※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤガミと絶望~小笠原ゲームログ(10/15)

<あらすじ>
 舞踏子に振られ、自殺したヤガミ。奇跡の治療で復活させるも、彼は未だ自分の死を望んでいた。
 復活後の自殺を止めることには成功したが、ヤガミは記憶を壊す副作用のある、自殺を止める薬を定期投与されることになった。


<鍋@ふぁん小笠原ゲーム歴>
 ①鍋の国の慰安(にならなかった)旅行
  (鍋の国で行った3時間旅行)
 ②鍋ヤガミ復活~小笠原ログ(9/18) 
  (奇跡の治療後、ヤガミの自殺を止める)

 ヤガミ⇒鍋@ふぁん評価 : 友情-1 / 愛情+2


中の人 >鍋@ふぁんさん、こんにちは
鍋@ふぁん> どきどき。入室しておきます
中の人 >芝村さん、こんにちは
鍋@ふぁん> こんばんは。よろしくお願いします。
芝村> こんばんはお願いします
鍋@ふぁん> ヤ、ヤガミは今どんな感じなのでしょう?(どきどき)イベントを迷っています。 
芝村> 今の状況は、かなり安定してるが、時間が空きすぎた。
芝村> 廃人だよ。
鍋@ふぁん> 一ヶ月で廃人ですか@@うう、自分的には急いだんですが遅かったですか・・・・。
鍋@ふぁん> 夜明けの船でも寝たきりとかなのでしょうか?
芝村> ま、頭壊れてるだけだ。死んではいない。
芝村> これ以上の薬の使用は命にかかわる。だから薬はもう使えない。そんな状況だ。
鍋@ふぁん> な、なんとーーー。ヤガミ・・・ごめん。  夜明けの船で会おうかと思っていたのですが、小笠原の風に当てたほうが気分がよくなりそうですかね。
芝村> イベントはどうする?
鍋@ふぁん> ごはんを持ってきたので、お昼時が良いので、お昼休みでお願いします。 
鍋@ふぁん> どこか風が気持ちよくて、安全な場所で。
芝村> 崖の上があるよ
鍋@ふぁん> 言われる気がしました!!崖は安全じゃないですーーーーーー
芝村> 砂浜 
鍋@ふぁん> 入水が心配なので(心配性)どこか、公園とかありませんか? 
鍋@ふぁん> (好き放題言ってすみません)
芝村> ミーアの泉公園があるよ
鍋@ふぁん> ミーア?が何かわからないのですが、落ち着いた場所でしたらそちらで
芝村> OK
芝村> では2分ほどお待ちください
 
鍋@ふぁん> はい。 

芝村> /*/

芝村> こんこんと湧き出す泉の近くに、貴方は車椅子を押してきた。
鍋@ふぁん> そっとヤガミをみつめて様子を見ます。 
芝村> ヤガミは、動きがない。人形のようだ。
鍋@ふぁん> 「いい天気でよかった。風が気持ちいいね」(ヤガミを見つめて、微笑みながらはなしかけます)
芝村> ヤガミは動かない。その瞳は、木と泉を映している。
鍋@ふぁん> 「泉がある。きれいな水・・・。もっと近づいてみようか?木漏れ日も気持ちがいいね。」(やはり微笑んで話しかけます)
芝村> ヤガミは反応がない。
鍋@ふぁん> 「・・・・ヤガミ。来るのが遅くなっちゃってごめん。ごめんね。」(耐え切れなくなってぎゅーします。)
鍋@ふぁん> 「 
芝村> ヤガミの体がガクガク震えだした。
鍋@ふぁん> 力強くぎゅーします。
芝村> 攻略本が震えている。
芝村> 10
芝村> 9
芝村> 8
芝村> 7
 
