マテリアルドラゴンがフィールドにある状態で、黒蛇病を発動させ、数ターン経過させると極大にライフを回復できる。
 このコンボを利用することで、一部のチャレンジ項目を容易に達成できる。

 またライフ差ボーナス(相手より自分のライフが低い場合、その差分÷250だけポイント加算)を利用することで、ポイント稼ぎにも利用できる。 相手のライフを増やした後に、ラーの翼神竜幻魔の扉でこちらのライフを減らすのである。

 長く続けたい場合は、トメさんのデュエルおぼえたよを相手にして、コカローチ・ナイト現世と冥界の逆転転生の予言で相手及び自分のデッキ切れを防ぐと良い。
 攻撃力やダメージには65535という限界が設定されているが、LPの上限は十分に大きい(21億か42億という実現性のない値)ため非常に多くLP差ボーナスを稼ぐことができる。
 勝利しなければポイントはもらえないので、デュエルを終わらせたい場合は、 終焉のカウントダウンで終わらせるのが簡単。

 LP差ボーナスの計算式=差分÷250、マテリアルドラゴン1体と黒蛇病を3つ並べて、最も回復できるときは1ターンで65535×3=196605。
 これをポイントに変換すると、196605÷250≒786ポイントを毎ターン稼げることになる。
 ただし、32×n+29ターン目で、黒蛇病が回復しなくなり、33×n+1ターン目から回復量がリセットされて再開される。(nは整数)
 これは、内部的に2の t 乗( t はターン数)×100を計算しているのだが、t=32n+29において、2の29乗×100の値の下位31ビットが全て0になるため回復しなくなり、t=32nでは2の32乗を計算する際の算術左シフトによってその結果が1となるため、回復量がリセットされているのだと考えられる。
 また、さらに相手に黒蛇病を持たせることでさらなる回復量も見込めるが、相手は2枚以上黒蛇病を発動させることがないので、持たせるなら1枚だけにしておこう(不用意に3枚持たせると伏せるだけで発動せず、CPUの思考処理時間が長引くだけになる)。

 ちなみに下記のカードでは、このコンボは不可。
究極・背水の陣……ライフを65535までしか支払うことができない。
異次元からの帰還……ライフを65535までしか支払うことができない。神の宣告などの他のライフ半分支払う系も同様と思われる。
光の護封壁……ライフが65000までしか払えない。一応氷結界の龍ブリューナクなどで使いまわし、ライフコストを何度も払うこともできる。
大逆転クイズ……ギガンテック・ファイターレインボー・ライフのコンボなどにより無限回復を行い、大逆転クイズで相手にライフを渡そうとする。すると、こちらのライフが65535以上で大逆転クイズに成功しても、相手のライフは65535より大きくはならない。

 手間がかかるが、ラーの翼神竜幻魔の扉を持っていない状態でも、似たようなことが可能。
 上記コンボと同じくトメさんのデュエルおぼえたよを相手に、以下の状況を作る。
 相手フィールドに
  堕天使ナース-レフィキュル
 自分フィールドに
  霧の王(もしくは生贄封じの仮面)
  デス・ウォンバット
  マテリアルドラゴン
  黒蛇病×3
  レベル制限B地区グラヴィティ・バインド-超重力の網-

 相手フィールドの堕天使ナース-レフィキュルは、おジャマトリオブラック・ガーデン死のマジック・ボックス強制転移を利用し、自分が召喚して渡せばよい。

 この状況になると、
  1.黒蛇病のダメージ発生
  2.マテリアルドラゴンの効果により回復効果となる
  3.堕天使ナース-レフィキュルの効果により、回復効果がダメージ効果となる
  4.デス・ウォンバットの効果により、ダメージが無効化される
 となり、こちらは変化なし、相手のみライフが回復する状態になる。

 後は、前述のコンボ同様しばらくターンを経過させてから終焉のカウントダウンを使うか、執念の剣などを入れておいて相手のデッキ切れを待てばよい。

 極力早く完成させた方が効率が良い為、次元融合がらみのコンボ(サイバー・ヴァリー+混沌の黒魔術師)などの無限ドローなどでサポートすると良い。
 (次元融合がらみであればサイバー・ヴァリー+オネスト等をループに組み込むことで実質、無限回収も可能になるためオススメ)

 あるいは茂野間ネオとデュエルできるのならば、相手のデッキを通常上級モンスターか儀式モンスター×31と迷犬マロン×3、コカローチ・ナイト×3というデッキにした上で、
 相手フィールドを堕天使ナース-レフィキュル+おジャマトリオやブラック・ガーデンのトークンで埋め、メンタルプロテクターも渡して戦闘を防止・・・とすれば
 相手もデッキ切れを起こさないため、延々と稼ぎ続けることができる。

(2011/05/09追記)
32×n+25ターン目、32×n+26ターン目は、黒蛇病によるダメージ計算の結果から、黒蛇病の効果がダメージ効果ではなく回復効果として扱われてしまう。
つまり、上述のマテリアルドラゴン+堕天使ナース-レフィキュルの状況が整っていた場合、処理順が逆転し
「黒蛇病(回復)→堕天使ナース-レフィキュル→マテリアルドラゴン」
というように処理され、回復しないはずが回復してしまう。
勿論、内部的に相手とのLP差は存在するものの、あまり長い事やっていると内部的上限値に達してLP差ボーナスが丸ごと消えて無くなる可能性がある。