッキを変更する場合は繫ぎ直さなければならない。

SSIDを変える時間が十分にあるので、kaiのチャットで再開させるタイミングをうまく合わせれば対人4人でタッグも可能です。4人集まらなくてもCPUが代役で立ちます。
CFW導入済みでcwcheatが入っている人は是非。対人熱いです。