靖国神社


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

靖国神社 ~遊就館 展示室~



入場料  一般個人:800円 大学生:500円 中学生・高校生:300円 小学生:100円
撮影可否 不可

※その他詳細は公式HPにて。


レビュー


東京旅行の際、一番最初に行った場所です。

まず最初にこれを書かざるを得ない。
靖国神社と言えば靖国問題で何かと海外メディアに悪く書かれている場所ですがとんでもない。
確かにA級戦犯合祀をしていることで叩かれまくったりしています。
しかし、遊就館においては戦争が如何に悲惨なものか、その詳細が語られている。

散っていった多くの命について語るとともに、こんな悲劇を繰り返さないようにしないといけないと強く語りかける場所が、遊就館である。
(内容についての詳細は、実際見に行っていただきたいと思うので省略する)
はっきり言ってマスコミや海外メディアがこの場所の存在を伝えないのはおかしい。
靖国神社は決して「戦争を肯定した場所」ではない。
過去を正しく伝え過ちを繰り返していけないと、強く訴えかける場所である。
マスコミを鵜呑みにせず、武器好きとか第二次大戦好きとかそういうものも関係なく、日本人なら一度は見に行くべき場所だと思う。
と、ちょっと熱く語ってしまったが、それぐらい胸に突き刺さるような内容が多かった場所でしたよ。

さて、ブキペとしての武器レビューですが。
非常に状態のいい刀剣が展示されており、野太刀だけでなく槍や薙刀まで常時見れるのは非常にうれしいところ。
また遊就館の名物と言える「包丁正宗」という、片手じゃ絶対持てない太さの脇差がとてつもない存在感だった。
彫りといい、その分厚さといい、本当に驚くばかりである。
他には豪華な装飾の元帥刀や第二次大戦等、近年の戦いで使われた軍刀が多いのが特徴である。
更に第二次大戦関連の所蔵物として、大砲や固定砲台なども数多く展示されている。
そっち方面が好きな人にはすごくいい場所かと思う。


それにしてもこの日は、いろんな意味で考えさせられた一日だった。


もっと分かりやすい場所に「遊就館図録」(遊就館の総合パンフレットのようなもの)置いてくれよ…とかw
おかげで他にも刀剣本買っちゃったじゃないか!畜生!w
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。