ウォー・ハンマー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォー・ハンマー ~War Hammmer~


基本スペックと定義



全長 50~200cm
重量 1.5~4.5kg
地域 ヨーロッパ
年代 13~17世紀


戦闘用の金槌をウォー・ハンマーと言う。
ハンマーの語源は「石で作られた武器」であり、流木に石をくくりつけただけの、石器時代の武器がウォー・ハンマーの祖先である。
広義の意味では木槌とかもウォー・ハンマーになるのだが、今回は中世ヨーロッパで使われた金属製の槌頭を持つウォー・ハンマーを解説する。
柄と直角になった柄頭のどちらかがハンマーのような槌頭に、もう片方が鉤爪のように尖っているのが特徴である。
先端に槍のような穂先と、槌頭が大きくなると「ホースマンズ・ハンマー」に、鉤爪部分が鶴嘴(つるはし)のように細長くなると「ウォー・ピック」となる。
更に、「ホースマンズ・ハンマー」、「ウォー・ピック」の両方の特徴に加え、槌頭がくちばしのように鋭利な棘が付いた「ベク・ド・コルバン」という派生も存在している。





部位別の呼称



槌頭:ハンマーヘッド(Hammer Head)
錨爪or鉤爪:フルーク(Fluke)
柄舌:ランゲット(Langet)
柄:ポール(Pole)
石突:バット(Butt)






時代背景



当初は2m程の長柄武器として歩兵に使われたのが始まりで、槍にいくつかのスパイクをつけたものが当初のウォー・ハンマーだった。
15世紀ごろには金槌のような形状になり、80cmほどの長さになる。
この金槌状のものがCGのタイプのものであり、下馬した騎士達に使われたり、トーナメントにおいて使われたと言う。





使用用途



メイスと似た性質を持っているので、どちらかの槌頭で殴打するといいだろう。
金属鎧を凹ますほどの強烈な打撃か、金属鎧を突き破って貫通する打撃、どちらも強力である。
金属鎧全盛期の時代において、金属鎧に対して有効なダメージを与えられるこの武器は、戦場において心強い武器だったであろう。





2008年 9月21日更新

参考文献


・ウェブサイト

wikipedia

・文献

新紀元社        武器事典          市川定春      著
新紀元社        武器と防具 西洋編     市川定春      著
新紀元社        図解 近接武器       大波篤司      著
ダイヤグラム・グループ 武器―歴史、形、用法、威力 田島優 北村孝一 著
幻冬舎コミックス    図説 武器だもの      武器ドットコム    著






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。