鍋@ふぁん> さらにぎゅーーーー 
鍋@ふぁん> 攻略本はなんとーーーー
鍋@ふぁん> 「ヤガミ大好きだよ。大好きだよ!!」
芝村> ここで抱きしめるとヤガミは死にます。
芝村> 攻略本は壊れた。
鍋@ふぁん> ぎゅーを取り消します
芝村> もう、おそい。
芝村> だがふぁんの必死の声は、ある程度の力は発揮されたようだった。
鍋@ふぁん> 「ヤガミ大丈夫。ごめん。ごめんね。」(ヤガミから離れます)
芝村> ヤガミの目が、動いている 
鍋@ふぁん> (ヤガミの目を見つめます)
芝村> ヤガミから離れると。
鍋@ふぁん> 「ヤガミ、大丈夫?ごめん、遅れてきたくせに、ヤガミの気持ちわかってあげられなくて。好きなのに。こんなに好きなのに。」
芝村> 攻略本。またつかってもいいよ 
鍋@ふぁん> 今、一冊消費したのでしょうか? 
芝村> ええ。>消費
鍋@ふぁん> あう・・・ミサさんがお許ししてくださいました。も一冊使わせていただきます>国のみんな使いまくってごめん!!
芝村> 使いました。
芝村> 現在自殺防止用に、脳と体の機能を、切り離してるらしいね。
鍋@ふぁん> ???体は自由に動かないということでしょうか? 
芝村> ええ。今ヤガミは、体が自由に動かない。
鍋@ふぁん> ぎゅーすることで、体が自由に動くようになって、自殺しようとしたのでしょうか?
芝村> 攻略本にはそこまで書いてないね。さて、どうしよう。
鍋@ふぁん> ヤガミは話すこともできないのでしょうか?瞳の様子から感情を読み取ることは可能ですか? 
芝村> 話せもしないね。舌噛むから。
芝村> 瞳を見ることは出来る。
鍋@ふぁん> 瞳を見ます。どんな様子でしょう? 
芝村> 意思はありそうだね。
芝村> 悲しくはありそうだが。それがなぜかは分からない
鍋@ふぁん> 「ヤガミさっきは急に抱きついてごめん。驚かせちゃったね。ヤガミに会えて嬉しくて・・・切なくて・・・。気を取り直して、泉のほうにいってみようか?」(瞳を見ながら話しかけます)
芝村> ヤガミは何か言いたそうにも見る。
芝村> じゃあなぜ、1ヶ月こなかったのかと、そう言ってる気もする。 
鍋@ふぁん> (瞳の意思を読みつつ)「遅くなってごめん。一ヶ月もかかっちゃったけど、これが私の最速だったの。ごめん。のろまでごめん!!」 
鍋@ふぁん> (リアルで今日が最速ですよーーー@@)
鍋@ふぁん> 「もっと早くこれたらよかったのに。私もヤガミに会いたかったのに・・・!!」 
芝村> ヤガミは答えない。
鍋@ふぁん> 「ヤガミは私のこと、待っててくれたんだね。ありがとう。早くにこられなくて、ごめん。ごめんね。」(瞳をしっかり見て、誠意を持って話しかけます)
芝村> ”だれかとおなじだ”
鍋@ふぁん> 「ううん、私は誰とも同じじゃないよ。私は私。今回自分の気持ちを行動で示せなかったのは私のせい。」 
鍋@ふぁん> 「でも待って。待って。私、私、ヤガミが好きで。今目の前にいるヤガミだけが大事で、その気持ちだけは誰にも負けない。比べないで。」
芝村> ヤガミからは、反応がない。
芝村> もう駄目かもしれないね。ヤガミは目を伏せた。
鍋@ふぁん> 「誰と比べられようと、私はヤガミを一番大事に想ってる。何度でも言う。好きだよ。大好きだよ。」(目をまっすぐ見つめて言います)
鍋@ふぁん> 攻略本は何か言ってますか@@
芝村> 攻略本にはなにもない。 
鍋@ふぁん> (ヤガミの伏せた目を下から覗いて、想いを込めて見つめます) 
芝村> 見詰めている。
芝村> 10
芝村> 9
鍋@ふぁん> 「ヤガミ、私会い来る。なんどでも。私の精一杯で。」 
芝村> 5
芝村> 4
芝村> 3
芝村> 2
 
芝村> 1
鍋@ふぁん> 「今回精一杯が足りなかったなら、次はもっと頑張る。約束。」
鍋@ふぁん> ヤガミの手を握ります 



芝村> ヤガミの手は冷たい。
芝村> 0
 
鍋@ふぁん> ヤガミの手をさすってあたためます。
鍋@ふぁん> 手を自分の頬に当てます
芝村> ヤガミの目が何か語っているのに気付いた。
鍋@ふぁん> (じっと瞳を見て、それを読み取ります)
芝村> ヤガミの目は、爆笑している、なにかがおかしくておかしくて仕方がないように。
鍋@ふぁん> !?(笑ってくれるのは嬉しいけど、一体!?)
鍋@ふぁん> さらに瞳の奥を読み取ろうとします
芝村> 絶望して、もうどうでもいいやと思ってる気がする。
鍋@ふぁん> 「待って。ヤガミ。お願いチャンスをちょうだい。」
鍋@ふぁん> 「私、口ばっかりで、何の力もないけど、想いだけは本物だから。」
芝村> ヤガミは身体を動かせという目で、貴方を見ている。
鍋@ふぁん> それはヤガミの体でしょうか?どう動かしたいのでしょう? 
鍋@ふぁん> (私に行動で示せという意味でしょうか?)
芝村> スイッチがあるのかもしれないね。ヤガミの体のどこかを動かす
鍋@ふぁん> 攻略本は何か言ってませんか?(心配)
鍋@ふぁん> ヤガミが何で体を動かしたいのか、瞳をじっと見つめます
芝村> ヤガミは動かしても死ぬことはありませんとある>攻略本
鍋@ふぁん> 自殺もしないということでしょうか?>攻略本(心配性)
芝村> ええ。自殺はない。
鍋@ふぁん> ヤガミを信じて、ヤガミの意思を尊重したいです。もしヤガミが不穏な動きに出たら全力でとめます。自分に何かされてもいい。
芝村> OK.
鍋@ふぁん> スイッチを探します。ヤガミを信じて、覚悟を決めて(スイッチを探しつつもヤガミを見つめます) 
芝村> 貴方は神経の接続を回復させた。 
芝村ヤガミ:「……」
芝村ヤガミ:「ありがとうというべきだな」
鍋@ふぁん> 「・・・気分は大丈夫?」
鍋@ふぁん> (一応スイッチから手を離しません)
芝村ヤガミ:「ああ。爽快だ。すっきりした」
鍋@ふぁん> 「大丈夫?ヤガミ。」
鍋@ふぁん> (心配でみつめます)
鍋@ふぁん> 「体、大丈夫?」
鍋@ふぁん> (ヤガミの様子を観察します)
芝村ヤガミ:「大丈夫だ、問題ない」
鍋@ふぁん> 「どこも痛くない?」
芝村> ヤガミの瞳は絶望の色を讃えているが、もはや死ぬ気はないようだ
鍋@ふぁん> (ヤガミを支えるように側に立ちます)
芝村> ヤガミは貴方を無視した。
鍋@ふぁん> 「ヤガミ。私、こんなダメな私だけど。あなたの側にいたい。力足らずだけどささえたい。」
芝村ヤガミ:「必要ない」
鍋@ふぁん> (無視をされても、側にいます)
芝村ヤガミ:「だが、礼だけは。ありがとう。俺は何か色々勘違いをしていた。滑稽だな。本当に。現実に気付いていい気分だ」
鍋@ふぁん> 「私にはヤガミが必要です。そして、あなたがみんなの星であるように。あなたの星になりたい。あなたに必要とされなくても」
鍋@ふぁん> 「ううん。勘違いなんてしていない!!私の力が足りなかったの。でも、でも、私・・・、今よりもっと頑張る。」
鍋@ふぁん> 「ヤガミを傷つけないように強くなる。」 
芝村> ヤガミは耳を貸さないで、ゆっくり歩き出した。何かを考えながら。
鍋@ふぁん> 「今は力が足りなくても。私は、私は、あなたを支えたい。」 
鍋@ふぁん> (ついていきます)
芝村> 貴方の声は、むなしく響いた。


