バルディッシュ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バルディッシュ ~Berdysh~


基本スペックと定義



全長 120~250cm
重量 2.0~6.0kg
地域 東ヨーロッパ
年代 16~18世紀


刃渡り60~90cmほどもある巨大な斧頭を持つ武器をバルディッシュと呼ぶ。
どちらかというと戦斧と言う感じで、実際斬撃では恐るべき威力を誇ったと言われている。
斧頭の穂先はソケット式か貫通式の柄頭と、ランゲットという補強帯によって太めの柄に固定されている。
稀に儀礼用として刃渡り150cmもあるバルディッシュも使用され、それは別名「大使」と呼ばれている。





部位別の呼称



斧頭:アックス・ヘッド(Ax Head)
斧刃:アックス・ブレード(Ax Blade)
柄:ポール(Pole)






時代背景



特に東欧で使用され、モスクワ大使館の歩兵部隊用として「短いもの」と呼ばれ、大きめの戦斧として使われていた。
この頃はまだ柄が短く、銃器の発達とともにだんだんと柄が長くなっていったという。





使用用途



単純に斧のように振り回す、打ち下ろすことで、その巨大な斧頭が襲い掛かり、絶大なダメージを与える。
突くことは重量とバランス的に難しいだろう。
銃器が発達したときには、地面に柄を突き刺して固定してから構えるという、パイク戦術のような使用方法をしたとも言われている。
また、騎兵用のバルディッシュも存在し、これは斧頭も小さく、振り回しやすい柄の長さだったと言う。





使用禁止令が出されたほどの威力



真偽は定かではないが、牛を一刀両断したほどの威力があったといわれ、そのデマのせいで(?)法王庁から使用禁止令が出たと言う逸話もある。

また、最近では某アニメの影響で名前だけはすっかり有名になっている。
しかしこの武器はあのバルディッシュのように、鎌や両手剣に変形しないし、ダンディーな音声を発することも無い。
ついでに遺伝子操作されているとはいえ、9歳の幼女に振り回せる代物でも無い。
バルディッシュとは、「長柄の戦斧」だということはどうか忘れないでおいて欲しい。





2007年 10月7日更新  2008年 9月19日 画像差し替え+追記

参考文献


・ウェブサイト

wikipedia

・文献

新紀元社        武器事典          市川定春      著
新紀元社        武器と防具 西洋編     市川定春      著
新紀元社        図解 近接武器       大波篤司      著
ダイヤグラム・グループ 武器―歴史、形、用法、威力 田島優 北村孝一 著
幻冬舎コミックス    図説 武器だもの      武器ドットコム    著






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。