飛苦無


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

飛苦無 ~Tobikunai~


基本スペックと定義


全長 18cm以下
重量 0.1~0.5kg
地域 日本
年代 14~19世紀

苦無」を投擲用に改良した武器が飛苦無である。
和釘からハンドメイドで作られるもので、元々規格品でもないし構造上の問題で重心は安定していない。
そのためか投擲をして命中させることは難しい。




部位別の呼称


切先:(Point)
剣身:ブレイド(Blade)
握り:グリップ(Grip)
柄頭:ポメル(Pommel)





使用用途


投擲用のものだが、射程距離は10~30m程。
投擲すること自体が難しい武器だが、咄嗟の不意打ち攻撃や刺突等での暗殺には向いている。
だがどの道、高度な技術を要求される武器なので、完全に使いこなすには長期の訓練が必要であろう。





2009年 3月30日更新

参考文献

  • ウェブサイト

  • 文献
新紀元社      武器と防具 日本編  戸田藤成    著
幻冬社コミックス  図説 武器だもの   武器ドットコム 著
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。