※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クライアントからOracleデータベースに接続するには、クライアント側のOracle Netを構成し、
リスナーと接続できるようにします。
Oracle Netの構成では、ネーミングメソッドによってOracleデータベースの識別方法を設定します。

ネーミングメソッド
ローカルネーミング クライアント側のローカル構成ファイル(tnsnames.ora)を使用する
簡易接続ネーミング TCP/IP接続にて、ホスト名、リスナーポート、データベースサービス名を使用する
ディレクトリネーミング LDAP対応のディレクトリサーバで管理された情報を使用する
外部ネーミング Network Information Service(NIS)などで提供される外部ネーミングサービスで管理された情報を使用する

どのネーミングメソッドが有効になっているかは、$ORACLE_HOME/network/admin/sqlnet.oraファイルで確認できます。

NAMES.DIRECTORY_PATH= (TNSNAMES, EZCONNECT)

上記ではローカルネーミング(TNSNAMES)と簡易接続(EZCONNECT)が使用可能になっています。

『ローカルネーミング』
Oracle Netで サービス名(=接続文字列)を設定、もしくは、tnsnames.oraを編集する。
UNIX) 
$ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora
Windows)
%ORACLE_HOME%\network\admin\tnsnames.ora

簡易接続ネーミングメソッドを使用している場合は、ファイルの構成は必要ありません。次の構文にて接続することができます。
connect ユーザー名/パスワード@ホスト名[:リスナーポート]/サービス名

リスナーポートは、デフォルトの1521を使用している場合は省略できます。サービス名には、データベースのservice_names初期化パラメータで指定された値を使用します。



リスナー


ネットワーク接続のための、Oracle Netのサーバ側プロセス。
デフォルトではサーバの$ORACLE_HOME/network/admin/listener.oraファイルで構成します。

Oracleソフトウェアのインストール時に、Oracle Universal Installer(OUI)でデータベース作成も行っている場合、リスナーはそのデータベースに接続できるように構成されています。デフォルトで構成されているリスナーには次の特徴があります。

  • リスナー名:LISTENER
  • ポート:1521

OEMの「ネットサービス管理」ページを使用する場合は、リスナー構成だけでなく、リスナー起動を行うことができます。

コマンドラインからリスナーを起動するには、リスナー制御ユーティリティ(lsnrctl)を使用します。
$ lsnrctl start [リスナー名]

デフォルトのリスナー名は「LISTENER」です。startだけでなく、stop(停止)やstatus(ステータス確認)などもリスナー制御ユーティリティで実行できます。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。