ダーツ(矢)の構成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダーツの基本構成は、ティップ(ポイント)、バレル、シャフト、フライトから成る。
(ハードダーツの場合、ティップ(ポイント)とバレルが一体なので、バレル、シャフト、フライトとなる)

ティップ(ポイント)

ソフトダーツの場合はティップ(またはソフトポイント)と呼び、
ハードダーツの場合は単にポイント(またはハードポイント、スティールティップ)と呼ぶ。
さらに、ソフトダーツ用のバレルにハードダーツ用のポイントを取り付ける、
コンバージョンポイントと呼ばれるものも有る。

バレル

ティップとバレルの接合方法について

現在、ソフトダーツにおけるティップとバレルの接合について、次の2つの規格がある。
2BA・・・ティップ側が凸、バレル側が凹になっているタイプ。
    スタンダードな接合方法である。
4BA・・・ティップ側が凹、バレル側が凸になっているタイプ。
    バレル側の先端が出ている分、重心はハードダーツに近くなり、
    ハードダーツからの転向に向いているという。
既存の2BAのバレルを4BAへ変換する4BAコンバータというものも売られている。

シャフト

バレルとフライトを繋ぐ部分。
バレルとの結合部分(ほぼ2BA)とフライトを差し込むための十字の切れ込みがある。
(中にはフライトを「差し込む」ではなく、シャフトの間に「はさみ込む」物もある)
材質は金属(主にアルミニウム、高価なものでチタン)、樹脂(主にナイロン)の
違いがあったり、両方を合わせたものもある(バレルとの結合部が金属、フライトの
差込部分にナイロン等)また、長さにも違いがある。どれをどう選択するかで重心や
飛び方に違いが出る。

フライト

ダーツフライトとはダーツの羽の部分のパーツ。
ダーツの飛び方に大きく影響する。
面積が大きい場合は緩やかな飛び方、小さくなればシャープな飛び方をする。
フライトには、「スタンダード」「ティアドロップ」「スリム」などの種類がある。