|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

恋ノチカラ

    

恋ノチカラ


  • 2002年1月~3月に木曜22時に放送。全11話。初回と最終話は15分拡大で69分。
  • ファンの間では、 「恋チカ」 として有名である。
  • 矢田ちゃんが演じるのは、倉持春菜ちゃん!


ストーリー

「この世に生まれて30年と6ヶ月19日。
もう恋をすることなんて、ないだろうと思っていた」

この物語の主人公・籐子も、30才の誕生日を境に、何をやってもあまりぱっとしない現実と折り合いをつけるかのように、仕事と恋愛に夢を描くのをやめて、お酒を唯一の友として人生の休憩モードに入ってしまった。
そんな籐子(とうこ、深津絵里)の前に、ある日、やはり仕事につまずいた生きるのに不器用な男、貫井功太郎(ぬくい・こうたろう:堤真一)が現れる。
 この貫井こそ籐子がまだ若かりし頃、ひそかに憧れていた男だった。
 久しぶりにときめく籐子だったが、実際に接した貫井は、実は自己中心的な仕事バカのデリカシーのない嫌なヤツだった。がっかりする籐子。
 しかも貫井と会社とのトラブルに巻き込まれて、安定した大企業を辞め、その嫌なオトコ貫井と一緒に小さな会社を立ち上げることになってしまった…。

 冬の東京を舞台に、都会で暮らす30代の男女の、等身大のハートフルなラブ・ストーリーがはじまります。
(フジテレビホームページより)


キャスト

  • 本宮籐子(30) - 深津絵里
    • 大手広告会社「ユニバーサル広告社」に勤める30歳の独身OL。恋人もいない。3年前まではクリエイティブに属していたが、仕事上の失敗から庶務課に左遷されてしまう。現在の自分に焦りを感じながらも、何をしたらよいのか分からず、夜な夜な酒をあおる毎日が続いている。そんな中、憧れの念を抱いていた貫井功太郎からヘッドハンティングされるとの知らせが入る。

  • 貫井巧太郎(35) - 堤真一
    • ユニバーサル広告社に勤める人気クリエイター。仕事一筋で女性に興味がない。仕事で上司と意見が対立したため、退職して木村壮吾と新会社「貫井企画」を設立する。秘書を雇おうとするが、人違いで籐子をヘッドハンティングしてしまう。

  • 倉持春菜(23) - 矢田亜希子
    • 籐子が昔、兄・勇祐と付き合っていた縁で、籐子とルームシェアをしている。少し世間離れしたお嬢様育ちであるが、昼は銀行で働き、夜は図書館の司書になるための講座に通うなど努力家である。父親の倉持堅は、後に貫井企画が世話になる「広小路製薬」の宣伝部長。

  • 木村壮吾(25) - 坂口憲二
    • 金沢出身。貫井に憧れて広告業界に入り、「ABCアド」に勤めていたが、貫井と共同で貫井企画を立ち上げることになった。世間では、若手No.1のクリエイターだといわれている。お調子者で女好きであるが、仕事に対する姿勢は真面目である。

  • 寺石香里(28) - 久我陽子
    • 壮吾が高校時代にアルバイトをしていた際に、一目ぼれした女性。壮吾と同じ金沢出身。結婚しているが、旦那との関係は冷めており、壮吾と日々連絡を取り合うなど不倫の関係になりつつある。

  • 須田真季(30) - 猫背椿
    • ユニバーサル広告社庶務課勤務で籐子の飲み友達である。愚痴を言い合うなど、籐子とは腹を割って話し合える仲である。恋して輝く若い女性に対して異常な嫉妬心を持っている。

  • 長谷川郁子(21) - 菅原禄弥
    • 春菜と同じ司書講座に通う今どきの若いOL。壮吾に対して好意を持っている。

  • 楠木賢明(60) - 志賀廣太郎
    • 100周年を迎えた「楠木文具」の社長。貫井企画の初めてのクライアントでもある。温厚そうな性格だが、なにかと貫井企画にクレームを付けてくる。

  • 吉武宣夫(40) - 西村雅彦
    • ユニバーサル広告社・営業部勤務。妻子がおり、家庭を大切にしている。大変な努力家であり、世間の厳しさを体感しているため、第一線で活躍する才能ある人々に対して敵意を抱いている。貫井に対しても同じで、「貫井企画」の営業を妨害しようと企てる。

  • 倉持勇祐 - 谷原章介(8,9話)
    • 春菜の兄。5年前まで籐子と付き合っていた。現在はイタリア・ミラノで海外赴任中である。

  • 倉持澄子 - 木野花(3,8話)
    • 春菜の母親。

  • 倉持堅 - 児玉清(2,3,6,8話)
    • 春菜の父親で、広小路製薬の宣伝部長。春菜のことをいつも気に掛けている。
(以上Wikipediaより)


