※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場デュエリスト:サラ 声:水谷優子

ここが…あの人のいる世界…
長よ…私の身勝手をお許しください…
  • 特徴
墓守デッキを使うキャラクター。パートナー初期デッキはロックバーン型の墓守デッキを使う。
墓守の番兵墓守の暗殺者墓守の長槍兵等のビートダウンタイプの墓守の優秀モンスターは投入されていない。

サラの初期デッキは、スタンダードなビートダウンとはほとんど噛み合わない。
平和の使者 レベル制限B地区 グラヴィティ・バインド-超重力の網-と王道的カードでロックするので、こちらの墓守たち含め、ほとんど攻撃できなくなる。
墓守の偵察者の効果を無駄にしないためにも、最低限こちらも墓守の偵察者を3枚積みしたい。
悪夢の拷問部屋魔力の棘墓守の呪術師の効果ダメージを絡めるのが、サラの基本戦術。墓守の呪術師の増員に加え、積極的なバーンダメージ源を用意しておこう。
魔法・罠ゾーンはサラが埋め尽くしてしまいやすいので、ボーガニアンステルス・バードプロミネンス・ドラゴンヴォルカニック・エッジなども検討したい。

墓守の偵察者は壁としても生け贄としても優秀なので、デッキに入れて邪魔になることはないだろう。
お気に入り指定のカードは、ロックバーン・ビートダウンを問わない必須モンスターなので、お好みで上記ビートタイプのモンスターを投入してビートダウンに変更することも可能である。

王家の生け贄が3積みされているため、暗黒界とも相性がいい。
今作では初期デッキで暗黒界を使うキャラクターが居ないため、暗黒界を使いたい人は彼女と組んでみるのも面白いだろう。
所謂【暗黒墓守】であるが、彼女が積極的に王家の眠る谷-ネクロバレーを発動してくれるためそちらにあまりカードを割かなくてすむ。

デッキ2がビートダウン型、デッキ3が暗黒墓守型となっているため、墓守に合わせる際、構成がわからなければそちらを参考にすると良いだろう。

好感度アップの場所は正門前。

  • お気に入りカード

  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
王家の守護 パートナーデッキ編集可能前
王家の鉄槌 パートナーデッキ編集可能後
王家の憤激(禁) 禁止カード使用時
王家の試練 早乙女レイ、ハート×5イベント
  • フィールド上会話
デュエル申し込み デュエルですか… いいでしょう
勝利 その程度ですか…
敗北 うう…っ まいりました…
では… これにて…
引き分け 引き分けとは… まだまだです…