※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一.風が伝える 海の音
  汐の香と 磯の幸
  天野原にて ございます
  (ハァ、ドッコイ。ヤァヤ、ソレソレ)
  糸を垂らして 網を引き
  舟を漕ぎ出す 男衆
  肌に浮いたる 塩の白

二.甘く薫るは 山の華
  田には黄金の 穂がなびく
  天野原にて ございます
  (ハァ、ドッコイ。ヤァヤ、ソレソレ)
  約束された 豊穣の
  彩なす実り 摘む婦
  天の恵みと 地の縁

三.遠く見ゆるは 人の波
  今日も今日とて 祭りの日
  天野原にて ございます
  (ハア、ドッコイ。ヤァヤ、ソレソレ)
  耳に響くは 歓びの
  鼓の音色 笛の声
  瞳に映りし 頬の紅

四.四季の流れと 瀬の流れ
  流れ変わらず 故郷の
  天野原にて ございます
  (ハァ、ドッコイ。ヤァヤ、ソレソレ)
  雪が降り積む 雨も降る
  夜の帳に 星も降る
  朝に見上げる 陽の光

作詞:きむらひでふみ/作曲:七瀬光/編曲:七瀬光/歌:天野原学園有志一同