※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#setlinebreak

ストーリー解説・考察:アーマード・コア ネクサス[#u8705889]

アーマード・コア、新生! ――その意思が、すべてを変える。


プロローグ [#x9f5a5fc]

公式サイトより [#w90ae2d6]

人類が地上に進出してから、長い年月が流れた――

復興を目指し 新たに設立された
企業群管理機構(OAE)は
生存基盤の安定と共に、
力を取り戻した各企業体の思惑によって
その存在意義を失っていった。

復興を機に、急速に力を伸ばし始めた
新興企業「ナービス」社

その力の源である「資源」をめぐり、
新たなる対立が始まろうとしていた。
&br;
  • この文章を見るに、開発当時から3系とのリンクが考えられていたものと推察できる。

オープニングムービー [#s18ff656]

荒廃の末にたどり着いた
「企業」が支配する社会

そこで繰り返される
利権を奪い合う争い

新興企業ナービスが発見した
「資源」は新たな争いの火種となり

やがて巨大企業が先を争って
この辺境をめざした

企業からの報酬で依頼をこなす
レイヴンと呼ばれる傭兵

終わりなき争いの時代は
彼らを中心に回っていた


新資源紛争を振り返る [#t61838d9]

依頼内容説明がなくなり、複雑な分岐も加わってこれまでのシリーズ以上にシナリオの流れが把握しにくいネクサス。
トピックスの「コンタクト・リポート」を中心に、関連するミッションをまとめる形で振り返る。

※分岐が複雑であるため、以後の記載事項は必ずしも時系列順ではありません。

ゲームスタート ~ メール「勢力状況整理2」まで [#b72191d0]

各勢力の状況
ナービス・・・高山と砂漠が広がる自領にて「新資源」を発見、躍進する。
ミラージュ・・・勢力トップ。ナービスの「新資源」奪取を狙い、調査名目でナービス領に侵入。
クレスト.ind・・・勢力No.2。表向きは静観するも、裏でナービスを支援?(ナービス側戦力はクレスト製品中心)
キサラギ・・・勢力No.3。ナービスと提携し、「新資源」などの旧文明に接近。
OAE(企業管理機構)・・・ミラージュの独断を許すばかりか、協力まで行う羽目に。
レイヴンズアーク・・・ナービス領方面の情勢悪化に伴い、ナービス領での事業強化を行う。
+ ① : ミラージュ進撃

メール「勢力状況整理3」まで [#kf02cf99]

各勢力の動向
ナービス・・・OAEとの交戦、キサラギとの提携解消、更にテロリストの攻撃を受ける危うい状態。頼みの綱はクレストのみ。
ミラージュ・・・OAEに採掘場への突破口を開かせながらコイロス浄水施設を占拠、侵攻準備を着実に整える。
クレスト・・・部隊をナービス領へ進出させた後に新型MTのテストを行うなど、不穏な空気を漂わせる。
キサラギ・・・ナービスと決別してミラージュの敵となることを回避、独自の路線を突っ走る。
OAE・・・可哀想なまでにミラージュに利用される。高官まで暗殺され、最早完全に形骸化?
テロリスト集団・・・夜間戦闘演習、発電施設への攻撃など、ベイロードシティへの侵入を図る。

+ ② : OAEの慨嘆

メール「勢力状況整理4」まで [#n989d8d9]

各勢力の動向
ナービス・・・主部隊が採掘場まで追い込まれる中、クレストの裏切りによりベイロードシティが陥落。風前の灯火に。
ミラージュ・・・実質的な支配下にあったベイロードシティを失いながらもナービス攻撃を続行。勝利は時間の問題か。
クレスト・・・ミラージュに仕掛けたのもつかの間、なんとベイロードシティを攻撃、占領。遂に本性を表わす。
キサラギ・・・相も変わらず新資源研究に邁進。
OAE・・・ルガ峡谷の戦いにより大きく疲弊。もうその名を聞くことはないのだろうか?

+ ③ : 牙を剥くクレスト

アーク改革まで [#z4d79ec8]

各勢力の動向
ナービス・・・各地で熾烈な追撃を受け、沈黙。和平提案にも答えない彼らの思惑は何処に?
ミラージュ・・・ナービス・クレストの2方向からの攻撃に耐え、遂に採掘場を掌握。
クレスト・・・長期化する戦況に疲弊、遂にナービス領撤退を決意するも、命令に従わない前線支社と本社の間に内乱が勃発。
キサラギ・・・代表が突如和平を提案したと思えば、新型機による攻撃。社内の過激派が主導権を握ったようだが・・・?
OAE・・・キサラギ代表の和平提案に喚起され、遂にミラージュに一矢報いようとする。
レイヴンズアーク・・・首脳陣のまさかの不正が発覚。ジャック・Oの手による大改革が行われる。

+ ④ : 迷走するキサラギ

最終局面 [#c1041b9e]

各勢力の動向
ナービス・・・不屈の意志で潜伏していたナービス。しかしその意思は、制御できないレベルに達してしまっていた。
ミラージュ・・・ナービスは沈黙、クレストは撤退。このまま行けば最後の勝利者となる筈だったのだが・・・
クレスト・・・長期化する反乱は確実に力を殺いでいった。最後まで抵抗するトップランカーは、何を想い戦うのか。
キサラギ・・・貪欲に知識を求める末端組織が暴走、禁断の扉を開いてしまう。

+ ⑤ : ナービス社の斜陽

&br;
+ Final : UNKNOWN来襲

&br;&br;
To be continued, ARMORED CORE LAST RAVEN
&br;&br;

考察コーナー [#i682a07d]

#article

無題 [#y1b65f6a]

blitz (2010-04-11 (日) 01:09:23)~
~
旧考察におけるエヴァンジェの行動見てると自民党を脱出したつもりが数年後にはちゃっかり戻ってきてる議員と同じようで生々しいやりとりだ~
特に「以前の事は水に流してやるから」のあたりとか~

  • 勢力状況の項目いるだろうか・・・新資源紛争を振り返るを読めば劇中の状況は理解できそうだし、開始時の状況なら登場人物の欄で分かるんじゃないだろうか

#comment_nospam

+ 旧コメント欄

|