丸藤翔(まるふじ しょう)(B)ブルー:登場デュエリスト声:鈴木真仁

あっプレイヤーくん
卒業式でのデュエル楽しみにしてるからね!
ボクも在校生の模範になれるよう、がんばるっス!

  • ストーリー
終始にわたって、亮から受け継いだリスペクト精神を説く戦いを続ける。
4期の丸藤兄弟ストーリーに突っ込んだエピソードも展開される。
なお、丸藤翔(Y)丸藤翔(R)は3年間の間に成長できなかった場合を描いたifの展開となっており、このストーリーと対比させるようなイベントが多い。

  • 特徴
遊城十代(YU)を兄貴と慕う。見た目は子供だが、芯の強さが開花したオベリスクブルートップクラスのデュエリスト。丸藤亮(B)の実の弟。

ついにブルー制服を身に纏うこととなったシリーズお馴染みのD1キャラ。
使用デッキはもちろんビークロイドデッキで、今作では新たにスーパービークロイド-ステルス・ユニオンのパーツとなる各種ロイドと
ゲームオリジナルのカイトロイドが加わった。
チェーン・マテリアルのデメリット効果をビークロイド・コネクション・ゾーンで打ち消す必殺コンボを新たに会得し、
完全破壊耐性のスーパービークロイド2種を呼べるようになりビークロイドデッキとしての完成度は上がっている。
除外した融合素材モンスターはアニメでの「翔vs猪爪戦」さながら次元融合できっちり利用してくれる。
ただしスーパービークロイド-ジャンボドリルはともかくスーパービークロイド-ステルス・ユニオンの融合素材モンスターは単体では機能しない事が多く、
序盤の内から戦闘力の低いエクスプレスロイドステルスロイドを多く引いてしまうと事故を起こしやすい。
また新顔のカイトロイドもターン毎に手札が入れ替わるタッグ戦では発動機会が少ないため腐りやすい。
トラックロイドは単体では壁モンスターに過ぎないが突進収縮の援護を受けることで、上級モンスターを超える可能性を秘めている。

幸い今作も彼のパートナーデッキ編集はかなりの自由度が与えられてるので弄り甲斐がある。
まず先程述べたように機能しづらいカイトロイドや非常食はバッサリと切り捨ててしまうと良い。
スーパービークロイド-ステルス・ユニオンを諦め、スーパービークロイド-ジャンボドリル一本に絞ればデッキのスペースが大きく空くので
汎用性の高い強力カードを多く積み込める。
いっそ融合自体行わないなら3枚のビークロイド・コネクション・ゾーンは召喚僧サモンプリースト等の手札コストにしてしまおう。

全体的にAIの向上が見られる本作だが先攻1ターン目でスチームロイドを攻撃表示で出してしまうのは相変わらず。
また、スーパービークロイドの貫通効果があるのに守備表示モンスターをドリルロイドで破壊しに行ってしまうことがあるので注意。

ハート4イベントでは遊城十代(YU)丸藤亮(H)が相手となる。
機械族主体のデッキ構成の場合は、キメラテック・フォートレス・ドラゴンに警戒すべきである。
サイバー・ドラゴンプロト・サイバー・ドラゴンはもちろん、十代のE・HERO プリズマーの効果でも召喚してくる。
苦労して召喚したスーパービークロイド-ジャンボドリルスーパービークロイド-ステルス・ユニオンがあっさりと吸収されては目も当てられない。
また、このイベントでヘルカイザーが使用するのは光属性主体の表サイバー流なので、十代のオネストにも要注意。

禁止デッキは、【フェンリルハンデス】デッキを使用する。

好感度アップの場所はレッド食堂、ブルー女子寮、教室、デュエル場、校長室、港、廃寮。

  • 出現条件
最初から登場。
クリア後、丸藤翔(Y)丸藤翔(R)アビドス3世が登場

  • お気に入りカード

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
本気リスペクト 4 パートナーデッキ
全力リスペクト 2 1周目、2周目以降前半
絶対リスペクト 5 2周目以降後半
ボクがアニキだ 6 禁止・制限解除

  • ドローパン
「伊勢エビ」と「エビフライ」が大好きで、その他肉類や卵などタンパク質豊富なパンを好む。
キムチや幻のとうがらしなど辛いパンは苦手。

  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル?
うん、のぞむところさ!
勝利 プレイヤーくんもまだまだだなぁ
今日からボクのこと「アニキ」って呼んでいいよ
敗北 負けちゃった…
プレイヤーくんって… 強いんだね…
引き分け 引き分けっスね
いいデュエルだったよ
またやろう!
パートナー時:勝利 やったー!やったよ、プレイヤーくん!
この調子なら、次も大丈夫だ!
パートナー時:敗北 あ…負けちゃった… でも、次はきっと大丈夫だよ!
パートナー時:引き分け えっ、めずらしい、こんな事もあるんだ!? でも、次はきっと大丈夫だよ!

  • セリフ集
早朝
授業前
授業出席
授業欠席
授業後
テスト
テスト(低成績)
テスト(高成績)
1日の終了(午前・夕方)
1日の終了(夜)
1日の終了(深夜)
深夜(マップ)
パック入手
大会前
大会出場
大会欠場
大会優勝
大会敗退
ミニゲーム(好成績)
ミニゲーム(低得点)
ドローパン(大好き)
ドローパン(好き)
ドローパン(普通)
ドローパン(嫌い)
ドローパン(大嫌い)
パートナーデッキ編集


 デュエルアカデミアのラー・イエロー所属の三年生。
一度オベリスク・ブルーに昇格するが、自らの意思でラー・イエローへと戻る。
 十代をアニキと慕い、行動を共にしている。
前向きすぎる十代の影響を受けたのか以前のようなネガディブ思考も少なくなり
頼りなさはまだ残るものの、たくましく成長している。
相変わらず十代を慕うも、同じ弟分候補として現れたティラノ剣山が目下のライバル。
普段は十代をめぐって反目しているが、修学旅行のデュエルでは
剣山とのタッグで彼ら独自の合体モンスターを召喚するなど、イザとなるとかなりの結束力を見せる。
 使うデッキは彼の好きな乗り物をモチーフとした「ビークロイド」デッキ。
尊敬する兄の遺志を継いでリスペクトデュエルを心がけているが、
最近その兄が著しく変貌を遂げたため戸惑い、また元に戻って欲しいと思っている。
 異性については惚れっぽい性格なのは相変わらず。
更にはかなりの面食いのようで、自らハードルを上げている。
 好きな食べ物は海老フライ。逆に苦手なのは辛いもの。
 記念碑的な出来事があると眼鏡を新調するがその変化に気づく人間は少ない。