※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スナイパーの戦い方

普通は武器にあわせて自分で戦い方を構築していくものですが、インターネットの情報や動画で戦い方を学ぶ事が可能です。
しかし、スナイパーにおいては凸砂はともかく普通の普通なスナイパー動画や戦い方の情報というものはあまり無いように感じられます。
結果としてそれは芋砂糞砂新兵砂の発生に繋がっていると考えられます。
そういう状況は悲しいので、少しでも役に立ちそうな情報を羅列してみようと思います。
それに、SRで遊んでみようという方が増えてくれると嬉しいですしね。
せっかくのwikiです。気になったところや不足なところは必要に応じ追加、修正をしていっていただけるとありがたいです。
疑問等ございましたら何でもページ下部のQ&Aへどうぞ。



スナイパーをやるにあたって

   * SR以外の武器で芋やグレランを使わず大体の戦闘でK>Dであること
   * マップの構成の把握
   * ハンドガンでの近接戦闘能力
これらは最低でも必要なことだと思われます。
スナイパーは立ち回りが難しいと言われている武器種です。
敵味方の兵装・練度、マップ、ゲームルールなどの情報をしっかり自分の中でまとめられない限り成果を挙げることは難しいです。
自分自身のスキルがお粗末な状態でスナイパーをやると、成果も出せず、味方チームに迷惑をかけるだけです。メリットナシです。
先程挙げた能力を得るためには個人差があるとはいえ大体プレステージ2回から3回が必要と思われます。
感度については個人の好きなようにすればいいと思いますが、最初はともかくいずれ6以上は必要になると思います。



スナイパーで一番大事なこと
死亡数を無くし、キルを獲得することです。
敵軍を乱し戦線を瓦解させひたすらに航空支援を呼び友軍の侵攻をスムーズに行わせてあげる。
最も大事な事です・・・が、一番難しいことでもあります。
しかし基本に忠実に努力を積み重ねれば誰にでも可能です。
当然  「死なないために篭るよ」 「殺すために定点するよ」  ってのとは全くもって違います。
効果的な攻撃を加え続けることでのみこの目標は達成可能です。
キル数トップ3で無傷チャレンジを完了できるレベル辺りが理想です。

スナイパーが一番やってはいけないことが、無意味な定点行為。
ろくに前線の状況も見れないところに居座り、そこでスナイパーライフルを構えるのは、スナイパーではなくただの観覧者です。
スナイパーに限った話ではありませんが、サボタージュやHQなどで、獲得対象物があるのにも関わらず、動かずにその場で景色を眺めるだけなのは、味方からしたら最低なプレイヤーと思われてしまいます。
個人の成績から見ても、こういった行為はオススメできません。上手くなれない理由のひとつです。



スナイパーの立ち回り方
   * 味方の構築する戦線に追従する
   * 戦線をよく観察する
   * 穴があればふさぐ
   * 余裕があれば出来るだけ前へ出て押し込む
スナイパーは、立ち回りが難しいものです。
まず視界の確保。高台がいい例です。
高台はより広く見渡せるため、スナイピングポイントとして絶好の場所です。
しかし敵がいなければ意味はありません。
高台に釣られて  芋砂 糞砂  なんて言われてしまうようだとスナイパーとして失格です。
まずはマップを見て、敵の位置、味方の位置を確認すること。

味方(のほとんど)はステージを駆け巡ります。
その味方の位置を確認することで、 味方が今おらず手薄な経路 ・ 味方が死亡した場所 という情報を獲得できます。
味方がおらず、手薄な経路を発見した場合、そこにすかさず入り、敵を見つけたならば即キル。見当たらなければ交戦地帯を視界に入れる場所へ移動し、味方の後方から攻撃または裏取りをし、挟撃します。
背後からの狙撃で挟撃されることにより、味方が一気に攻めやすくなります・・・・が、狙われるのは確実です。
ある程度キルしたら逃げる準備をするのが得策。接近戦が不利なうえ、複数人相手取ることは無謀極まりないです。
また、挟撃に参加することにより、味方に対して「挟撃できるよ」というサインを送ることにもなります。援護にも期待できます。

