オススメユニット(支援向け)

支援向きユニットに必要な条件

1.長く、穴の無い射程。
2.燃費が良く、武装の種類が豊富である。できれば水中にも攻撃可能である。
3.地形適正が良く移動力もある。地上戦では空を飛べるとなおよし。
 (飛べない分を武装や能力で補えるユニットなら飛べなくてもよし。)
4.有用なアビリティを持っている。
5.加入時期や生産コスト等、入手のしやすさ。

などなど、これらをふまえて追加していってください。
条件を満たしている数が多ければ多いほどよし。初期能力が低くても気にしない。
主観で手当たり次第追加せず、上記の条件に合うかある程度は厳選すること。
編集合戦の元となるので機体の追加や削除など大きな編集を行なうときは専用のコメントフォームで意見を求めてからにすること。



支援向き


フェニックスガンダム

初期戦力のフェニックス・ゼロから開発できるので序盤で手に入る。
ゼロ経由でトルネードガンダムからも開発できるので、資金を使わずに3機用意する事が可能。
単独で運用するのも悪くないが、4機揃えて運用するのが効果的。
メガビームキャノンの集中砲火が可能な布陣を敷くと、手軽にハロスコアを稼げる。
ただし、素の機体性能(特に防御面)はさほど高くないため、過信は禁物。
代わりに成長が早いので 開発ボーナスなどを駆使すると化ける機体でもある。
序盤ならマスターにしても良い。

ズサ

能力は高いとはいえないが、射程2~6をカバーするミサイル攻撃が魅力。
ENや攻撃を強化してやれば、非常に支援向きのユニットになる。
大容量弾薬カートリッジ(実弾消費EN50%カット)をつけると使い勝手は飛躍的に上がる。
なお、今回は変形ができないので注意。
最初から生産できるガザCからガザD、ガ・ゾウムを経由して開発できる。
直前のガ・ゾウムも多段ミサイル持ちであり変形も可能なので使いやすい。
どちらを使うかはお好みで。


ジムスナイパー系

長射程・低燃費・削りに使えるMAP兵器(III以外)と良いとこ尽くめ。
ジム系から開発できるので長く使える。
弱点は打たれ弱さと接近戦の苦手さ。
IIIはMAP兵器がないので、IIのまま育てた方が良いかもしれない。
ちなみにIIIはバルカンを搭載しているのでチョイ削りには使えるが使い勝手では断然IIか。
なお、ハイザックカスタムも同じ使い方が可能。
ジムスナイパー系と比べて3~5のミサイルが追加されて射程の穴が減る。
が、そのぶん燃費も悪くなる。お好みで。

ゾリディア

安い上に飛行可能で高移動力でさらに宇宙・空中・地上・水中A
ビームシールド、ビームコーティング、脱出機構まで付いている。
火力面でもミサイルx6を持ち申し分ない。
ゲドラフより性能がいいのに、LVUPの経験値がゲドラフより低いのもポイント。
シルエット2面で敵MSを捕獲。戦闘ヘリとの設計でゾロ(14700)を生産し、Lv5で開発できる。
シルエットシナリオは、初期戦力でもクリア可能なので、かなり早期に入手可能。戦闘ヘリは08小隊1面で入手しても良いし、最初から生産出来る上格安(3200)なので、買ってもいい。
一度やられてもいいので敵をS登録するための生け贄として使えるかも。
撃破されるとENが完全回復する。サーベルとライフルしかないがそれでも戦えるのも強み。
だが初期能力自体は他と比べ一歩譲る。最低でもパイロットLV11以上の
キャラを乗せないと、成長面を考えても厳しいかも。
ビームコーティングとビームシールドで防御面は安心なので攻撃とENを改造しよう。
防御面を改造すると敵をS登録するための支援をしにくくなる。

フォーミュラ計画系列

特にF90のAとS装備、並びに開発派生のフル装備、F90IILタイプが良好。
射程が長く穴も少ないので、支援でスコアを稼ぐ際の陣形構築の手間がかからない。
高い初期パラメータに加えて特殊機能で能力の底上げもしてくれるので、
育成途上のパイロットでも安心して乗せることができる。
F90はA.Rにより防御力まで上がり、抜群の耐久力。
Aタイプは飛行可能で、Dタイプ・Sタイプやフル装備はミサイル搭載。
(A・D・Sそれぞれ弱点もあるが、換装で即応できるのも美点)
F90IIならバイオコンピュータによる強力な補正だけでなく、
ミサイルやMAP狙撃も付く。Iタイプで空を飛んでも良い。
入手も容易で、設計を駆使すれば一年戦争だけで作れる。
値段はVと同等だが、開発用と設計・援護用の実機に2機は欲しい。
ただVタイプだけは補助機能があまり無い上、空も飛べないので、お勧めできない。
プロフィールを埋めたら、とっとと素材・実用両面で上回るF91にしてしまおう。
そのF91の秘められた力についてはこちらを参照の事。

