ハイペリオンガンダム

登場作品 機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
形式番号 CAT1-X1/3(1号機)、CAT1-X2/3(2号機)、CAT1-X3/3(3号機)
全高 16.90m
重量 54.7t
所属 ユーラシア連邦 宇宙要塞アルテミス 特務部隊X
主なパイロット カナード・パルス(1号機)、バルサム・アーレンド(2号機)、???→イワン・ザンボワーズ(3号機)
主な装備 ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」×4+1、ビームキャノン「フォルファントリー」×2、RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」
特殊装備 モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール×7
1号機のみの追加装備 ニュートロンジャマーキャンセラー

【設定】

ユーラシア連邦がMS開発計画「X」で、アクタイオン・インダストリーと合同で開発した試作MS。元々はゲルフィニートというウイルスを駆使するMSが原型機。ユーラシア連邦が生み出した【アルテミスの傘】ことモノフェーズ・シールドを初めてMSに搭載し、実弾はおろかビーム弾すら弾く。それを球型に展開したのがアルミューレ・リュミエールである。ただし、エネルギー消費が非常に激しいので展開できる時間は短い。また当初は無敵かと思われたがビームコーティングされた物質では貫通することが判明している。合計3機が開発されているが最終的に全てが破壊されている。ただこの開発で蓄積されたデータは後にMAに転用され、デストロイガンダム、ザムザザー、ゲルズゲーに装備される陽電子リフレクターが開発され、一部兵装の削減した簡易量産型ハイペリオンGも開発されている。

尚、名前のハイペリオンはギリシャ神話に登場する神の名前であり、ヒュぺリオンとも呼ばれる。

【原作での活躍】

キラ・ヤマトを探す途中、L4のコロニーメンデルにてロウと接触する。質問を終えると機密保持のためにレッドフレームにサブマシンガンを全弾発射する。だがこのときロウはガーベラで受け止めて難を逃れた。
その後、ロウが保護したプレア・レヴェリーの搭乗するドレッドノートガンダムに敗北し、その打倒のためにユーラシア連邦から離脱して、バルサムが搭乗する2号機を撃墜して修復パーツに使用。そしてニュートロンジャマーキャンセラーの強奪に出る。
そして、Xアストレイとして生まれ変わったドレッドノートと交戦して再び敗北。無理な戦闘によって核エンジンが暴走して爆散した。

【武装説明】

RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」

ビーム弾を連続して発射することの出来る軽機関銃。
「ビーム・セル」と呼ばれるエネルギーを薬莢ごとに内包した特殊な弾丸を用いている。本機の電力の浪費せず、モビルスーツに有効打となるビームで攻撃できるという、実弾の利便性とビーム兵器の短所を解消した優れもの。
ニュートロン・ジャマー・キャンセラー(以下NJC)搭載後、「スーパー・ハイペリオン」となった後は、背中に詰んだNJCのバックパックから動力ケーブルをサブマシンガンに繋げることで、従来のビームライフルと同じ仕様になった。

ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」

ビーム刃を発生させる短剣。前述のビームサブマシンガンの銃口の下に装着し発射することも可能で、銃剣やアンダーバレルグレネードランチャーとして機能する。

ビームキャノン「フォルファントリー」

肩部に装備された二門のビーム砲。これもサブマシンガン同様に「ビーム・セル」を用いられている為、弾数が許す限り発射可能となっている。劇中ではブルーフレーム2ndのG型兵装を全て破壊し中破させた他、X-ASTRAYのドラグーン包囲網を打ち破ろうと最大出力で発射。それでもバリアを突破できなかったどころか、反動で跳ね返ってきたダメージで、ハイペリオンは損傷、NJCが誘爆し消滅する。