スナイパーの戦い方としてお勧めするのはハイリスクハイリターンです。
あちらからこちらが良く見えるという事はこちらからもあちらが良く見えるということです。
スコープで索敵するより、まずそのままの視界で動体物を探します。
普段動きながら索敵していると敵の存在に気づかない場合がありますが、自身が動かず(視界を動かさず)にいると、動くものが遠くからでも目立つのです。
動くものを見つけたら、その予想進路に向かってスコープを覗き、狙撃体勢に入ります。
スコープを覗いたままだとレーダーの確認ができないうえ、スコープに突然敵が映っても撃ち逃すことのほうが多いので、まずはスコープを覗かずに索敵。勿論レーダーも見て戦線の状況も確認しなくてはなりません。
視野を広く持ち、視界に入ろうものならすぐさま射殺。そうなれれば広い場所にぽつんと居る方が逆に落ち着くなんて事もあります。
よくオンで見かけるのが建物の屋根の上に上って撃っている人がいますが、見晴らしはかなりいいですが自分が見えているということは
相手からも見えているということなので思っているより目立ち、視界外から撃たれる可能性が高くなります。気をつけましょう。



スナイパーライフルについて

初心者の方はM40をお勧めします。
確実にワンショットワンキルできるプレイヤースキルは何よりも重要です。それを磨くにはM40から使い始めるのがお勧めです。
また、この銃を使っているだけで自然とスナイパーに必要な動き方が学べるはずです。
撃ったら引っ込む。相手の位置が定まっているなら物陰で照準を合わせ息を止め、身体を出すと同時に射撃して倒す。
そんな基本を学ぶにはボルトアクションで、かつマイルドなこの銃は大変素晴らしいものです。
慣れてきたらセミオートのM21に手を出してみるといいでしょう。反動が控えめで、連射してもそこそこしっかり飛んでいきます。
正直、ヘッドショットを取れさえすればボルトはもちろんセミオートの中でもM21が所謂最強の位置づけになると思います。
使いこなせれば近距離、中距離、遠距離の全てが可能です。味方のサポートとしての弾幕もそこそこはれます。


スナイパーライフルを使うときのパーク
ストッピングパワー(動力を止めろ)とディープインパクトが基本になると思います。
ストッピングパワーは、ジャガーノート相手に対して有効であると共に、スナイパーライフルでは即死する被弾箇所を広げる効果もあります。
非常に正当なスナイパーとしてやっていくにはこの二種が安定します。

パーク1は好みの問題です。
M21は弾数が少ないので、使う際には弾薬帯を。
弾丸の確保が少なくなりがちなジャンルであるスナイパーライフル。基本的に弾薬帯はどのスナイパーライフルにもオススメできます。
援護という役割なら、ヘリ撃墜用のRPG。もしくは味方の突入を助けるよう、特殊グレネード×3を用意してもいいかもしれません。

パーク2は前述の通り、ストッピングパワーが一番安定しますが、
ジャガーノートでデス数をなるべく少なくさせるのもアリです。その場合、即死判定箇所に的確に狙撃できる腕が必要になってきます。
オーバーキルでサブに接近戦用のサブマシンガンを用意しておくと、柔軟な対応が可能になります。
UAVジャマーは狙撃で位置がバレバレですので、意味は無いに等しいです。

パーク3もディープインパクトが安定しますが、
素早く移動するために体調絶好調なんかも役に立ちます。
息止めを長時間やっている時点で当たらないことがほとんどですので、鉄の肺は重要ではありませんし、練習にもならないのでお勧めできません。

スナイパーは敷居こそ高いですがしっかり使いこなせれば大変心強い武器となります。
上手く使いこなせるのであれば、状況とマップによっては一人で敵チーム全体を抑え込むことも可能な浪漫溢れる武器です。
さあ、カスタムクラスを全部SRでうめて出撃しましょう!
参考動画
http://www20.atwiki.jp/callofduty4pc/pages/104.html
上のページのQS(クイックショット)
これができるようになれば(できない場合が多いが)、近・中距離のサブマシンガン・アサルトにも打ち勝てる確率が上がります。  





Q&A

Q.(例)R700の良い点と悪い点は何ですか?
A.(例)良い点はカッコイイ事、カモフラージュが全体へ適用される事、対ジャガーノート性能に優れる事。
     悪い点は装弾数が少ない事、通常時のぶれが大きい事。

Q.
A.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|