天上院吹雪(てんじょういん ふぶき)(D)ダークネス:登場デュエリスト:声:遊佐浩二

  • 特徴
藤原優介のために、ダークネスの力を得た天上院吹雪(B)
おなじみ【真紅眼の黒竜】デッキを使用。
どうやら過去にサラに会っていたのはダークネスの方らしい。
また、セブンスターズのカミューラタニヤとも接点があった模様。

グラフィックと戦闘時・通常時のセリフ・デッキは変わるがイベントでは天上院吹雪そのものの口調に戻ってしまう。
見た目だけのダークネスを見て、サラやセブンスターズは愕然としている。
丸藤亮(H)のイベントでも、ダークネスの力がデッキまで及ばなかったのか、姿と口調はダークネスであるがビーストデッキを使用する。

ハリケーンは、使えば勝てるときでも無駄に温存するので抜いたほうがいい。
パートナーデッキにはレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンが入っていないので、2,3枚追加してあげよう。
一方、真紅眼の闇竜を出してもらいたいなら、E・HERO プリズマーを入れておこう。
基本攻撃力の同じ真紅眼の黒竜だともったいないのか、条件が揃ってもなかなか生け贄にしてくれないのだ。

デッキは事故を起こしやすく強力なモンスターも少ないので、真紅眼の黒竜真紅眼の闇竜に拘らなければ、
丸々変えてしまっても良いが、戦闘破壊耐性のある壁やロック相手など、意外な局面で黒炎弾が役に立つ。
効果で真紅眼の黒竜になったE・HERO プリズマーでも使用可能なので、墓地落としを前提に入れても悪くない。
しかし、ミラージュ・ドラゴンの効果を活かしたければ、攻撃力1600を超える下級をあまり増やすのも悩ましい。
お気に入りの都合上、王宮のお触れはやや難なので、下級の攻撃力を高めに保ちたければスタンピング・クラッシュの追加や、
我が身を盾にの投入が妥当だろう。

そのまま万丈目同様、ドラゴン族の得意である融合に傾斜して、未来融合-フューチャー・フュージョン龍の鏡
F・G・Dを召喚する狙いを含めても、あまり重荷にはならないだろう。
未来融合に失敗しても、墓地に落としたモンスターはレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンで毎ターン蘇生可能だし、
除外したモンスターは共に次元融合で特殊召喚でき、より大きな爆発力となる。

余談だが、禁止デッキは天上院吹雪(B)天上院吹雪(A)と同じである。
いくら同じ人だからって、デッキまで同じにしなくても…

  • 出現条件
天上院明日香(B)をクリアする
また、丸藤亮(H)のシナリオ等で戦った後、フリーデュエルで10勝する事でもパートナー可。(マップには登場しない。)

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
闇竜の眼光 4 パートナーデッキ、1周目、2周目以降前半
闇竜のはばたき 8 2周目以降後半
闇竜の咆哮 9 禁止・制限解除
愛の伝道師 6 丸藤亮(H)ハート3イベント