芝村> /*/ 

芝村> おめでとう。ヤガミは復活した。もはや誰の力も必要ない。
鍋@ふぁん> orz
鍋@ふぁん> 絶望をひどくしてしまいました・・・。
鍋@ふぁん> ヤガミの心に星をともしたかったのに・・・。何でもぎゅーすりゃいいってもんじゃないんですね・・・。 
鍋@ふぁん> 攻略本も教えてくれたのに・・・。死ぬ気もしないほどの絶望って・・・。ヤガミーーー
芝村> まあ。いいんじゃないかな。
芝村> 愛情はかせゲルけど、死んだらどうしようもない 
鍋@ふぁん> そう言ってもらえると・・・、でも心がひどいことに・・・!!
鍋@ふぁん> このヤガミはもう自殺することはないのでしょうか?
鍋@ふぁん> (次になにかやらかしそうで、心配です) 
芝村> ええ。もう自殺はないね。脱藩はした。
鍋@ふぁん> 鍋の国からいなくなっちゃったんですか!?
芝村> ええ>ふぁん
鍋@ふぁん> 攻略本バンバン使っておいて、国のみんなになんて謝れば・・・orz 
鍋@ふぁん> 呼べばまた会えますか? 
芝村> あえるね。
芝村> 友情、愛情はあらゆるキャラに-4-4だ。別のよんだほうがいいんじゃない。
鍋@ふぁん> その時は、余分に10マイル・・・かかるんですよね?(ヤガミを呼ぶたびマイルすっからかん)
鍋@ふぁん> あらゆるキャラ!?みんなごめん・・・!!これは、他国の方が呼んでいるヤガミにも関係ありますか?
鍋@ふぁん> 会いに行くと自分勝手に約束したのに、会いにいきます。このままじゃ、ヤガミがあんまりだ・・・。
芝村> これは、他国の方が呼んでいるヤガミにも関係ありますか?>いいえ
鍋@ふぁん> ほっ 
芝村> まあ、でも、喪失感で胸は一杯だけど、いい気分だとは思うよ。後は、強くなるだけだ。 
鍋@ふぁん> ど、どんなヤガミになるんだろう・・・。き、嫌われていても良いので、陰からサポートしたいです。
鍋@ふぁん> 今回の-4で、私、友情-5、愛情-2になるんですが、-のマックスも4ですか?@@
芝村> -のマックスも4
芝村> -4-2
鍋@ふぁん> おお!!でもすごく嫌われていることに変わりなし・・・・。
鍋@ふぁん> 今回の敗因は、来るのに1ヶ月もかかってしまったことでしょうか?ゲームでもやってはいけないことをやってしまってましたか?(教えていただけるなら、今後の参考に)芝村> 1月かかったのはたしかに。最初に愛情高い奴とか色々いってたんだけどね。
芝村> ゲーム中の発言は空虚に響いてよかったよ。
鍋@ふぁん> 空虚・・・・orz
鍋@ふぁん> 次回このヤガミに会うには20マイル必要なんですよね?
芝村> ええ。20マイル。

(以下はゲーム外の話になるので割愛)

 


 現在のヤガミ⇒鍋@ふぁん評価 : 友情-4 / 愛情-2