ビグ・ラング

宇宙限定・大型MAという点を差し引いても、その補給能力が光る。
燃費・射程・火力に死角のない武装と相まって、新規機体の育成に活躍してくれる。
IGLOO最終話は経験値を稼げるので、ここでS登録するとお手軽。
弱点として、巨体故地形による移動障害が辛い・回避が絶望的という2点がある。
両者の問題で実弾、その中でも高命中の散弾やミサイルを浴びると、
あっさりと墜ちてしまう。OPや改造でキッチリフォローしよう。
サイズが大きいので、マスターユニットにするのもあり。

リグ・コンティオ

ENの燃費は悪いがMP消費無しで射程1~7をカバーする。
射程に悩まずとも陣形配置が非常にしやすく、どの距離からでも柔軟に支援が可能。
移動力7で空も飛べる。ビームシールドで防御もまずまず。
マスターで使うのも悪くないが、燃費の悪さのために無双プレイには不向き。

ヘイズル・ラー

射程3に穴があるが、MP消費無しの最大射程7は支援に便利。
射程2の通常格闘とBEAM2の射撃のおかげでタイヤ軍団などにも苦戦しない。
初期ENこそ低いが、EN強化で燃費が格段に良くなるので無双プレイも十分可能。
水中に入れないが、困る局面はないだろう。
潜在能力の高さに比べて、LVUPに必要なEXPは410と低いので、楽に育成できる。
リグ・コンティオを1ランク小さくしたら消費ENも2/3になった感じだと思えば良い。

ガンダム・ヘイズル改

ヘイズル・ラーも紹介されているが、ガンダム・ヘイズルのままにするのもお勧め。
イカロスユニット装備で使えるミサイルポッド×6が強いため、火力はラーを上回る。
加えて射程7でBEAM2のロングレンジライフルも装備、ラーに引けは取らない。
欠点はイカロスユニット時は宇宙適正が低いこと(C)。
イカロスユニット以外を装備するとラーに明らかに劣るため、地上用と考えるべきか。
最大ENが低い、射程の一部に穴がある、LVUPに必要なEXPが低いなどの特徴は
ヘイズル・ラーと同様。

GP-02(MLRS)

射程5~6、威力1200×6のミサイル攻撃をEN消費12で撃つという、支援機としては非常に高いポテンシャルを持つ。
ビームバズーカもあるので射程4もカバー。
ただし基本性能が低いため、前に出すとあっさり落ちる事も。 あくまで支援向け。
基本性能はLVUPで補いたいが、その性質上、ENを増やした時の利点も大きい。
どちらにするか悩みどころ。
LVUPに必要なEXPは低めで、作成可能な時期も早く価格も抑えめだ。
開発も容易で00831面でGP01登録からすぐに作れる。
1年戦争からやっているなら陸戦型ジムから少し距離はあるが開発可能。前者のほうがオススメだが。

ヒルドルブ

射程2~8、序盤に作成可能なユニットとしてはENが多く、燃費も良い。
変形で射程1~5にも出来るので、臨機応変に支援させやすい。
また、マゼラアタックから開発できるのでリーズナブル。
MAP兵器もあり、消費EN20で長射程で広範囲、威力も手頃で削りに向く。
最大の難点は地上専用であることか。

V2アサルトバスター

豊富な武装と2種類のMAP兵器を備え、充実した防御アビリティで耐えつつ削りや支援が可能な高性能機。
どの武装も見劣りしない性能だが、最大の問題は全てビーム兵器であること。
耐ビームアビリティ持ちには支援効果が低い為、MAP兵器での削りをメインにしていくのが一番やりやすい。
とはいえ、流石は最後の世代の主人公機最終形態、素のステータスは極めて高い為、場合によっては単騎での戦闘も可能なので無駄はない。
入手はマスター用にV2を作っておけば容易だが、支援用に複数用意するにはコストが高い。
必然的に終盤での運用になると思われる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。