※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#setlinebreak

ストーリー・考察 アーマード・コア マスターオブアリーナ [#i1b65de8]



STORY [#aa31b7ec]

取扱説明書より [#ad0b98d0]

※PSone版の説明書を元にしています。

『大破壊』と呼ばれる最後の国家間戦争によって、人類は地上からその姿を消した。
災厄を生き延びた僅かな人々は、破壊されつくした地上を捨て、
その住処を地下へと移していった。膨張した人口を支えるべく、
各地に建造されていた地下都市が、人類に残された大地となったのである。
人はその始まりの時と同じく、自らの過ちによって楽園を失った。
半世紀後、人類はふたたび繁栄を迎えていた。
『国家』という概念は既に無く、それに代わって人々を導き、あるいは支配したのは『企業』だった。
自由競争の名の下の苛烈な競争の原理は、世界を急速に回復させはしたものの、
それに伴う歪みも、また確実に増幅していった。支配者となった『企業』はより強い権力と金を求め、
そこに争いは絶えることはなかった。
企業が全ての力を握る世界。ただ一つだけの例外を除いて。
報酬によって依頼を遂行し、何にも組みしない傭兵、彼らは『レイヴン』と呼ばれていた。

地下世界有数の規模を誇る複合都市『アイザック・シティ』において、
2つの巨大な企業が市の支配権を巡る争いを繰り返していた頃、
テロリストによる大規模な事件が発生。一般の住民を巻き添えにし、事態は最悪な状況を迎えることとなった。
飛び交う銃弾の中を逃げまどった一人の青年が騒乱の後に見たものは、
いつの間にかはぐれてしまった家族の無残な死体であった。

『レイヴン』 『赤と黒の機体』 『⑨のエンブレム」
テロリストもろとも彼の家族を射殺したという憎むべき相手に関して、彼が知り得たのはそれだけしかなかった。
数ヵ月後、青年はネットワーク上である一人の存在を知る。
その人物は元レイヴンであり、今はそのレイヴンを志す者へのマネージメントを行っていた。
家族を殺したレイヴンを探し出し殺す。そのため、自らもまたレイヴンとなることを決意した。
ここにまた、数奇な運命のもとに一人のレイヴンが登場した。

公式サイトより [#v349caa2]

主人公は大規模なテロに巻き込まれ、家族を失ってしまう。
家族を殺したACを探し出し仇を打つために自らもレイヴンとなった主人公は、 ネットワーク上で知った人物ラナ・ニールセンのマネージメントの下、 数々のミッションをこなし、実績をあげていった。

ある日、依頼を遂行した主人公の前に突如家族を奪った憎むべき相手が現れた。
そのACの名は最強レイヴン「ナインボール」。

宿敵「ナインボール」を追う主人公。
その裏で動く巨大な組織の存在。
そして、全てを支配するそのモノの正体とは?

オープニング字幕 [#bffa5961]

「レイヴンになりたいのか」
ネットワーク上で出会った女性、ラナ・ニールセンはそう彼に告げた

肉親を奪われたあの日から消えることの無い、赤いACの姿
憎むべき敵

彼は自らに示された道を歩き始めた

勢力状況 [#wf00720d]

レイヴンズ・ネスト [#s5b18c36]

プログテック [#fec3d028]


考察コーナー [#fa7c4500]

#article

|