基本情報技術者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●システムの開発●


ERP Enterprise Resource Planning
【企業資源計画】

企業内の業務の情報を横断的に把握し、経営資源の最適化を計画する。
生産管理・会計・販売管理・人事・給与など業種を問わず共通的な業務
を1つのデータベースで結合したソフトウェアパッケージ。

※ソフトウェアパッケージ・・・不特定多数の利用者が共通的に利用
 できる汎用的なソフトウェア

*************************************************************************************************************

○プロセスモデル○

 ・ウォーターフールモデル・・・開発工程の各段階を上から下に逆流す
  ることなく進める
    ○各工程が完了した時点でレビューによる品質管理
    ×開発の初期段階で要求使用を全て明確にするのが困難
    ×反復作業が常に生じる(出戻り・・・;;)
  大規模な開発向け。

 ・プロトタイピングモデル・・・ユーザーインターフェース部分の試作
  品、要求を明確にする。
    ○早期に要求の仕様が明確化される 
    →最終段階での修正や見直しが少ない

 【補足】
   ユーザ要求を明確化でき、隠れたユーザ要求を洗い出すこと
     が可能となります。
    「要求のプロトタイプ」(ユーザの評価・修正)
   「設計のプロトタイプ」(ユーザの評価・修正)
   「システムのプロトタイプ」(ユーザの評価・修正)
   「テスト」
    上記のように各工程でプロトタイプを作成して、ユーザの評価
    を得て、必要ならば修正を行います。
    小規模な開発向け。


 ・スパイラルモデル・・・部分(サブシステム)ごとに独立して開発
    ○同時開発の規模を抑制可能
    ○開発要員の安定確保ができる

  【補足】
   「システムの独立性の高い部分に分解して、その部分ごとに設
     計、プログラミング、テストの工程を繰り返します」。
     上記2種類のモデルの長所を生かしたモデルです。