※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   △参照整合性制約をつけよう(表作成後)
   alter table 表名 add constraint 制約名
          ~~~~子表ね      ~~~~~~好きな名前
   foreign key(子表の列) references 親表名(親表の列);

   △各制約に関して
   ・PRIMARY KEY
      ・NOT NULL制約とUNIQUEキー制約が設定される
      ・自動的に索引(index)が生成される
      ・1つの表に1つだけ設定できる

   ・NOT NULL
      ・NULL値の入力にエラーを返す
      ・列制約構文でのみ設定できる

   ・CHECK
      ・入力値に対して明示的に条件を指定

   ・UNIQUE
      ・一意性を持つ
      ・自動的に索引(index)が生成される
      ・NULL値はいくつでも入力可能

   ・FOREIGN KEY
      ・親表名を変更しても制約は有効
      ・親表を削除するときは
      drop table 親表名 cascade constraints;


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。