ストーリーモード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリーモードは商品の売値が倍となっており難易度は低い。
ここではゲームの流れに沿った説明をおもとする。

  • 販売パート(1日目)
開店前に商品の陳列を行う。
商品棚が4つ、商品が3種類なので全種類並べておこう。
もう1つは売値の高いバスタードソードより、人気のあるロングソードか鋼の槍のほうがよい。
開店したらレジと陳列を行う。
優先するのはレジ。客を待たせておくと買ってくれずに帰ってしまう。
客は数人ごとにまとまって訪れるので、いったん客がいなくなるとを見てから商品を補充しよう。
王様は上客。必ず欲しがっている商品を並べよう。
上手くいけばルーレットが当たって得をするが、これはオマケと考えよう。

  • 準備パート(1日目)
ギルドと鍛冶屋にいくことができる。
1日目は具体的な手順を書くので、この通りに実践してほしい。

まずは鋼材と石を購入する。
これらで開発可能な武器は常時10本ずつ用意しておきたい。
よって最初から手持ちにある鋼材は買わず、石を各20個購入する。
鍛冶屋に行き、ロングソード、バスタードソード、鋼の槍を10本ずつ作成する。
左の机を調べ新しい武器を作成できるようにする。
サラマンドソード、フリーズブレイド、雷鳴剣、火炎槍、アイスランス、サンダースピアを開放する
鍛冶場で上記武器を各10本作成する。
ギルドへ行き、真ん中にいる愛国騎士団長に話しかけ、火炎槍、アイスランス、サンダースピアを
渡して14,000リルを入手する。
画面右の機械に話しかけ、商品の補充を自動化する。
上にいるパートに話しかけ、レジを自動化する。
中央上にいる大工に話しかけ、店を拡張する。
拡張は費用が高く、機械などの値段が上がるが、初期状態では狭すぎるので初日に拡張したい。
これで陳列棚が7個となる。
鋼材と石で作成できる武器は9種類なので7つでは足りないが今は我慢する。
もう一度拡張すると陳列棚が10個となるので早めに拡張したい。
素材の仕入れ依頼は何をすればいいのか悩むところ。
1日目はウーツ鋼8個、ダマスカス鋼7個、ミスリル2個を依頼する。
これは愛国騎士団長の依頼をスムーズにこなすための準備である。
これで17個分の依頼を出せるが残り3つ依頼できる。
好きに選んでよいが、オリハルコンはやめておいた方が良い。
オリハルコンで作成する武器は開放がやや難しいので、しばらくは放置でよい。
あとは左にいるレアアイテム探索隊や右にいる宣伝屋がいるが、初日は無視で構わない。
銀行はものすごい暴利なので、絶対に使用しないこと。

  • 販売パート(2日目以降)
レジ横の箱を調べ、商品を陳列する。
手動で行ってもいいが面倒なので自動陳列でよい。
レジと陳列は自動で行ってくれるので、開店中は王様の欲しがる商品の陳列のみ注意する。
なおサブボタンでゲームスピードを上げられるが、レジが追いつかないのでほどほどにしておくこと。

  • 準備パート(2日目以降)
依頼していた素材を受け取る。
愛国騎士団の依頼(ロングスピア3本とクレイモァ5本)をこなす。
前日に材料のウーツ鋼を8個依頼していたので全部使ってしまってよい。
以降、愛国騎士団長の依頼を優先的にこなしていこう。
1日目で依頼した素材以外にウーツ鋼が必要になるので、毎日依頼しておこう。

さて、資金の使い道だが、まず機械とパートは最優先で雇おう。
次に鋼材と石で製造できる武器の在庫を確認する。
それぞれ10本ずつあればよい。
几帳面に10本ずつちょうどそろえるのも面倒なので、10本単位で作っていって問題ない。
次は素材の依頼を行おう。
愛国騎士団長の依頼に必要な鋼材(ダマツカス鋼とミスリル)は初日に依頼済みである。
オリハルコンやレア素材はまだ必要ないので、ウーツ鋼、ダマツカス鋼、ミスリルだけ依頼しよう。
分量は好きな割合で構わない。ただ日数の短縮はしないようにしよう。費用が2倍、3倍とかかってしまう。
資金に余裕があれば店の拡張を行おう。
最後に余った資金でレアアイテムの探索依頼や店の宣伝を行う。
宣伝は無理に最大の宣伝を行う必要はないので、資金と相談して決めよう。
なお、資金は全額使い切らなくてもよい。
店舗拡張はかなり高額(100,000リル)なので、翌日に資金を残しておくことも考慮しよう。
銀行、闇取引、素材交換はどれもレートが悪いので無視してかまわない。

  • 資金の使い方のまとめ
素材購入>素材依頼>機械(陳列自動化)>パート(レジ自動化)
ここまではほぼ必須
宣伝、レアアイテム探索、レアアイテム情報、店舗拡張は資金と相談しながら少しづつ行おう。

  • 仕入れについて
鋼材、石で作成できる武器を切らさなければ攻略上問題ない。各10本づつ準備しよう。
ウーツ鋼、ダマツカス鋼、ミスリルで作成できる武器は愛国騎士団の依頼を優先しつつ
作ったものはどんどん売ってしまってよい。
オリハルコンやレア素材からできる武器はとりあえず無視でよい。
剣は攻撃力が高め、槍は販売価格が高めだが、ほとんど差はないのでまんべんなく作るとよい。

  • 人間編に入ったら
在庫がいったんリセットされ、50,000リル持った状態で再スタートする。
まずは武器マニアの依頼を受ける。
素材はウーツ鋼4個、ダマスカス鋼7個、ミスリル4個、オリハルコン5個を依頼する。
これも武器マニアの依頼を優先した場合の解の一つである。
店は陳列棚8個とそこそこ広いので、店舗拡張は急がなくてもよい。
機械、パートは優先的に雇うこと。まもるくんは雇わなくてよい。

販売パートでは泥棒が出てくるようになる。
決定ボタンで話しかけると音が鳴るで、それで万引きをしなくなる。

  • 人間編の方針
クリアするだけならレア武器は無視でも大丈夫。
それどころか鋼材、石で開発できる武器を切らさないだけでクリア可能。
それでは面白くないので、いろんな武器を開発して売るといいだろう。
人間編は長いので、オリハルコンやレア素材も仕入れていい。
どのレア武器が良いかはレア武器考察を見るといいが、好きなものを仕入れてもかまわない。
店拡張はとりあえず1段階拡張(商品棚12個)はしておきたい。
中盤以降、もう1段階拡張もしたいが、それ以上はしなくてもよさそう。
資金を見ながら好みで判断してよい。
募金は積極的に行いたい。依頼回数を増やせるので後半が有利になる。
宣伝をしてなお資金が余るようなら募金に回そう。
まもるくんは必要ないが、泥棒対処が面倒なら雇おう。

経営が安定し、プレイになれたころでクリアできるだろう。