モノフェーズ光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール」

ユーラシア連邦の独自技術である「アルテミスの傘」こと光波防御帯をさらに発展させ、MSに転用したもの。
バックパックなどから発生器を射出し、機体を球状に覆うことでビームはもちろん実弾も完全に防ぐことができる。その分エネルギーの消費が激しく、5分程度しか展開できない。本機に搭載されたものは展開した状態でも自分からの攻撃は素通りするという反則的な代物である。
原作では、その防御にものを言わせて単機で吶喊して敵の陣形を崩し、その隙を後続の部隊で叩くという戦法が使われた。またカナードは出力を変更することによって槍のようにして攻撃したことも(特格中特格はこれの再現)。
登場当初は文字通り無敵の防御力を誇ったが、劾によって対ビームコーティングした物質は突破できるという弱点が露呈した。また、こちらは難易度がとても高いが、発生器自身は露出しているので、それを狙い撃てば破ることも一応可能。
なお、両腕の上腕部にも発生装置があり、ビームシールドのように展開したりナックルのように展開して相手を殴ったりといった使い方も見せていた。

【パイロット説明】

カナード・パルス

コロニーメンデルにて開発され、ユーラシア連邦が拾った戦闘用スーパーコーディネーターの失敗作。能力こそ高いがスーパーコーディネイターの完成型であるキラ・ヤマトには及ばず、本人もそれがコンプレックスになっていた。逃亡中に出会った謎の人物に「キラ・ヤマトを殺せば、お前は本物のスーパーコーディネイターになれる」と言われた事で、『キラ・ヤマトを倒して自分がスーパーコーディネイターになる』ことを野望としていた。
だが、プレアに敗れてからは彼の打倒に目的がシフト(彼曰く「奴の前に立つまで誰にも負けられない」からとのこと)していき、再戦時には機体の暴走からプレアによって彼の命と引き替えに救われたことでそれまでの「キラ・ヤマト打倒」という生き方を捨てる。その後はプレアの乗機であったXアストレイを改修してドレッドノートη(イータ)として受け継ぎ、傭兵として生きていくことになった。
エピローグではオーブで暮らすキラとアスランとすれ違うが、何もせず去っていった。
ちなみに愛機であるハイぺリオンには愛着を覚えているようで、ハイぺリオンと同様のバリアを持つ連合のMAを見た時にガチギレするほど。

これ以降の活躍はこちらを参照。

性格はかなり短気で過激な言動が多く、特に「消えろ」を連呼している。

なお一説にはキラとの遺伝子的な繋がりがある、つまり兄弟であるとの話もある。そのためか声優もキラと同じ保志総一郎氏になっている。キラとは全く真逆の高圧的な喋り方で聴き比べてみるのも面白い。


【ゲーム内の活躍】

EXVS.MB

コスト2500で参戦。原作同様、アルミューレ・リュミエールを駆使して戦う。メイン射撃はヴィクトリー同様シールドが連動して展開される。
更に一定時間ニュートロンジャマーキャンセラーを装備してスーパーハイペリオンにもなれる。スーパーハイペリオン時はメインが無限になるため、連動シールドも相俟ってSドライブとの相性は抜群である。
鉄壁のバリアを装備しているためか、耐久値が2000コストより低めになっており、攻撃性能に関しても他の機体に比べるとやや控えめなのがネック。
また、パイロットのカナードがキラに執着しているのも再現されており、原作では実現しなかった二人の掛け合いも収録されている。

稼働直後はバグとしてアルミューレ・リュミエールが無限に展開できるというどこかで見たようなことが起きた。当然修正されたが、この時のハイぺリオンならどんなガンダムにだって勝てるだろう。

余談だが、カナードは以前にも「スーパーロボット大戦W」や「SDガンダムGジェネレーションクロスドライブ」にてキラと共演している。しかし、声付きで掛け合いがあるのは本作だけである。

【勝利・敗北ポーズなど】

勝利ポーズ

通常:ビームサブマシンガンを乱射してポーズ。
アルミューレ・リュミエール展開時:アルミューレ・リュミエールを解除してポーズ。

敗北ポーズ

両膝を付いた状態で右手を伸ばした後、爆散
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。