※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リモート・デスクトップで接続すると、それぞれの「セッション」ごとに固有のユーザー環境が用意される。
セッションとは、ユーザーごとに用意される画面やキーボード、プロセス空間などの環境へ接続した状態のことを指す。
リモートからログオンしたユーザーに対しても仮想的なコンピュータ環境が用意され、
実際の物理コンソールの状態には関係なく、独立してコンピュータを利用できる。
実際の物理的なコンソールから利用しているセッションのことを特に「コンソール・セッション」といい、
リモートから接続しているセッションのことを「リモート・セッション」という。

セッションは、Windows XP Professionalでは同時に1セッションのみが利用でき、
Windows Server 2003の「管理用リモート デスクトップ」モードでは、
同時に最大3セッション(1コンソール・セッション+2リモート・セッション)まで利用できる。

mstsc /console




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。