※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト:ティラノ剣山(けんざん) 声:下崎紘史

おっ、プレーヤー先輩!
調子はどうだドン~?
デュエルなら、この俺は、いつでも受けるザウルス!
プレーヤー先輩も、いいかげん俺に時代を明け渡すドン!
  • 特徴
暗黒ドリケラトプス究極恐獣などの強力な上級モンスターで押しまくる、分かりやすいタイプのビートダウンデッキ。
究極恐獣は攻撃力3000で相手モンスター全てを攻撃でき、一瞬で劣勢をひっくり返すほどの力がある。
貫通能力を付加するビッグバン・シュートとの相性も非常に良い。パートナーデッキには3枚積みされているので複数枚投入するのもありだろう。
パートナーパックもセイバーザウルスエーリアン・ハンターといった高ステータスの下級モンスターが手に入るため、最初のパートナーになかなか適している。
しかし、他のキャラクターと同様にCPUのカードの使い方に難があるカードがある事に注意はしておきたい。
例えば、俊足のギラザウルスは相手が特殊召喚できない場合にのみ使用する。
狩猟本能とのコンボや、大進化薬究極恐獣のコンボは使えない。また、化石発掘で手札の上級を墓地に捨ててそれを蘇生する、というコンボも使えない。
特に大進化薬の使い方はひどく、発動すれば強力なモンスターが呼べるのに使わない、使ったのになぜか召喚をしない、ひどい時には究極恐獣をコストにしたりする。
また、究極恐獣も強いとはいえ、所詮CPUでは戦況や効果の優劣を正確に判断できず、場にいる優秀なモンスターを遠慮無く生け贄に召喚する。
タッグデュエルでは、生け贄の確保を手伝うか、召喚した上級モンスターを亜空間物質転送装置などで守ってあげよう。
デッキを改造できるようになったら、事故のもとになるカードを抜いたり、制限カードを投入するなどの方法で安定化させていきたい。
究極恐獣超伝導恐獣のレベル8モンスターの存在から、トレード・インを入れてもよい。
ハイドロゲドンを互いのデッキに3枚ずつ投入するのもよい。持ち前の高い展開力から、場の制圧や生け贄(上級モンスターの召喚、大進化薬超伝導恐獣のコスト)など、様々な活用ができる。

イベントではゲームオリジナルのデュエリスト3キャラクターとの絡みが多く、そういった2次創作的な感覚を楽しめる。
だが、恐竜使いの先輩・宇佐美彰子や、石原法子石原周子の姉妹タッグといった強敵と戦わなければならない。
パートナーとしては比較的優秀な部類に入るのだが、固有イベントの難易度が群を抜いて高いのである。
リトライは何度でもできるので、最悪の場合相手が手札事故を起こすまで何度もチャレンジしよう。

このパートナーでクリアすると、限定カードジュラシック・インパクト (制限カード)が手に入る。

好感度アップの場所はレッド寮、イエロー寮、ブルー男子寮、ブルー女子寮、港、浜辺、火山、廃寮。

  • お気に入りカード
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
恐竜ザウルス パートナーデッキ編集可能前
大恐竜ザウルス パートナーデッキ編集可能後
超恐竜ザウルス(禁) 禁止カード使用時
グルアアアアアァ! ヨハン・アンデルセン、ハート×6イベント
いいとこ見せるドン! デュエリスト2・3、ハート×1イベント
恐竜ペアだドン! ティラノ剣山宇佐美彰子、ランダムバトル
かがやけ恐竜 ヨハン・アンデルセンティラノ剣山、ランダムバトル

  • フィールド上会話
デュエル申し込み もちろんだドン! 早速はじめるザウルス!!
勝利 へへへ、そんなに甘いデュエルじゃ、俺には勝てないザウルス!
敗北 ま…負けたドン!? でも、恐竜さんも俺も進化するザウルス!
次は絶対に負けないドン!!
引き分け く…この勝負、ひとまずお預けザウルス!!
パートナー時:勝利 やった!勝ちだドン!!プレイヤー先輩! この調子で、ガンガンいくザウルスー!!
パートナー時:敗北 つ…強いどん! でも、次は絶対に負けないザウルスー!!
パートナー時:引き分け ひ…引き分けだドン!? でも、次は絶対に負けないザウルスー!!