その他データ

スタッフ(細かいデータはWikipedia参照)

  • 脚本…相沢友子
  • 企画…石原隆、鈴木吉弘
  • プロデュース…船津浩一
  • 演出…若松節朗、村上正典、村谷嘉則
  • 音楽…住友紀人

  • 制作…フジテレビ、共同テレビ

各回のタイトル・放送日・視聴率


各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 2001年1月10日 女30歳さようなら終身雇用!!これはあなたの物語 20.6%(69分)
第2話 2001年1月17日 30歳OL そして恋が始まる!! 17.7%
第3話 2001年1月24日 女が嘘をつくとき 15.7%
第4話 2001年1月31日 クレームの嵐!!求む営業マン 16.3%
第5話 2001年2月7日 キス!キス!キス 17.3%
第6話 2001年2月14日 大問題発生!!会社が倒産する 16.2%
第7話 2001年2月21日 悲しいとき近くにいてほしい人 15.7%
第8話 2001年2月28日 急展開!?元カレ突然の帰国!! 15.1%
第9話 2001年3月7日 2人きりの夜 17.2%
第10話 2001年3月14日 さようなら 16.4%
最終話 2001年3月21日 幸せはかならずやってくる!!今夜あなたの上にも 16.3%(69分)

平均視聴率16.9% (視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

主題歌

小田 和正 「キラキラ」(Wikipedia
(BMGファンハウス/FHCL5004)

書評

Amazon書評

恋に仕事にすべてが可能だと信じて疑わなかった20代が過ぎ、30歳を迎えて夢見ることから卒業しようと心に誓っていた籐子(深津絵里)。そんな30 代的倦怠真っただ中のヒロインが、転職をきっかけに再び夢に向かって奮闘する姿を描いたハートフル・ラブ・コメディ。広告代理店につとめるしがないOLの籐子は、昔憧れていた同じ会社の貫井(堤真一)が独立して作った新会社に引き抜かれることになり、有頂天になるのだが…。
深津絵里が籐子のせつない心情を見事に演じきる。表情の切り替えが実に巧みで、とりわけ一人芝居のパートのおかし味は絶品。ラブ・コメのツボを心得たその喜怒哀楽のすべてが、悲しいやら楽しいやら。脚本のメリハリは今一歩だが、彼女の緩急自在な演技がドラマのすべてを救っている。(麻生結一)

Wikipedia書評

30代の女性が転職を機に、諦めかけていた仕事・恋愛を取り戻すストーリー。深津絵里と堤真一の自然体でコミカルな演技が魅力的なドラマである。キャストの持ち味が最大限に引き出されている秀作。深津絵里ファンは必見である

リンク





DVD、ビデオなど関連グッズ情報


他のドラマとの共通点

  • 堤真一さん、西村雅彦さんとは「やまとなでしこ」で共演している。またスタッフも「やまとなでしこ」を担当した方が多い。
    • しかも、「やまとなでしこ」とキャストの並びが同じである。
    • 残念ながら、「恋ノチカラ」でも、矢田ちゃんは堤さんに恋人同士にはなるが、最後には降られてしまう役です。
    • この点について、矢田ちゃんは脚本を努めた相沢友子が司会をするラジオにゲスト出演した際、矢田ちゃんは「次に堤さんと共演したときには堤さんをふる役にしてほしい」と述べたという。
    • また、第○話で広小路製薬のあぶらとり紙として「やまとなでしこ」が登場します。( ̄∀ ̄ ) にゃはは
  • 児玉清さんとは、「ラストクリスマス」で共演しています。

その他コメント

  • 「やまとなでしこ」と同様人気ドラマであるため、再放送率が高い。


ちゃたろうの感想

  • 貫井さんの仕事にかける情熱と、それを陰で支えようとしている藤子さん、二人の間は微妙にかけ
ラブストーリーとして楽しめることはもちろん、職業物としてもやまず、何度見ても飽きません!
  • また、主題歌の小田和正さんの「キラキラ」も印象に残っています。
  • もちろん、春菜ちゃんもお嬢様でかわいいです!

ファンの皆さんのコメント


Akko's Planet Wiki
Since 2007/9/15
σ( ̄。 ̄) 管理人★ちゃたろう



メニュー







  • カレンダー
前月 2017年8月 翌月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



リンク











更新履歴

最終更新日時は 0000-00-00 00:00:00 です。

取得中です。


カレンダー




カウンター

Total: -
Today: -
Yesterday: -


QRコード