※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旅人「こんにちは」


魔王「まおー」


旅人「こんばんは、ですかね」


魔王「まおー」


旅人「おつきさまが綺麗ですね」


魔王「うん」


旅人「私はあそこに飛びたいのです」


魔王「つれてってー」


旅人「二人だと心強いです」


魔王「おー」


旅人「さてさて準備をしましょう」


魔王「りょーかい」


旅人「月という所では時間が無いそうです」


魔王「ほー」


旅人「どっちの時計がいいでしょうか」


魔王「ゆっくりすすむほーがいいー」


旅人「私はあまり賢くありませんのでどちらかは分かりません」


魔王「わーうわーう!」


旅人「大きい方がきっとゆっくり進むでしょう」


魔王「まおー」


旅人「あなたは何を持っていきますか」


魔王「みんなー」


旅人「お優しいですね」


魔王「まおー」


旅人「私は望遠鏡も持って行きますよ」


魔王「なんでー」


旅人「恋人を探すのです」


魔王「まおー」


旅人「友人も探すのです」


魔王「ひとりはこわい」


旅人「今は二人ですので」


魔王「そっかー」


旅人「向こうは食べ物ありますかね」


魔王「きっと、こんぺいと」


旅人「コーヒーも用意しておきますか」


魔王「みるくもー」


旅人「どうぞ帽子です」


魔王「まおー?」


旅人「その角は向こうの人が怖がるかもしれません」


魔王「そっかー、あーとー」


旅人「ハンカチです」


魔王「あーとー」


旅人「使うことのありませぬように」


魔王「まおー」


旅人「これも」


魔王「なにー」


旅人「ラジオです」


魔王「くろいのこわい」


旅人「あなたの服も黒ですよ」


魔王「じぶんもこわい」


旅人「どうぞ白ですよ」


魔王「わーうわーう!」


旅人「ラジオも白く塗りましたよ」


魔王「まおー」


旅人「一緒に聴けますね」


魔王「わーうわーう!」


旅人「あ、」


魔王「んー?」


旅人「朝になっちゃいました」


魔王「まおー」


旅人「朝ご飯にしますか」


魔王「うん」


旅人「何にしましょう」


魔王「ゆめ」


旅人「どんな夢が美味しいのですか」


魔王「とおいのー」


旅人「全ては叶わないので一つさし上げましょう」


魔王「まおー」


旅人「美味しいですか?」


魔王「うん」


旅人「ほっぺについてますよ」


魔王「あーとー」


旅人「優柔不断なので、悲しみは無いです」


魔王「まおー」


旅人「ここに喜びが生まれました」


魔王「わーうわーう!」


旅人「そうだ、ラジオを聴きましょう」


魔王「うん」


旅人「わーうわーう!」


魔王「わーうわーう!」


旅人「…あれ、おかしいな」


魔王「なんでだろー」


旅人「どの局も繋がらないです」


魔王「ざんねん」


旅人「空気が穴だらけで寂しいですね」


魔王「まおー」


旅人「音で埋めたかったなぁ」


魔王「む・・・」


旅人「コンパスコンパス」


魔王「まおー?」


旅人「まわってますね」


魔王「くるくるー」


旅人「歩いてみますか」


魔王「さんせー」


旅人「足元に気をつけて」


魔王「いたたた」


旅人「お花です」


魔王「きれー」


旅人「私も花に生まれたかったなぁ」


魔王「もったいないよー」


旅人「雨…」


魔王「!」


旅人「ここは私が守ります、下がって」


魔王「まおー」


旅人「彼らも本気で落ちてくるので」


魔王「・・・?」


旅人「私も本気で接するべきだと思うのです」


魔王「わーうわーう!」


旅人「やみました」


魔王「おつかれさまー」


旅人「彼らのおかげで草花が潤いました」


魔王「ここによろこびがうまれました!」


旅人「私が花なら育つのでしょうが・・・」


魔王「ふぃ」


旅人「実に惜しいですね」


魔王「いろいろあるの」


旅人「タオルタオル・・・白にしましょう」


魔王「いいよねーしろー」


旅人「あなたもどうぞ」


魔王「わーうわーう!」


旅人「本、読みますか」


魔王「うん!」


旅人「難しいかもしれません」


魔王「じはめがねにならったよー」


旅人「どうです」


魔王「わっかんない!」


旅人「読みましょうか?」


魔王「おことばにあまえて」


旅人「『キートは老衰しきった体をよろめかせながら、足元の』」


魔王「ねむいー」


旅人「おひるねにしますか」


魔王「すーすー」


旅人「おやすみなさい」


魔王「すーすー」


旅人「私はいつもこう無防備だったのですね・・・」


魔王「すーすー」


旅人「おはようございます」


魔王「おはよ」


旅人「リボン似合ってますよ」


魔王「!、あーとー」


旅人「夜ですね」


魔王「うん」


旅人「こんばんは」


魔王「こんばんわ」


旅人「おつきさま、綺麗ですね」


魔王「きょうこそいこうねー、つき」


旅人「月へですか?あはは、無理ですよ」


魔王「まおー?」


旅人「行くとしても、空気の層が邪魔するそうです」


魔王「どーしたの?」


旅人「?」


魔王「かがやいてためはどこ?」


旅人「・・・?」


魔王「にせもの!にせものなんでしょ!」


旅人「ど、どうしたのですか!」


魔王「おやすみちゅうにどこにやったの!」


旅人「私は私ですよ、落ち着いてください」


魔王「つきにいくのゆめだったんでしょ!」


旅人「ゆめ・・・?」


魔王「・・・!」


旅人「ど・・・どうしたのですか」


魔王「・・・ごめんなさい」


旅人「こちらこそ、何故か怒らせちゃって」


魔王「・・・」




白い魔王はハンカチで涙をぬぐいました。
一番尊い夢を食したことを悔やみながら。
旅人は魔王を慰めるためにオカリナを吹きました。
『私は人の心を癒すことの出来る演奏家になりたいのです』
白い魔王は声が出なかったので、満面の笑みで旅人に答えました。