丸藤亮(まるふじ りょう)(B)ブルー:登場デュエリスト声:前田剛


なにもかもが懐かしいな、ここは

  • 特徴
ヘル化する以前の丸藤亮。
パートナーとした場合は、彼の卒業を控えた時期の懐古が中心のドタバタのストーリー。
対戦相手はすべて天上院吹雪(A)と女性キャラのタッグである。

使用するのは正統派サイバー流デッキ。
勿論サイバー・ドラゴン主軸のデッキだが、このカードの準制限化に加え、
特殊召喚の機会を待たずに積極的にアドバンス召喚する思考が災いし、大幅に弱体化している。
未来融合-フューチャー・フュージョンから出せなくなったサイバー・エンド・ドラゴンを見る機会はほとんどなく、
サイバー・ツイン・ドラゴンが事実上のエースモンスターであろう。
対戦時には機械族の天敵、キメラテック・フォートレス・ドラゴンを自分のEXデッキに入れておくと美味しい。

パートナーデッキは、アニメで鮫島校長が使っていたサイバー・オーガ系やバイロード・サクリファイス
お気に入りには融合召喚専用の決闘融合-バトル・フュージョン決戦融合-ファイナル・フュージョンと癖のあるカードが多め。
決闘融合-バトル・フュージョンは融合モンスター版オネストといった感じで使えなくも無いが、
決戦融合-ファイナル・フュージョンは融合モンスターvs融合モンスター限定破壊輪であり、
融合を多用する遊城十代(R)戦くらいでしか使う機会はないだろう。

タッグを組む際は、こちらは光属性・機械族で合わせるといいだろう。
こちらが合わせてやらないとプロト・サイバー・ドラゴン融合呪印生物-光が無駄になってしまう。
戦闘面が不安になるが、その点はオネストでカバーできる。
光属性で固めれば神聖なる魂も召喚しやすく、低ステータスモンスター補助兼リリース要員としてありがたい。
亮はシャイン・エンジェルの効果であまり融合呪印生物-光を選ばず、プロト・サイバー・ドラゴンを優先しやすい。
結局、召喚回数が多めに要るので、血の代償も採用圏内か。

基本的に展開力が高くなく、耐性のないパワーモンスター頼みのため、強制転移洗脳-ブレインコントロール
受けると致命傷になりやすい。
その際の保険のためにもキメラテック・フォートレス・ドラゴンの投入は大切。
亮に持たせると濫用されて事故につながるが、自分のEXデッキには是非欲しい。
またジェネクス・ニュートロンと、チューナー・シンクロモンスターを加えることで、戦術の幅も広がるだろう。

パートナーデッキ編集可能後は、必要性を感じなければお気に入り以外のサイバー流モンスターは抜いていいが、
場の機械族に恩恵を与えるサイバー・フェニックスには検討価値がある。
サイバー・シャドー・ガードナーは、状況によっては相手モンスターとの相打ちも狙えるが、次元幽閉等の方が戦果をあげやすい。
罠モンスターであることを考慮するならメタル・リフレクト・スライムと(禁止カードだが)突然変異を入れ、
召喚難度の上がったサイバー・エンド・ドラゴンを狙ってみるのもいいだろう。

余談だが、使用しているデュエルディスクは、以前まで十代たちが使用していた旧タイプのディスクである。

  • 出現条件
丸藤亮(H)編クリア後。

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
サイバー流デッキ 5 パートナー時
サイバー流デッキ・改 3 2周目以降前半
サイバー流デッキ・真 6 2周目以降後半
サイバー流デッキ・禁(禁) 8 禁止・制限解除

  • フィールド上会話
デュエル申し込み
勝利
敗北 いいデュエルだった…
また、俺とデュエルしてくれないか?
引き分け
パートナー時:勝利 うむ…
いいデュエルだった
パートナー時:敗北
パートナー時:引き分け