汎用デッキレシピ:寒波剣闘獣

  • 解説・プレイング

戦闘を介しボードアドバンテージを得る、展開型のビートダウンデッキ。
シンクロデッキ同様、状況に応じた特殊召喚が売り故にCPUではイマイチ使いこなせず、剣闘獣の戦車に至っては発動しないことも多い。
戦線維持が大事なので、自分が使う際はパートナーは防御系の罠・魔法を多く、リリースを要するカードを少なくすればよい。
パートナーに持たせ、自分でも使う際は、剣闘獣ラクエル剣闘獣ベストロウリィ剣闘獣ガイザレス以外の剣闘獣は取り払ってもよいだろう。

基本的に防御カードと手札に剣闘獣があるなら積極的に剣闘獣ベストロウリィなどでアドバンテージを稼ぐ。相手が防御カードに引っ掛るか、守りの体制を見せたところで剣闘獣ガイザレスによって押さえ込む。これを繰り返すことで疲弊した相手に剣闘獣ヘラクレイノスを召喚し、動きを封じるのが主な勝ち筋となる。
剣闘獣の戦車があれば早い段階で相手の動きを封じることができ、大寒波は安全に攻めながら魔法・罠を破壊できる。
スレイブタイガー剣闘獣セクトルによって素早くロックを決めるだけでなく、墓地に剣闘獣ベストロウリィを置いておくことで少ないカード枚数で劣勢を覆す重要なカード。
E・HERO プリズマーとの二枚で、ほぼあらゆる状況を突破できる。


  • 合計40枚+15枚
  • 上級01枚
  • 下級19枚
  • 魔法10枚
  • 罠10枚
  • エクストラデッキ15枚