※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CALには「同時使用ユーザ数モード」、「使用デバイス数または使用ユーザ数モード」の2種類があり、
いずれかを選択します。

同時使用ライセンス の形態でインスタンスを利用中であれば、コントロールパネルの[ライセンス]という項目で割り当てられた CAL の数を一応は確認できます。

LLSが実行されていないと、ライセンスを追加できない。



CAL の状況を把握するために ライセンス ログ サービス (LLS) という仕組みは用意されてはいますが、問題の多いツールです。

問題が多すぎて、2003ではデフォルト無効、次期バージョンでは削除される
という状況のツールですね。
http://support.microsoft.com/kb/824196/


少数のサーバ環境で、アクセス要求が限られている場合には、CAL を取得するとき、多くの場合、「同時使用ユーザ数モード」を選択すると最も経済的です。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。