ヤクト・ドーガ

登場作品 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
形式番号 MSN-03
全高 21.0m
重量 28.0t
所属 新生ネオ・ジオン→袖付き
主なパイロット ギュネイ・ガス、クェス・パラヤ
主な装備 ミサイル、ヒート・ナイフ付ビームサーベル、ビームアサルトライフル(ギュネイ機)、ビームガトリングガン(クェス機)、4連装メガ粒子砲、ファンネル×6

【設定】

新生ネオ・ジオンの主力MSギラ・ドーガをベースにサイコミュ兵器を搭載したNT専用MS。
シャア専用機の開発プランのうちのひとつである。
ロールアウトした2機は予定されたスペックを満たすことは出来なかったものの、
機体性能自体は充分であり、事実上サイコミュを操れるギュネイ、クェス両名の専用機となった。

ギュネイ機は紺と金色を基調としたカラーリングにスタンダードなビームライフルを装備しており、モノアイ上部に描かれた鋭い眼のマーキングが特徴である。
クェス機は赤と銀色を基調としたカラーリングにメガ・ガトリングガンと呼ばれるビーム兵器を装備。武装を除けばギュネイ機と機体性能に差はないが、頭部アンテナのデザインが異なる

また、「スーパーロボット大戦」シリーズでは、本機を緑色にしたカラーリングの量産型ヤクト・ドーガが登場する。


【劇中での活躍】

ギュネイ機は序盤のフィフス・ルナ攻防戦から戦闘に参加。核ミサイルの撃墜、ケーラの乗るリ・ガズィの撃墜など多大な戦火をあげるも、最終決戦でアムロの奇策(ニューハイパーバズーカとシールドを放棄したと思わせておき、それらに気を取られている間に背後からのビームライフル直撃)により撃墜される。
クェス機は初陣のルナ・ツーの攻防において、父親の乗っているクラップ級戦艦の艦橋を吹き飛ばすも直後に被弾。アクシズに帰還後、ナナイにぶたれて勝手に飛び出したクェスがシャアのいるサザビーのコクピットに飛び乗ってからの詳細は不明。
……だったのだが、UCOVA版ep7でまさかの再登場を果たす。色はグリーン系に塗り替えられ、逆シャア劇中で失った右腕はギラ・ドーガのもので代用してる模様。ちゃんと袖もついている。


【パイロット説明】

ギュネイ・ガス

ネオ・ジオンの強化人間。能力はともかく、精神の安定度では強化人間の中でも屈指であり、ガードマンとしても行動している。ニュータイプに強い憧れを持っており、強化は自身の志願によるもの。
精神が過敏と疑われたがシャアは「若さ」と一蹴している。
しかし、クェスがシャアに奪われてしまうと勘違いして嫉妬したりもしていた、シャア曰く「若いのさ」…かつての自分がした経験から出た台詞だろうか…。
またνガンダムを鹵獲しようとした際に武装解除の一環で外したフィンファンネルと放熱板を間違えて感情的になり攻撃した挙句、アムロの防衛本能に反応してフィン・ファンネルが稼動、ワイヤーを切った時は人質のケーラを握りつぶして殺害した。
ネオ・ジオンのエースとして戦うがシャアへの嫉妬や功名心による焦りから冷静さを失い、最終決戦ではクェスのα・アジールと共にνガンダムへ攻撃を仕掛けるが、アムロのニューハイパーバズーカとシールドを囮にした上での背後からのビームライフル攻撃によって撃墜される(ちなみに漫画版ではバリアを目くらましに後をとられ、ビームライフルでコクピットを撃ち抜かれる)。

ゲームでは基本的に敵なのだが「スーパーロボット大戦D」では諸般の事情で最初からネオ・ジオンごと味方になる(というかアムロとブライトがネオ・ジオンに協力する状態になる)。この展開だけでもファンには驚きなのだが、男主人公の親友ポジションを得るという破格の待遇を得る。通常こういう脇役はあまり会話に絡まないのだが、漂流していた主人公の救出をきっかけにシャワーシーンや一緒に食事に行く姿が散見され、主人公が自分を差し置いてアムロに相談したのを知って嫉妬したり、行方不明になりかけた主人公をNT能力で感じようとするなどかなり存在感がある。クェスとの関係も良好でかなりお近づきになっているなど原作からは想像出来ないほど幸せなキャラになっている。勿論原作のように死ぬこともない。
確かに原作では「同年代の男性」がいなかったが「もし気を許せる友人がいたら」というifの世界として見るとまた面白いかもしれない。ギュネイの幸せな姿は中々見られないのでファンには是非見ていただきたい作品である。後に発売された「第三次Z」でもアスランやジャミルなどの準主役級を差し置いて参戦しており(宇宙世紀系のMSは乗り換えが効くから手間がかからないためだろうが)、その上仲間になるなど扱いはなかなかいい。

【原作名台詞】

  • 大佐はロリコンらしいぞ(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
    • シャアに対する有名な影口。事実かどうかはさておき原作の描写からして軍内部でもそれなりに噂になっていたらしい。ネットでもシャアをロリコン扱いするのはこれが原因と思われるがギュネイもまさか(現実世界で)これほど広まるとは思わなかったであろう。どっちにしても女を口説く発言にしては3流以下だが
  • 間違いない、あれはガンダムだ!あれを手に入りゃ、大佐だろうが総帥だろうが!(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
    • もちろんシャアを見返したいとかじゃなくクェスを手に入れたいがための台詞、もし撃墜したら総帥はなんと言っただろうか…

クェス・パラヤ

α・アジールを参照。

【ゲーム内での活躍】

ガンダムVSガンダム

サザビーのアシストにクェス機が登場。

NEXT

第4次解禁に登場したα・アジールのアシストにギュネイ機が登場している。

EXVS.

クェス機、ギュネイ機そろってサザビーの武装として出演している。なお、クェスは2011年の12月からプレイヤーナビとしても登場する。

EXVS-FORCE

ギュネイ機がコスト2000のCPU専用の機体として登場。
おそらく何らかの機体からモーションを流用していると思われるが、射撃も格闘もなかなかの性能をしている。
これまでなかった山寺氏の音声が収録されている。

EXVS.MB-ON

性能が変わり、追従系ではなくなり、クェス機は射撃ガード判定を出しつつビームマシンガンを連射、ギュネイ機はミサイル連射からスタン属性の斬り抜けを行う。特にギュネイの方は斬り抜けの時に異常な誘導を見せるため、ステップなしだと刺さりやすい。

更に9月のアップデートでギュネイ機が参戦。コストは2000。
BRにシールド付き単発CS、ファンネル、アシスト、ミサイルと豊富な射撃武装が持ち味で、さらに多くの射撃兵装からキャンセルできるスタン斬り抜けの特格と全体的に癖がなく援護力に長けている。「昔ながらの援護機の2000」といった感じ。
しかし、この世紀末なMBONにおいて、降りテクも押し付けれる兵装も接近拒否の自衛に使える兵装もワンチャン力もなく、火力をとれそうな武装もないため、多少優勢に進めていたところを一瞬でひっくりされることも多い。そのため、原作のように調子に乗ろうものなら勝つことは困難だろう。
覚醒技ではνに行った原作再現でギラ・ドーガ3機がケーブルで相手を拘束し、そこからギュネイが攻撃を加えるといったもの。おまけにファンネルバリアで防がれるところも再現されてある。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

  • 通常時:左手にビームサーベルをもってポーズ
  • アシスト出現中:ギラ・ドーガと共にポーズ

敗北ポーズ

漂っている状態から爆散する。原作でアムロに撃墜されたシーンの再現
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。