万丈目準(まんじょうめ じゅん)(B)ブルー:登場デュエリスト声:松野太紀

なんだ、貴様は…?
庶民のくせに、頭が高いぞ!
控えんか!

  • 特徴
青い制服のエリート時代の万丈目。
カードゲーム界の支配を目論んでいる。
シナリオの後味の悪さは折り紙つき。

マップ前半では光属性中心の【VWXYZ】、マップ後半では【光と闇の竜】、禁止デッキは、【混沌帝龍-終焉の使者-】を使用する。

パートナーデッキはダーク・アームド・ドラゴンを切り札とした地獄デッキ。
墓地に上手く闇属性をため、魂の解放速攻の黒い忍者で墓地の枚数を調整し、ダーク・アームド・ドラゴンを展開するデッキである。
墓地肥やしカード、調整カードが上手く入っているため、本来なら比較的楽に回るハズである。

しかしCPUの残念な思考によりそのカードのほとんどを上手く使いこなせない。
まず墓地の枚数を3枚にしようとは考えない。
終末の騎士の効果を積極的に使わず、魂の解放は除外するカードに見境なし。
除外フォローに入った次元融合はこっちが劣勢になろうとお構いなし。
トドメに、シナジーを考えず初期万丈目意識の為だけに投入された炎獄魔人ヘル・バーナーを筆頭とする名前に地獄やヘルがついたモンスター郡の使い勝手の悪さ。
非常に回転率の悪いデッキと化している。
これによりエースカードであるはずのダーク・アームド・ドラゴンがお気に入り設定の為、完全にジャマになっている。

改善案としては、
  • 上記に挙げた地獄モンスター、墓地肥やしや除外関連のカードを全て抜く。これにより万丈目が墓地を荒らすのを防ぐ。
  • ダーク・アームド・ドラゴンを活用するなら万丈目に任せず、プレイヤーが墓地の枚数を調整してターンを回してやる。
  • その他属性を投入。風属性を入れ、ダーク・シムルグを投入するのも有り。
  • 除外されたカードのフォローにはD・D・R異次元からの帰還を入れて事故を防ぐ。
等が挙げられる。

ちなみに、手札にダーク・アームド・ドラゴンダーク・シムルグが存在し、
墓地に闇属性3枚と風属性モンスターがいる場合、
ダーク・アームド・ドラゴンを出し優先権による起動効果で1枚除外してからダーク・シムルグを特殊召喚する。
困る事ではないが一応覚えておきたい。

好感度アップの場所は浜辺、火山、ブルー男子寮、ブルー女子寮、レッド寮、食堂。

  • 出現条件
万丈目準(R)編をクリア後出現。
クリア後、万丈目長作万丈目正司が出現。

  • お気に入り

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
オンリー・ワン 5 パートナーデッキ
強者の悩み 3 2周目以降前半
エリートの誇り 7 2周目以降後半
最後の勝ち組 10 禁止・制限解除