※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Oracle Database 10gのデータベースには、Webブラウザからアクセスする管理ツール、Oracle Enterprise Managerが用意されています。
Oracle Enterprise Managerでは、
  • Grid Control
  • Database Controlの2種類の環境を構成できます。

Database Controlでは、1つのデータベースに対して1つ用意されるdbconsoleプロセスが管理を行います。

dbconsoleを起動するには次のコマンドを実行します。
$ emctl start dbconsole

実行前に
set ORACLE_SID=ORCL
で、ORACLE_SIDの環境設定が必要です。

dbconsoleプロセスが起動していれば、ブラウザからDatabase Controlにアクセスできます。
使用するポートは、
emctl start dbconsole
emctl status dbconsole
コマンドで確認できます。

また、$ORACLE_HOME/install/portlist.iniファイルからも確認できます。
Enterprise Manager Console HTTP Port (orcl) = 5500

1つ目のデータベースは5500、2つ目以降は5501、5502のようにポート番号が割り当てられます。
http://hostname:5500/em

接続すると、ログイン画面が表示されます。初期状態でアクセスできるのは、SYS、SYSTEM、SYSMANのいずれかです。SYSの場合は、SYSDBA接続モードで接続します。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。