ウォシェレ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォシェレ ~Woshele~


基本スペックと定義


全長 40cm~50cm
重量 0.5~0.7kg
地域 アフリカ
年代 14?~20世紀

ウォシェレは南ザイールのルケニエ川とサンクル川に居住するンクツシュ(Nkutshu)族が用いた投げナイフである。
同時に彼らの部族の戦士の証となっている。
アフリカ大陸の投げナイフの特徴は、3つの刃があることで、ウォシェレもその特徴に当てはまっている。





部位別の呼称


切先:(Point)
剣身:ブレイド(Blade)
握り:グリップ(Grip)





時代背景


ザイールが西欧の歴史に登場するのはコンゴ王国の登場する14世紀以降。
近隣に数々の有力国家が隣接していた時代なのだが…
ンクツシュ族が居住していた区域については不明な点が多い。
また、本当にウォシェレが3本刃だったかも実際は不明。
何せ、20世紀初頭に紹介されたものなので、起源自体も多分14世紀と曖昧だからである。





使用用途


回転させるように投げれば、3つの刃のいずれかが突き刺さる。
ウォシェレはいろんな形状があるのだが、基本3つの刃が枝分かれしているので刺さりやすい構造になっている。





2009年 4月28日更新  2008年 9月8日 画像差し替え+追記

参考文献

  • ウェブサイト

  • 文献
新紀元社      武器辞典      市川 定春   著
幻冬社コミックス  図説 武器だもの  武器ドットコム 著
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。