登場デュエリスト早乙女(さおとめ)レイ 声:仙台エリ

あ、プレーヤー先輩!
今度、ボクの料理を味見してよ
最近、料理の勉強しててさ、結構おいしいんだよ!
  • 特徴
マップ上では一人称は「ボク」だが、デュエル中は「ワタシ」になる。
恋する乙女 を中心としたデッキ。初見では一体どうやって勝つんだろうといったデッキ構築・戦術を取る。
戦術の都合上、唐突に恋する乙女薄幸の乙女を攻撃表示にして勝てる勝負を落とす事も。
が、一度回り始めれば、相手のモンスターのコントロールを次々奪っていく悪夢の展開が対戦相手を待ち受ける。
自分のモンスターゾーンが一杯になっても、コントロールを奪えばそのモンスターを破壊することができるのが強力。
ただし、LPの確保や装備魔法であるキューピッド・キス のサーチが難しいなど課題は多い。
うまくデッキをまわすためには多くのカードを必要とするため、上級者向けのパートナーと言える。
レイパックには、下級アタッカーや異次元の女戦士炸裂装甲グラヴィティ・バインド-超重力の網-等の強力なカードが入っている。
パック購入を済ませ、別パートナーを選択しなおすのも手だろう。
なお、クリア後のボイステストでアニメで使用した「ミスティックドラゴン」の召喚ボイスがあるがただの没台詞である。

TF1との連動により、恋する乙女 などが入手しやすければこちらをオススメする。
また、連動を行えなくても後回しにしてチェッカーフラッグを出現させることが出来ればなんとか入手は可能である。
うまく構築できれば、ビートダウンにもバーンにも強いデッキになる。
デッキの動きは簡単である。流れ的にはフィフティ・フィフティ型のキュアバーンに近いか。
  1. 平和の使者薄幸の乙女などで相手の攻撃を抑制しつつ、乙女コンボの準備を整える。
  2. LPを回復しながら、恋する乙女 でコントロールを奪っていく。
コンボ完成まで多くの時間がかかるため、終焉のカウントダウンとの相性は最悪である。カウンター罠で対処したい。
また、龍骨鬼にも注意。乙女カウンターをのせても、魔法使い族である恋する乙女が破壊されてしまうため奪うことができない。

相手の攻撃が激しすぎるとすぐにライフが枯渇してしまうので、準備が整うまでは攻撃を抑制するか、LPを大量回復する必要がある。
どうせなら両方やってしまおう。
攻撃の抑制は、最終的には相手から攻撃される必要があるので、任意に解除できる平和の使者が最も適しているだろう。
ロック手段にレベル制限B地区グラヴィティ・バインド-超重力の網-を使う時は、解除用に非常食を採用する必要性も。
ちなみにディフェンス・メイデンはあまり必要ない。
CPUは最もダメージが与えられる行動を最優先するため、誘導しなくても白魔導士ピケルでなく攻撃表示の恋する乙女を狙ってくる。
これを処理するためにも、非常食は必要になってくるだろう。
LP回復だが、継続的に大量にLP回復ができるのは白魔導士ピケルN・エア・ハミングバードだろう。
特にオススメは白魔導士ピケルである。場のモンスターが多くなりがちなので、回復量が安定して2000を突破する。

また、必須ではないが、好みでこれらを入れるとよく回る。
他にも、生贄手段を確保しやすいので強力な上級モンスターをいくつか指しておいてもよい。

レイのデッキは戦闘破壊耐性を持ったモンスターが多く、CPUは地砕きなどの積極的な除去を行ってこないため、意外と打たれ強い。
これを活かして、生贄確保に専念させるのもよい。特にスピリットバリアを張った場合の、薄幸の乙女恋する乙女 はまさに鉄壁。
また、シャインエンジェル見習い魔術師などのリクルーターも多く、後続に繋げやすい。
投入する最上級モンスターとしては、三幻神などを入れてみるのも一興か。
神の中では最も入手しやすい邪神ドレッド・ルートは、ダメージを受ける必要がある薄幸の乙女恋する乙女とのシナジーも抜群である。
残念だが、最適ともいえる相手フィールドリセット能力を持つ神獣王バルバロスは収録されていない。

マジシャンズ・サークルを3枚積んでいるので、それを生かして魔法使いデッキにしても強い。
レイのパックから、比較的高い攻撃力を持つ憑依装着シリーズが手に入るので、これも組みやすい。
ただし、こちらもマジシャンズ・サークルを積むと、かなりの確率でレイが恋する乙女 のサーチに使ってしまう。注意が必要。
また、総じてディフェンス・メイデンが腐りがちであるが、オオアリクイクイアリのエサにすると有効活用できる。
場に積極的にカードを伏せてきがちな大半のCPU相手には有効。
恋する乙女が場に存在する上で、相手の攻撃宣言を受けないと発動できないため、神炎皇ウリアとの相性は悪い。

禁止デッキでは【アサイバー】を操る。D.D.アサイラントサイバー・ドラゴンを主力とするスタンデッキである。
異次元の戦士系、霊滅術師カイクウホワイト・ホーンズ・ドラゴンといった、強力な除外能力を持つモンスターも有する。
もはや「乙女」の面影はない。レベルも格段に上がり、何も知らずに戦うと大変なことになるだろう。
サイバー・ドラゴンの融合体が投入されているが、召喚する手段は無い。

好感度アップの場所はレッド寮、食堂、イエロー寮、ブルー男子寮、ブルー女子寮、校長室、教室、購買、浜辺、火山、廃寮。

  • お気に入りカード
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
乙女の投げキッス パートナーデッキ編集可能前
乙女の口づけ パートナーデッキ編集可能後
乙女の禁じ手(禁) 禁止カード使用時
乙女のストライキ 万丈目準(R)、ハート×6イベント
乙女のエンゲージ ヨハン・アンデルセン、ハート×5イベント
デュエリスト2・3、ハート×5イベント
乙女の憂鬱 デュエリスト2・3、ハート×3イベント
  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエル? いいよー!
勝利 やったねー!どう? 恋する乙女は強いのよ!
敗北 くっ…ボクの負けだ でも、次はこう簡単にはいかないよ!
引き分け うっ…恋する乙女は強いんだ! 次は絶対に勝つからね!
パートナー時:勝利 やったー!やったね、プレイヤー先輩! この調子で、次も行こう!
パートナー時:敗北 負けー!? 次は、こう上手くいかないよ!
パートナー時:引き分け 引き分け!? 次は、絶対に勝つからね!